本と旅とそれから 雪の初春≪詩仙堂≫

本と旅とそれから

雪の初春≪詩仙堂≫

Shisendo01


年賀状の記事は昨年中に予約投稿したものなので――あらためまして、明けましておめでとうございます。
年末年始の中断(?)前は、昨年秋の京都旅行の記事を続けておりましたが、年が明け、季節が変わった今となってはそれもすっかり季節遅れとなってしまいました。
とはいえ、途中でやめちゃう気にはさらさらなれず、冬まっただ中でもひたすら続けるつもりなのです。
感動の記憶はなるたけ残しておきたいもの・・・。

でも、あまり多くはないのですが、冬らしい画像を仕入れることができましたので、秋をちょっとお休みして、しばらく季節性のある記事をUPしてみようかと思います。


webcitron01.gif


実はわたくし、子細あって元日から数日を京都で過ごしました。
あ、雪が降ったからすっ飛んで行ったのではなく、宿やら新幹線やらすでに取った後になって寒波がやってくると聞き、もしやと思ってスノーブーツを買ってみたらホントに雪が降ったのでした。


Shisendo02


真冬の京都ははるか昔に一度行ったことがあるだけで、その時は雪はありませんでした。
一度だけ雪に遭ったことはあるけれど、雪の積もった京都を見たことはなく、「いつか是非」と思っていました。
それが、図らずも今回かなったわけです。

ただ・・・カメラのことになると、今回は大マヌケだったと思います(-"-;。
私ってほんっと単細胞というか、その時々に自分の持っているレンズの中で、一番画質よく撮れるものばっかり使いたがるんですよ。今ならば、EF24-105mmF4L。
しかし。自分が撮りたい、撮るつもりの写真を考えたら、画質云々より一番広角に撮れるレンズを持って行くべきでありました(――「両方持って行く」という選択肢は、雪の日の私には無理です)。
EF-Sレンズなら、X2でもかなり広角に撮れたのに~。

もうとにかく、それについては後悔しきりです。もちろん後の祭りですが。


Shisendo03


京都の雪はすぐ消える――という私の思い込みがどのくらい正しいのかはよくわからないのですが、今回とにかく私はそう信じていたのでした。綺麗な雪景色はひとつしか見られないと思え!みたいな。

ではそのひとつをどこにするか、で、最初に思い浮かんだのはやはり金閣寺。
いろんな絵葉書やクリスマスカードを持ってますもん、雪の金閣モチーフの。
でも、きっとすごく混んでるだろうと思って。数年前にモミジの金閣に行った時も混んでいたので・・・。
まあ、混んでいたってよかったんですよね。人が集まるのはそれだけの魅力があるからだとも言えますもの。

なのになぜか私はそれですぐに金閣を却下し、「詩仙堂にしよう」と決めたのでした。
詩仙堂ならきっとモコモコまるく積もった雪景色が見られるでしょう、と。


Shisendo04


見られました。巨大マッシュルームの群生みたいな雪の詩仙堂の庭でした。
秋の豪奢な色彩(►コチラ)とも、初夏の爽やかな透明感(►コチラ)とも違う、何ともキーンとした世界でした。

その一方で、驚くほどの眩しい光に満ちた空間でもあったのです。
何しろ、大晦日の大雪が上がった元旦の京都は、昼間はポカポカと言ってもよいくらいの陽気になりましたから。
庭を見渡すお座敷に足を踏み入れた途端、雪の庭の真っ白な光に思わず声を上げてしまいました。


Shisendo05


秋の大混雑とは違い、パラパラと時折人がやって来る程度の元旦のお正午ごろ。
ポカポカ陽気のせいで、頭上の木々から雨のように雪が溶けて降っており――カメラにタオルをかけて防衛しておりました^^;。

なお、「そらはな」にUPした写真の1枚にお座敷内を写したものがあるのですが・・・撮った後で「室内撮影禁止」の貼り紙に気づきました。どうかご勘弁<(_ _)>。

そんなこんなの「そらはな」の方も、今年もどうぞよろしく(コチラ)。


webcitron01.gif

なお――。

今後、京都の主に神社仏閣関連記事に、ミョーな「お勉強メモ」がくっつくことが多くなるかと思いますが、これはワタクシの自習用ですので、お気になさりませぬよう・・・(出典は神社仏閣の公式HP、拝観時に頂くリーフレット、および某検定公式テキストonlyの予定です。バレバレ?)。


≪詩仙堂≫
名称:詩仙堂丈山寺(山号:六六山)
本尊:馬郎婦(めろうふ)観音
宗派:曹洞宗(昭和41年以降)
名称由来:中国36詩人の肖像(画:狩野探幽)を掲げた「詩仙の間」による
創建:1641年。石川丈山(徳川家康側近)が隠居所として建てた。
その他:
 ・全体を凹凸窠(おうとつか)という。「でこぼこした土地に建てた住居」の意。
 ・庭園は丈山好みの唐様。丈山考案の「僧都(添水)→鹿おどしのこと」がある。 
 ・丈山は、隷書、漢詩の大家で、我が国における煎茶(文人茶)の開祖。

