本と旅とそれから ブレイズメス1990/海堂尊

本と旅とそれから

ブレイズメス1990/海堂尊

「ブラックペアン1988」(感想文は►コチラ)に続く、新米外科医・Dr.世良を主役――というか、狂言回しに据え、バブル末期の日本を舞台に展開する物語、第2弾。

ブレイズメス1990

ブレイズメス1990/海堂尊(講談社)

「ブラックペアン」の医大出たてのDr.世良が、「極北クレイマー」(感想文は►コチラ)でまるで別人みたいに登場してくるまでの間に、果たして何があったのか?

その変化(「へんか」というより「へんげ」ですのぅ)の過程をたどる作業の、これは第一歩。「ブラックペアン」で高階(後の)病院長に憧れの目を向けていた世良クン、今作では新たなカリスマに出遭います。

海堂さんはロマンチストだー・・・相変わらず^^。
なんかこう、これは英雄列伝なのですねぇ。栄光の群像、きら星のごときタレントたち、とでも言いましょうか――医師たちを、現代の英雄としてとらえる視線は一貫しています。
確かに、平和な世の中で命を的にした職業なんて、お医者さんかレスキュー隊ぐらいじゃないかと思いますものね。

すでに十分型破りで権威を鼻であしらうキャラだと思っていたDr.高階が、今回はずい分大人しいヒトに見えました。そう見せてしまうほどさらに上を行く型破りな医師が登場してくるからではありますが、どうやらDr.高階も、ひと度自分に心地よい環境を整えてしまうと、その中で本来の医業に熱中してしまって(それはまったく正しいことだと思うのですが)、現状打破の力を失ってしまっていたようなのですね。

そう思うと、佐伯病院長って、さすがに病院長だけあって、偉大なお方だー。

海堂さんの物語で主役を張る優秀な医師に、悪人なし。
・・・しかし、今回登場するカリスマDr.天城は、ちとあり得ない医師像かなぁ。
ほとんどブラックジャック並みの腕前と、アラブの石油王並みの財力、なんてね。
まあ、いいんですけど。

「螺鈿迷宮」の怪しいファミリーもちょっと出てきます。
これからさらにDr.世良はどのような道をたどるのでしょうか。
――このシリーズって、最終的には「チーム・バチスタの栄光」まで行き着くんでしょうからね?


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 海堂尊 
  1. 2010/09/23(木) 00:00:01|
  2. 2010
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1169-eeef88d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する