本と旅とそれから 小泉淳作展

本と旅とそれから

小泉淳作展

小泉淳作展


久々の展覧会ネタなんですが、先日スキャナのついていたプリンターを手放したのがしみじみ不便・・・。
それはともかく・・・

素晴らしかったですーー!!(T_T)


この展覧会は、「平城遷都1300年 光明皇后1250御遠忌 東大寺本坊襖絵完成記念」と、大変なが~い副題が付いています――東大寺本坊(貴賓の接待とか・・・会議もするたてものだったかな?)の襖絵が完成したので、それをお見せしましょう!という展覧会です。

ワタクシ、こういった名刹の障壁画の展覧会がだいっ好きで、やってると聞くと行かずにはいられません。
展覧会で見て、さらにかなうなら、実際にそのお寺に実際に配置されているところで見る。
展覧会が開かれるような大作の場合、まさに日本を代表する日本画家が、世界遺産レベルのお寺のために描く渾身の作品ばかりなため、超大感動間違いなし!、なんですよん。

  ►例えば、唐招提寺+東山魁夷(コチラ)とか、銀閣寺+奥田元栄(コチラ)とか~(≧∇≦)ノ。

小泉淳作展


もはや戸棚が満杯だから、と、最近はまず買わない図録も買ってしまいました・・・けど、ちゃんと開いてないから見にくいですね、すみません。
もうこの、本坊大広間の「蓮池」が凄いの何のって――全部で・・・16面・・・かな?


小泉淳作展


そして、上段の間へと続くひと間には、三種類の桜が描かれているのですが、そのうち、こちら(▲)は、上が「吉野の桜」、下が「しだれ桜」。「しだれ桜」は、有名な奈良県宇陀市にある又兵衛桜を描いたものだそうです。

「吉野の桜」の方は、花は点々で描かれていますが、「しだれ桜」ともうひとつの「東大寺本坊の桜」は、ひとつひとつの桜がすべて桜型に描かれているのです。
一体いくつの桜花があるのか――信じられない。ちなみに、小泉画伯は今年86歳です。

以前、銀閣寺の襖絵を描いた奥田元栄画伯が、完成するまでに自分が死んだらどうしようと、それだけが怖かったというようなことを言われたそうですが、もしかしたら同じようなことを、小泉氏も思われたかも知れません。

展覧会場で上映されていたビデオの中で小泉氏は、「桜を描いた絵は売れるというので日本画家はみんな桜を描きたがるが、自分はそれまで描いたことがなかった。今回とうとう描くことになったので、桜を得意とする画家に尋ねたら、ひとつひとつ描くしかないんだ、と言われた」と語っておられました。


小泉淳作展


小泉淳作画伯というと、私は龍の天井絵、ぐらいしか思い浮かばなかったうえ、「天龍寺の」と勘違いしておりました。建仁寺の方だったんですね。あと、鎌倉の建長寺にも(なお、天龍寺の龍図は、加山又造画伯の作品でした)。

三つの桜も、上段の間の鳳凰や飛天も見事なのですが、やはり圧巻は「蓮池」。
だーーーっと向~うの方まで連なるハスの花と葉。華厳経の理想世界・・・というようなことでしたが、その辺はわかりませんものの、その迫力たるや・・・東山さんや奥田さんの大作もそうですが、あれは絶対に画家が自分の命を削って・・・というか、命の片鱗を絵の具と一緒に使って描いてるな、と思います。

思えば、東大寺の一部となって、人類共通の遺産として永遠に残るんですものねぇ・・・。
人生の最晩年にその機会を与えられるというのは、どんな思いがすることでしょうか。


小泉淳作展


それにしても、高島屋って、東山さんの唐招提寺襖絵の時も、奥田さんの銀閣寺襖絵の時も完成記念の展覧会をやっているんですね。この方面に関わりがあるのかなー。

この展覧会は、この後全国の高島屋を巡回するそうです。


►高島屋「小泉淳作展」HPは
コチラ


関連記事
tag: Art 小泉淳作 
  1. 2010/09/21(火) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1172-e0f3debd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

行ってみたい。。。

実は、僕も障壁画、大好きです。行ってみたい!と思ったけれど、月曜日までですか?
明日は夜まできっと忙しいし、土曜日はどこかに行きそうだし、日曜日と日曜日は実家に帰らないといけなし、今回は無理です。次回はもっと早くにお知らせ下さい(笑)。
  1. 2010/09/23(木) 22:21:00 |
  2. URL |
  3. アッキーマッキー #6Q0aW8YQ
  4. [ 編集 ]

アッキーマッキーさん、

そうなんですかー?これまたちょい意外の感。

>次回はもっと早くに

では、早めにお知らせいたしましょう!
「小泉淳作展 於:横浜タカシマヤ 会期:10月14日~25日」
ぼなぺち(だから違う)。
  1. 2010/09/24(金) 22:47:49 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

トラックバック有難うございます!
記事を拝見して、目の前にして見れなかったことが
残念でたまりません・・。でも次回機会があれば絶対に
見たいと思いますよ!
それにしても桜の絵ばかり思っていましたが
こうして見ると蓮池の絵もすばらしいですねー。
  1. 2011/04/22(金) 09:03:02 |
  2. URL |
  3. chiyomi #NkOZRVVI
  4. [ 編集 ]

chiyomiさん、

もちろん桜の絵も素晴らしかったのですが、桜は他の巨匠も多く手掛けておられるので、比較的珍しいモチーフの蓮池の迫力が際立っていたように思います。
サイズ的にも一番の大作なんですね。

東京での展覧会は、ホントにどうして皆さんもっと見に来ないのだろう、と首をかしげたくなるほど空いていました。
もちろん、見る側としてはその方が有難かったのですが・・・。
私もいつか必ず東大寺本坊に見にうかがいます!
  1. 2011/04/23(土) 14:21:34 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する