本と旅とそれから 「アバター」(3Dバージョン)

本と旅とそれから

「アバター」(3Dバージョン)



「沈まぬ太陽」に続き、「今頃見たか!」のロードショー終り間近(でしょ、たぶん・・・)の駆け込み鑑賞。大枚2,000円を投じて(大げさ)、3Dメガネ借りて見てまいりました。


この映画、以前劇場で前宣伝を見た時は、ぜんっぜん興味がわかなくて、見るつもりもなかったんです。仲良くしてもらってるブロがーさんたちが見に行ったと書かれていても、「ふーん・・・」ぐらいで。その頃は、3D映画だってことすら知りませんでした。

それがまあ、最近、いろいろと賞を取ったりノミネートされたりして一層話題になってきて、ミーハーごころがついに動いたということなんですが。




誰が出ているのかも知らずに出かけていったところ、あら~、シガーニー・ウィーバーさん。
それと・・・をを、ターミネーター。

ストーリーは・・・実のところ、あまり大したものでもないと思います。
お決まりのパターンを踏襲しているというか・・・原始的な生活をしているように見える人々の方が、機械や功利主義にまみれた人間よりも、はるかに心豊かな美しい生き方をしてるんだよ、という、もう、あっちでもこっちでも使いふるされたようなお話です。

で、パターン通りに物語が展開し、予想通りの結末を迎えます。
うーん、ハリウッドのSFだから、そうしたストーリーの単純さは、本来あんまり気にならないんですが・・・今回はなぜか、ちょっと。




人物描写ももう類型化してまして。
(▲)このヒトが、見た目まんまの、バリバリの軍人。別に悪人というわけではないのですが、とにかく単細胞。疑うとか迷うとかしないんですね。目的達成のためにただまっしぐら。

いかにもベトナム戦争型の状況設定。
ジャングルに暮らす原住民を、サルとか何とか呼んでほとんど人間扱いせず、空からヘリで襲いかかって、力まかせに蹂躙する――。

でも、前にTVのドキュメンタリー番組でやっていたけれど、イラクなどの紛争地域に派遣される米軍兵士は、本当にもう、相手を人間だと思うな、と訓練されるんだそうですね。
人間だと思うと殺せない。殺せなければ殺される・・・からです。

――なんかねぇ。
そんな様子を見せられると、人間という動物の限界を見る思いです。




(▲)こちらがその、美しき原住民たちなんですが。
私、映画を見終わった今でも、どの程度がCGなのか、とか全然知らないんですが、この原住民たちは実写なのかしら?作りモノっぽい感じでもあるんですね・・・。

3Dがどうだったかといえば、まず、目が疲れました^^;
終盤、全然泣くところじゃないのにいきなり目からボロボロっと涙が出ました。

3D効果は・・・うーん、最初の方は、「おっ!」という感じがしましたが、最後の方までくると、慣れてしまったものか、あんまりありがたみは感じなかったなー。
大昔、初めて筑波科学博で見た3D短編「ユニバース」とか、TDLの「キャプテンEO」とかの感動はなかったと思います。
なんかね、「スクリーンから飛び出して来る」という迫力があんまり感じられなくて。

・・・あたしゃ、今のところ映画は昔ながらの2Dで満足です。
今回はそれでも、「まあ、そういったものか」が味わえたってことでいいですけど。
少なくともこれからしばらくは、3D映画が流行るのかしら~。うーむ。


映画「アバター」公式サイトはコチラ(音声あり)。

関連記事
tag: 
  1. 2010/02/26(金) 23:21:00|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/121-3203ce7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

lazyMikiさんの感想では、評判ほどではなかったのですね。
じゃ観にいかなくてもいっか。3Dメガネ代がかかるの?
アカデミー賞の結果は楽しみです。 
  1. 2010/02/27(土) 16:17:00 |
  2. URL |
  3. ruksak #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