LazyMEMO:
全然お寺っぽくないと思ったけど、やっぱりもともとお寺じゃなかったのね。詩仙の間の36人って、日本の36歌仙じゃなかったのか(どーりで小野小町を探しても見つからないはず^^;)。
丈山って、ルネサンス人的マルチタレントだったのだなぁ・・・。うらやましー。
関連記事
tag: 2011年冬・京都 詩仙堂 
  1. 2011/01/07(金) 22:30:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1216-24b3a451
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

こんばんは

詩仙堂は好きで何度か行っているのに
雪の詩仙堂は思いつかなかった~。
なぜか真っ先に浮かんだのは銀閣寺だったのです(金閣寺は去年行っていたので)。
まあそれはそれで良かったんですがね。
元旦はうちのまわりの道はアイスバーン状態で
動けなかったんですが、この日のほうが状態は良かったみたいですね。
白とびもしてないしどれもいい写真ですよ。
4,5枚目が好きです。
  1. 2011/01/07(金) 22:53:15 |
  2. URL |
  3. belfast #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/01/07(金) 23:25:42 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

belfastさん、

詩仙堂が思い浮かんだのがなぜだろうかと考えるに、先日のカメラ教室で新宿御苑の写真を先生に講評頂いた時、曲線がよい、といったようなことをコメント頂いたのに続けて先生が、「これから雪景色など撮る時に・・・」というようなことを言われたんですよね。
ボンヤリ聞いていたので(せっかくの講評だっちゅのにっ!)、詳細を忘れてしまったのですが、「丸い雪景色」というのだけがとりあえず頭に残っていたんだと思います。
褒めて下さって、ありがとうございますね。

元日の詩仙堂周辺も、道はかなりひどかったですよ。
白川通りの方から緩やかな上りになってるじゃないですか。
高級車が横滑りしちゃって危なかったり、立ち往生してしまう車があって数珠つなぎ、なんていう場面を何度か見ました。
京都の雪景色記事、2日の分もいくつかあるので、また見て下さいね。
  1. 2011/01/07(金) 23:44:03 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

鍵コメさん、

more than welcomeでございます。
・・・が、少々情報不足で――追加のご連絡、お待ち申しております。
  1. 2011/01/07(金) 23:45:29 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/01/07(金) 23:45:46 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

鍵コメさん、

りょうか~い^0^/
  1. 2011/01/07(金) 23:47:20 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

おはようございます

詩仙堂のお写真でしたか
つるつるすべる京都・・・と書かれてましたものね(笑)
なるほどね~、目先のホトケさまばかりに気が行って
まったく、想定外でした。
白川方面は、雪が多かったのですね~
こちらは、メジャーな写真の場所に行ってました。
  1. 2011/01/08(土) 08:35:24 |
  2. URL |
  3. にいやん #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

雪の京都、素敵ですね!
雪の帽子が丸くて白くて可愛いです♪
冬は京都はすごく寒そうなイメージで積極的に行きたい季節ではないのですが
こういう景色が見られるならいいかもー、と思いました。
雪の写真、私のカメラでは(腕では、かな)
一度も上手に撮れたことがないのです。。
  1. 2011/01/08(土) 17:11:32 |
  2. URL |
  3. yurinippo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

にいやん、

そうです、あの写メは詩仙堂、そして今朝お送りしたのは、三千院ではなく、宝泉院の額縁庭園です。
白川方面は・・・他の街中エリアをほとんど見ていないのでよくわからないのですが、やっぱりちょっと多かったかしら?

でも、金閣寺もやっぱり見たかったです。
諦めないで、夕方ぐらいでも行けばよかったです。
  1. 2011/01/08(土) 22:40:57 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

yuriさん、

暖かい季節なら、何もなくてもお散歩が楽しめますが、真夏や真冬は、何かないと京都はつらいですねぇ。
雪はよかったですー。
ていうか、希少価値高いと思います。
桜やモミジのように、狙って行くのが難しいですもんね~。

雪の写真・・・ちゃんと撮ったのは初めてかも?
自宅周辺じゃ、たとえ雪が降っても、写真におさめたいような景色は見つからないので・・・^^;
にしても、違うレンズで撮ればよかった。失敗~。
  1. 2011/01/08(土) 22:46:01 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

確かに降ったねぇ、大晦日から。
京都写真ブログで雪景色を堪能してるかと思いきや、自らその場で満喫していた(^-^)/

いや、もこもこやきらきらと静謐な空気に感激する様子が伝わってくるね!
  1. 2011/01/18(火) 06:15:20 |
  2. URL |
  3. しの #-
  4. [ 編集 ]

しのちゃん、

初めての雪の京都でありました♪
今年は何だか雪が多そうだねー。きっと京都でもまだ何度も雪景色が見られそうだね。
でも、私はすでにもう京都の春を夢見ておりやんす。

そうそう!もこもこきらきら。
まったく、四季いつ訪れても絵になるとこじゃ、京都はのぅ。
  1. 2011/01/18(火) 22:51:17 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する