本と旅とそれから 秀吉と利休/野上弥生子

本と旅とそれから

秀吉と利休/野上弥生子

これまで読んでいなかったことが、ふと不思議に思えるような1冊・・・。
これはもう、ほとんど古典と呼べるのではないかという作品です。
野上弥生子――この名前も、すぐに夏目漱石を連想させるし・・・やっぱり古典じゃないかしら。
秀吉と利休


秀吉と利休/野上弥生子(新潮文庫)

千利休はなぜ太閤秀吉から死を賜ったのか。

歴史上の謎のひとつではありますが、この小説は必ずしもそのことばかりに注目した作品ではありません。
といっても・・・利休の生涯を描いた小説の最大の注目点はやっぱりそこにならざるを得ないのかな。

本格的な利休モノとしては、山本兼一さんの「利休にたずねよ(►感想はコチラ)」以来なんですが、作品の雰囲気はかなり違います。
何といっても、「秀吉と利休」は、私の生まれる前(ほんのちょっとですけどねっ)・・・ということは半世紀近く前に発表された作品。「利休にたずねよ」はエピソードの並べ方や、利休のごく若い頃の秘められた思い出の話などに作家の創意が凝らされているのですが、「秀吉と利休」はその点特にひねったところもなく、物語は静かに流れていく感じです。

そのため、作中に描かれたことがすべて歴史的事実なのかと思ってしまいそうになりますが、主要登場人物の中で、利休切腹の原因のひとつを作る鳥飼弥兵衛や、利休の三番目の息子・紀三郎は架空の人物なんですね。
巻末の解説を読んでちょっと驚きました。

それにしても、ホントに・・・秀吉はなぜ利休に切腹を命じたのでしょうか。
「秀吉と利休」にも、その辺りの事情は細かく描かれてはいるのですが、それを読んでも、結局は秀吉の気紛れだったのだろうかという感じで・・・。

気紛れが恐ろしい君主といえば秀吉より信長というイメージがありましたが、秀吉の場合、加齢からくるムラ気みたいなものもあったんでしょうかね。
絶対君主のご機嫌に、常に神経を尖らせていなければならないなんて、ほんっと、たまらないでしょうねぇ。
利休の内のそのフラストレーションが語られる場面もあります。
まさに、「すまじきものは宮仕え」。

そして、こちらは実在した利休の高弟・山上宗二のエピソードは、「利休にたずねよ」でもそうでしたが、短いものながら大変強烈でした。
まあ・・・あの無残で壮絶な最期を思えば当然とも言えますが。

時代劇などでは、俗物の権力者・秀吉に対し、利休はまるで違う世界に生きているかのような達観した人物に描かれることも多いと思いますが、本書の利休は――多少はそういった面もあるけれど――苛立ったり、あれこれ思い悩んだりもする、比較的ふつうな人です。
ただ、凡人がどれほど努力しても出来ないことを、苦もなくやってしまう、存在そのものが美である、といったところはやはり天才、天下一のお茶頭。ちょっと憎たらしーかも。

野上弥生子氏の文章は、少々読みにくかったと思います。
かなり前の作品ということもあって単語も難しい。何度読み返しても意味のわからないくだりなんかもありました。文法的に不完全と思える部分もちらほらあったのですが・・・もはやそれは欠点というより個性と見るべきなのかも知れません。

ここのところ、ちょっと興味を引かれる千利休。興味深い1冊でした。
・・・次回の京都行きでは、また大徳寺に行こうかなー。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 野上弥生子 京都の本 
  1. 2011/02/05(土) 22:30:02|
  2. 2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1228-70fd9726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

こんばんは

大河を見終わった後で書いてるのですが
千利休役の石坂浩二はともかく、秀吉役の岸谷五郎には違和感を感じている今日この頃・・・
わたしも生まれるちょっと前に書かれた作品なんですね。
読んだこと無いのですが、こうやって解説(感想)を読んでみると惹かれる作品ですね。
探して読んでみましょう。
大徳寺と言えば、今総見院が特別公開してるので行ってみようと思っています。
  1. 2011/02/06(日) 23:22:50 |
  2. URL |
  3. belfast #-
  4. [ 編集 ]

belfastさん、

「江」は、見たり見なかったり、ながらで見たり・・・な感じです。
石坂浩二さんは、ちょい私の利休像(って、読んだ小説類から出来上がってるんですが)より小柄な感じです。
何年か前に、仲代達矢さんが演じた利休が、今のところ一番イメージに近いようにも思います。目がギョロっとしてるとことか。
あれ、何の大河だったかなぁ。生垣の山茶花(たぶん)の花をさーっと散らしながら利休が駆けて行くシーンが印象的でした。
で、岸谷五郎さんの秀吉は、確かにちょっとピンときません。
秀吉ってやっぱり「猿」だから、もう少し軽快な雰囲気が欲しいですよね。

大徳寺総見院、まさに本書「秀吉と利休」の主要舞台のひとつです。
古渓和尚と利休の会見の場として何度か出てきます。
そういえば、「江」の番組最後で紹介してましたね。
私は、何度も前を通るだけで、まだ入ったことがありません。
私も、(もし公開してたら――あそこ、結構ちょくちょく公開してませんか?)次は入ってみたいです。
  1. 2011/02/07(月) 23:54:13 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する