本と旅とそれから 火天の城/山本兼一

本と旅とそれから

火天の城/山本兼一

実質的には本書が、私が今年初めて読み終えた本だったのですが・・・。

素晴らし~~い!!

涙モノの力作だったと思います。
こんな渾身(たぶん)の一作が今年の最初の1冊だったなんて、今年のマイ本読みライフ、幸先よし♪
火天の城

火天の城/山本兼一(文春文庫)


山本兼一作品は、直木賞受賞作「利休にたずねよ」に続く二作目です。
「利休・・・」もすごい小説だと思いましたが、題材の関連で「静」の要素も大きかった「利休」に比べ、こちらは築城という壮大なプロジェクトを題材にとっているせいか、力(というか、「パワー」って感じ)、勢い、執念、気力、根性といった、とにかく激しい「動」を感じさせる物語でした。

そう、築城。
これは、織田信長の命を受け、熱田神宮の宮大工から転じ、安土城を建てることに命をかける番匠(ばんじょう、大工のことです)・岡部又右衛門とその息子・以俊(もちとし)、そして同じように命がけで作業に関わる様々な職人たちの物語です。

安土城って、織田信長を描いた最近のドラマや映画などには時々CGで出てきますが、今に残るどんなお城とも違うエキセントリックなデザインですよね。色彩では特に赤が目立って。
南蛮風、なようです。

そのデザインを工夫することもさりながら、信長が次から次へと並べる難題に、正面から立ち向かって、技術の面では「出来ぬ」と言うことをせず、しかし、理がないと思えば、戦国の独裁者にNoを言うことも恐れない。
その職人気質、職人魂は本当に・・・司馬遼のよく使った「苛烈」という言葉を思い出しました。

信長という武将がどんな人だったか、子孫のスケーター氏を見ているだけではとんとわかりませんが、恐れられると同時に惚れ込まれることも何だか多かったようですね。ひと言で言えばカリスマということなんでしょうか。
主人公の番匠は、とにかく信長に惚れ込んでいたようです。

でも、やはり恐ろしい主人でもあったようで・・・。
命ぜられたことが上手くいかなかったら、期限が守れなかったら、と思えば、緊張と心配のあまり血尿がでるくらい神経を細らせる。
それでも、大工という仕事を離れることなど、毛ほども考えたことはない。

読んでいるこちらの胃が痛くなってきそうなシーンもありました。

もうほとんど完成、というところまでこぎつけた天守閣の床に歪みを見つけるシーン。
信長の異例の注文に忠実に応えたために生じた歪みなのですが、放置すれば、最悪の場合天守閣が崩落することにもなりかねない・・・。
どうするんだ、もうほとんど出来てしまっているというのに。

総棟梁・又右衛門が、ひと晩、大通柱(天守閣を縦に貫く木曽ヒノキの大柱)と「相談して」出した結論は、3本ある大通柱の根本を四寸切る、というもの。
・・・それって、それってすごすぎる。
だって、もう全部立っちゃっている天守閣の柱の根本を、それぞれ12センチぐらい切りつめるって・・・。

それを考案し、決断し、一門の番匠たちにそれを命じる。
そして実際に大柱を鋸で引き、楔を打ち込み、3本同時にその楔をはずす・・・。
その意思決定と作業にかかった時間は2日間だったのですが、なんだか・・・人の一生分ぐらいの濃密な時間がそこに流れたような気がしました。

岡部又右衛門て人が実在の人物なのかどうかは知りませんが、私はこの部分を読んだ時(いや、今も?)、心底この番匠を尊敬いたしました。
ちょっとした仕事の前にもやたらと緊張して「胃が痛い」と泣き言を言っている小心者の私など、本当に又右衛門の爪のアカでも煎じて飲んだらいいんだ(胃痛に効くかもね)。

そんな、迫真の物語描写。
・・・これ確か、最近映画化されませんでしたか?
DVD探してみようかな・・・でも、小説を上回れるとは思えないけど・・・。

あー、すごい小説読んだ~。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 山本兼一 
  1. 2011/01/12(水) 22:30:02|
  2. 2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1220-5e61eb73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

そうそう

映画見ましたよ!
建築面でも面白かったです。
出来れば、実物の城を見たかったなあ~
  1. 2011/01/13(木) 23:35:03 |
  2. URL |
  3. にいやん #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

にいやん、

完成してから燃えてなくなるまで、実際には何日ぐらいこの世に存在したんでしょうねー、安土城。
映画、面白かったんですかー。
そのうちDVDを借りてみようかな。
  1. 2011/01/15(土) 00:07:42 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

順調な映画・読書ライフの滑り出しだね~。この本はとってもよさそうだ。探してみるよ♪
  1. 2011/01/18(火) 06:04:47 |
  2. URL |
  3. しの #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

映画見なかったんですが
やっぱり見たほうが良かったかと今後悔してます。
安土城址と資料館?には行ったことあります。
天守閣跡までの登り坂きつかった~。
わたしもDVD見てみようかな。
  1. 2011/01/18(火) 22:14:37 |
  2. URL |
  3. belfast #-
  4. [ 編集 ]

しのちゃん、

順調かと思ったんだけどー。
次に手に取った本が、内容は面白いのに文章が難しくてなかなか進まんだよー。むむ。
  1. 2011/01/18(火) 22:48:14 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

belfastさん、

なんか、つい最近WOWWOWでやってたみたいですね。
・・・WOWWOW映らないから意味ないですけど^^;。
安土城址、行ってみたいなぁ。
石垣とか、ちょっとぐらい残ってるんでしたっけ?跡だけ?
でも、登り坂がきつかったとうかがい、すぐに気持ちがグラつくワタシでありました。とほほ。
  1. 2011/01/18(火) 22:55:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

DVD探そかな

LaxyMikiさん、こんにちは
知りませんでした。面白そうですね。間違いなく映画の方が短時間で見れると思うから、映画のDVDを探してみます。
  1. 2011/01/19(水) 00:16:10 |
  2. URL |
  3. アッキーマッキー #-
  4. [ 編集 ]

アッキーマッキーさん、

小説もDVDも逃げるものではありませんので、お時間に余裕のできる時までお待ちになるのもよいかも知れません。
時間に追われて見ても、楽しめないかも知れませんよ。
  1. 2011/01/20(木) 00:06:28 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する