本と旅とそれから バイバイ、ブラックバード/伊坂幸太郎

本と旅とそれから

バイバイ、ブラックバード/伊坂幸太郎

へんな小説~~(^0^)。
でも・・・へんでも、面白くないわけじゃなかった。

繭美って、どうしてもマツコ・デラックスさんでしょ。当て書きじゃないかしら。・・・脚本じゃないから、当て書きとは言わないだろうけど(てか、繭美って女性じゃないとダメ?)。
「バイバイ、ブラックバード」

バイバイ、ブラックバード/伊坂幸太郎(双葉社)

この小説、初出は「ゆうびん小説」という形だったのだそうです。
よくは知りませんが、毎回(本書は6編の短編から構成されています)抽選で当たった限定50名に郵送されたのだそうです。
いいわねーー!郵便で伊坂さんの小説が送られてきたら。しかも限定で。
料金別納じゃなくて、ちょっと綺麗な特殊切手を貼った封筒に入ってて、活字じゃなくて、コピーでもいいから伊坂さんの手書きだったらもっと素敵・・・ていうのはないでしょうけど。伊坂さんが手書きで原稿書いてるとは思えない。

いかにも伊坂さんらしい小説、と、言えないこともないかもですねぇ。
荒唐無稽・・・というか、タコみたいな火星人がいきなり現れて何もない空中から掴み出した小説、とでも。
何でこのようなシチュエーションで話が始まりかつ進行していくのか、まったくわけわからん。
どんな結末へと至るのか、いやそもそも、結末に至ったからといってどうなるものでも・・・みたいな、連続で2食抜いた時に足腰がふにゃふにゃするする感覚とでもいいますか・・・これまたわけわからん。

文体は相変わらず軽妙でユーモラス。何度も吹き出します。
とてもとても困った状況や、切ない状況や、悲しくさえある状況が展開するのですが、やっぱり軽快。

それにしても何なんでしょ、この登場人物たち――中でもメイン二人(ひとりはマツコ・デラックスさんよ・・・って、敬称のフォントを小さくするのは失礼なんですが・・・いえホント・・・)。

まあ大体において、伊坂さんの小説の主人公たちって思いっきり現実的じゃなくて、人間のようで人間でないみたいなんですけどね。そんな伊坂作品登場人物の中においてさえ宇宙人扱いされるキャラなんだから、この繭美サンは。マンガですね。二次元世界のキャラって感じです。

しかし、伊坂さんももうずい分著作の数が増え、伊坂ワールドみたいなものも形成されてると思うのですが、一歩ひいてそれらしきものを眺めてみると、正直なところ、初期の頃に思ったよりはちと軽薄な世界が出来上がっているような気がしなくもありません。
・・・初期の頃の作品を、かなりの部分忘却しているワタシに言われたくないかも知れませんけど^^;。

でも言っちゃうと、もう少し、ぐぐっと胸に迫るものがあったような気がします、以前の作品は。
だから、そんな中で「陽気なギャングが地球を回す」みたいなかっ飛んだ作品が例外的なものとしてそれはそれで楽しめたんだと思うんですね。
最近は、確かにひとつひとつの作品は面白いし楽しめるし、次もまた読みたいと思うんだけど、何となく、あまりにも最近的すぎるというか、森見さんや万城目さんもちょっとそうなんだけど、あらぬ方ばかりを見てるような感覚があります。

今後さらにどんな方向へ向かって行かれるのでしょうか。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 伊坂幸太郎 
  1. 2011/04/02(土) 22:30:01|
  2. 2011
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1245-2293be9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

6編の別れ話

小説「バイバイ、ブラックバード」を読みました。 著者は 伊坂 幸太郎 5股した男の5人の女性との別れ話 6編から連作短編 伊坂作品らしい軽妙さ やはり面白い どの短編も同じような構成で しかし どの話 飽きさせなくて 何より繭美の存在 キャラが立っていて 笑え...
  1. 2011/05/21(土) 15:36:25 |
  2. 笑う学生の生活

コメント

繭美はデラックス

私も読んでいる途中は、繭美のイメージがマツコから離れませんでした。伊坂さん仙台在住なんですよね。大丈夫だったのでしょうか?
  1. 2011/04/03(日) 08:16:52 |
  2. URL |
  3. bullet #-
  4. [ 編集 ]

bulletさん、

あの繭美のパワフルさは、ちょっとやそっと大柄な女性では表現しきれない気がします。やっぱり――

・・・そうですね、伊坂さん仙台ですよね。
有名人ですから、何かあれば話題になると思うので、別に誰も言わないうちはご無事なのかと思ってますが・・・。
  1. 2011/04/03(日) 22:52:17 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #m7S/B2/E
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する