本と旅とそれから マリアビートル/伊坂幸太郎

本と旅とそれから

マリアビートル/伊坂幸太郎

金曜日の夜に図書館から電話がかかってきて、「期限が切れた早々で申し訳ありませんが、『アリアドネの弾丸』と『マリアビートル』は、予約が続いておりまして・・・」と申し渡され、そこからひと晩で一気に残り200ページ強を読んだのでした。
面白いのでチビチビ読み――って感じでいたのですが、期限が切れていたか!
おかげで、大宮を過ぎた辺りから盛岡までは早うございました。
Mariabeetle

マリアビートル/伊坂幸太郎(角川書店)

お見事~♪
といっても、読み手のキモチの波はかなり大きかった。
最初のうちは、出てくる登場人物たちをいちいち「このキャラは好き、こっちはキライ」と色分けしながら読んでいるんだけど、そのうちみんなが交錯し出して、自分の好きなこのキャラは果たして終点(つまり盛岡)まで到達できるのだろうかと不安になってくるのです。

実際、私がとっても気に入ったキャラの何人かは仙台ぐらいで死んじゃいましたよ。
「えええぇっ!このヒト死なせちゃいますか!そんな殺生な!」です。

で、とにかく憎ったらしいのが、言うまでもなく「王子」。
たま~に小説で見かけるタイプですね。見かけは天使、中身は悪魔、て。
でも、この王子を見ていると、悪魔も結局は人間のフィクションなんであって、やっぱり最後にホントに恐ろしいのは人間だ、って感じです。

人間を完全に屈服させる方法、というと、すぐ「1984」を思い出すのですが、何しろ大昔に(1984年です)一度読んだだけの本なので、細部はほとんど覚えておりません。すごい本だけどキライな話なんです。
で、そのキライな原因の最大のもの、究極の冷酷さみたいなものを、この王子は持っているんです。

だから、「王子」のパートが回ってくると、「げっ、またコイツ!」と、読んでいて顔が歪むのです。
一番インパクトの強いキャラともいえますね。いや、物語の中心的存在であるとすらいえます。

・・・あ。

物語はですね(遅い!)、東京駅を出発した東北新幹線の車内に、それぞれはそうとも知らず集結してしまった「物騒な生業のヒトビト」と、件の「王子(←単に苗字でして、属性は中学生)」が、偶然と必然からサバイバルゲームを繰り広げつつ、終点盛岡を目指す、みたいな筋です。

で、王子の話に戻りますが、こいつがもー・・・ホント、どうしようもなく憎ったらしい中学生で、だけど、そんじょそこらの大人では歯もたたないような悪魔なんですよ。
しかも悪運も強くて。
途中までは、たぶんこのヒトがこの中学生に、大人の凄さを見せてやってくれるだろう、なんて望みをかけていたキャラが次々斃れてしまいまして(T_T)。←ネタバレに配慮してますんで~。

終盤になってくると、もうこの暗黒の中学生に勝てるのは伊坂さんしかおるまい、て感じがしてきます。
この小説が伊坂幸太郎作品である限り、決して悪が笑って終わるはずはないのだ!と、それを心の支えに(大げさ?^^;)読むのです。

にしても、かなりブラックユーモアの効いた小説という一面もあるかなー。
もともと伊坂作品には、殺人とか拷問といった話を、面白おかしく描くという妙な特徴がありますが、今回も、「ちょっと!新幹線の車内で何人ヒトを殺すつもり?!」なのです。
ただ、蜜柑と檸檬(←二人組の殺し屋)なんかの関わる「殺し」は、全然生々しさがなくて、それがかえって伊坂さんらしい感じなんですが、「王子」の描かれ方は、ちょっと宮部さんの「模倣犯」なんかを思い出させるようなリアリティがあります。

ところで、過去の作品の登場人物たちがちょこちょこと顔を出す、というのはこれまでの伊坂作品にも共通してますが、読み直しということをまったくしていない私の場合、記憶が全然あやふやでして。
おぼろげながら覚えがあったのが槿(あさがお)なる名の「押し屋」ぐらい。
それだって、「『ラッシュライフ』だっけ?『フィッシュストーリー』だっけ?」とか思っていたらどうやら「グラスホッパー」らしいし。
ほかにもあちこちに共通の固有名詞が出てきてるらしいのですが、もうぐちゃぐちゃ。

ハンドブックみたいの出てないのかな。海堂作品の「ジェネラルルージュの伝説」みたいな。

それにしても、明日新幹線に乗る時は、ちょっとこの物語を思い出して楽しいかも。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 伊坂幸太郎 
  1. 2010/11/25(木) 23:00:02|
  2. 2010
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1196-75e5c48f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『マリアビートル』

東京発盛岡行きの東北新幹線"はやて"内。 この日の乗客は・・・。 伊坂幸太郎著『マリアビートル』
  1. 2011/06/21(火) 21:42:32 |
  2. 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常

コメント

機関車トーマス

押し屋の話は、グラスホッパーでしたっけ?
男子はやっぱり電車がすきなんですよね。
機関車トーマスのキャラネットで調べました・・・w
真剣に見たことがないので、見てみたいと思いました。
チャギントンは最近たまに見ているのですけど。
  1. 2010/11/26(金) 06:16:10 |
  2. URL |
  3. bullet #aRQmiz5I
  4. [ 編集 ]

bulletさん、

本の後ろに「グラスホッパー」の宣伝がついてて、それに「押し屋」という言葉が入っていたので、たぶんそうだと思います。
あはは、やっぱり男のコは電車なの?
確かに、私も何人かすぐに思い浮かぶなぁ、電車好きのかつての少年^^
「機関車やえもん」ぐらいです、あたしゃー。
  1. 2010/12/03(金) 00:03:03 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/12/03(金) 23:18:23 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

いってらっしゃーい

lazyMikiさん、こんんちは
ああー、やっと理解できました。てっきりMikiさんが青森に出かけたのかと思ってました。何しろ、いつも夢うつつで拝見していたので。今日、ようやく最後まで読めました。
ところで、マリアビートルって、どんな虫なんですか?。。。
もしかして、新幹線とは京都旅行ですか?いいですねぇ。楽しんできて下さい。いってらっしゃい。
  1. 2010/12/04(土) 00:03:21 |
  2. URL |
  3. アッキーマッキー #6Q0aW8YQ
  4. [ 編集 ]

アッキーマッキーさん、

をを、眠い時は、眠るのが一番でっせ。
おやすみなさい。
  1. 2010/12/05(日) 22:35:06 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する