どうせ行くのなら、3Dのほうでしょうけど。字幕を読むのが大変と聞きました。
結局メガネ代もかかって高いので、わたしはDVDでと思っています。
アカデミー賞は、これがいっぱい取るのでしょうね。
  1. 2010/02/27(土) 18:37:00 |
  2. URL |
  3. bullet4071 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

To ruksakさん、
やっぱりこれ、評判高いんですか。
・・・そうですよね、あれだけ賞を取ったり、アカデミー賞にも、何部門もノミネートされているんですもんね。

どこからどこまでがCGなのかよくわかってないんですが、なんか一部作りモノっぽい雰囲気が漂うのがどーもな~・・・って感じです。

3Dメガネ代・・・てことですかね。
前売り券を持ってる人は、劇場で差額700円追加で払わなくちゃならないらしいですよ。
「アバター」だけじゃなくて、他の3D映画でもそうみたいですが。
まあ、一回ぐらいはどんなものか試してみるのもいいですかねー^^;
  1. 2010/02/27(土) 21:23:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

To bulletさん、
私はメガネしてるので、その上にさらに3Dメガネをかけることになるため、何だか安定しなくて面倒でした。
字幕は・・・んー、まああまり不便とは思いませんでしたけど・・・。

そうそう、2,000円ていうのはね。
1回はまあいいかと思いましたが、1回だけでもういいやとも思いました。
ドルビーサウンドとかの方が、効果的には上だと思うんですけど。
しかし、3D効果なしの「アバター」って、うーん、何がよいのか・・・^^;
  1. 2010/02/27(土) 21:28:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

さほどでもなかったのに、結局観てしまうミーハーぶりに、激しく共感を抱きますw なるほど、やはりmikiさんと僕と、こんなに見る部分が違うんですね~。言われてみれば、SFとCGにしか触手が動かない僕の場合はストーリーなんて二の次、3DのディテールとかCGキャラの動きとか、そんなとこばっかり見てたような気がします(笑) でも、それはそれで全然オッケー、暇があればまた観たいって思ってます。
  1. 2010/03/01(月) 23:48:00 |
  2. URL |
  3. ぐん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

To ぐんさん、
さっきぐんさんの「アバター」感想、読ませて頂きました。
話の筋立てに特に珍しいものはない、といったあたりは同じ感想かな?
やっぱり違うのは、青い原住民(やっぱりCGなんですね)の映像に関する違和感の程度みたいなところ。
私は、「CGだとしたらよく出来てる」と思うものの、やはり作りモノ感が気になったんだけど、ぐんさんは、違和感がなくてとても自然だ、と感じられてるんですね。
・・・3Dについては、私は「慣れたら大したことない」と感じられたという、ぐんさんの息子さんに近い感想じゃないかしら^^

スターウォーズなんかでも、異星人のいかにもかぶりモノっぽい姿、あんまり好きじゃなかったからな~。単に好みの違いかも、ですね。
  1. 2010/03/03(水) 20:35:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

私、昨日みました!

乗り物酔いするくらいの立体飛び出し感を期待したけど、…?

予告のアリスと字幕のがずっと飛び出してました~(^^;)

あ、メガネが赤&緑のセロハン製じゃなかったのが、昨日一番の驚きだったかも!(笑)
  1. 2010/03/14(日) 11:01:00 |
  2. URL |
  3. 花侍 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

To 花侍さん、
およ、おしさしぶり~。
はは、花侍さん、3Dとかお好きそうですのぅ。
しかし、あれって、目・・・というか、感覚が慣れてしまうんじゃないかしら?
アリスの予告編、私の時もやったけど、本編の「アバター」に先立って初めて遭遇する3Dの世界だから、インパクト強かったんじゃないかなー。
メガネをふたつかけるっていうのは、やっぱりうざったかったなぁ・・・。
まあ、もう少ししたらもっと進化するかも、ですよね。
  1. 2010/03/14(日) 22:00:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する