本と旅とそれから 梅は咲いたか?≪カメラ教室メモⅢ-⑤≫

本と旅とそれから

梅は咲いたか?≪カメラ教室メモⅢ-⑤≫

Ohme01


桜の季節もどんどん進んでいく今頃ではありますが、カメラ教室メモは少々時間を戻って梅咲く頃のお話を。
実は、この第5回教室の後、ほんの数日で東日本大震災が起きました。
あの日、梅の花を見上げていた多くの人の誰ひとりとして、あれほどの大惨事が間近に迫っていることを知るよしもなく、だからこそ呑気に、ただ無邪気に春の一日を楽しむことができたのでした。

振り返ってそんなことを考えると、つくづく、運命ってわからないものですねー・・・。

webcitron01.gif


第Ⅲ期‐5回 青梅・吉野梅郷にて

「次回の屋外実習は、ちょっと遠いけど青梅の梅郷に行きますよ!」
と、予告された時、私のアタマに浮かんだのは、「おっ、そりゃ好都合、『そらはな』画像を仕入れてこよう♪」というのと、「車だ!車で行ってみよう!」のふたつでした。
・・・写真の勉強とは少々ズレている感がありますが――。

◇車で行ったら近かった
青梅市の吉野梅郷に行くのは今回で3度め(前回は►コチラ)。
これまでの2回は電車で行ったのですが、JRの本数も多くなく、確か2時間近くかかったのだったと思います。
今回は三脚も持って来るように言われているし・・・なんとか車で――と、道路地図をチェックしてみると、あらっ、意外と近いみたいじゃない?カーナビもあるし、きっと何とか・・・。

教室が始まる前にじっくり自分で撮ろう、と思っていたので、早起きして出発。
運転のヘタな私は、知らない道は本当にドキドキするのです。でも幸い、早朝なので道は空いており、45分ぐらいで到着!梅郷近くの交通整理の方に「ずい分と早く来ましたね!」と言われるほどの時間でした^^;。

ただ開花具合はといえば、先生やCANONの方は「ちょうどいい咲き具合」とおっしゃってたけど、昨年の満開を知っている私に言わせれば、1週間ぐらい早すぎでした。去年、一面の梅花の海を見たスポット(►コチラ)も、迫力不足。とはいえそれでも、青梅の梅園は大したものでした。

◆やっぱり梅は難しい
前回の授業で思い知ったのは、ピントをもっともっとちゃんと合わせなければいけない、ということ。
三脚を使うならばなおさらです(手ブレなんちゃ、論外ですな)。

・・・というわけで、何はさておきピント、と思いつつ撮っていたわけですが、今度はままならぬのが構図。
何かいつでも、「今、手元にないレンズ」が使いたくなるんですよねー・・・^^;。

さすがに最近は、少しですが「見上げて撮る花の難しさ」にも慣れてきたように思います(まあ今でも、真っ暗い写真は撮っちゃってますが・・・)。
今回は三脚があるので、マクロでじっくり寄って――と思っていたのですが、これが思うようにいかないの。ひとつには、足元が不安定だから。

青梅市梅の公園というのは大変広いところですが、起伏に富み、足元がかなりの斜面になっているところなども多いのです。ご存じの様に、ワタクシ足元不安定の場所はひと一倍苦手でして!あんまり冒険できません。
それと、斜面に三脚を立てて安定させようとすると、それぞれの脚の長さをそれなりに調節しないといけないんですよねー。ちょっと場所を変えるたびにそれをしなければならないので、とっても面倒臭いです(-"-;。
(でも、こゆこととか、フィルターの着脱なんかを「面倒臭い」と言うと、先生に怒られるので、言いません。)

光の角度と出来上がる絵の特徴の関係とか、背景とのコントラストとか、先生が次から次へとおっしゃるけれど、言われてもそれをどう写真に取り入れていけばいいのかわからない!あたふたあたふた。
それと、いっぱいに伸ばした三脚をかついで上り坂を歩く時は気をつけましょう。自分で自分をど突きます(T_T)。

◆「次回は最終回ですから」
「次回は第Ⅲ期の最終回ですからね。ベスト1枚を選んで、現像して仕上げます。おうちで選んで来て下さいね!」
と、授業の終わりに先生が言われました。むむっ、1枚を選ぶのか。
実習授業で撮ったものでなくてもよい(はず)なので、ホントだったら京都の華麗な錦秋の風景を――といきたいのですが、撮影モードRAWが条件なので、ダメ。

それで、授業が終わってからもまた頑張って撮ろう!というつもりだったんですけどね。

◇気が付けばプチ観光
クラスメートの方々と、「まずはお昼を食べてからまた撮りましょう」ということで、いったん梅の公園を出たのが間違いのもとっ^0^;
その後、名物「へそ饅頭」を食べにお店に入ったり、お土産を買ったりしているうち、夕方にぃ~。

ま、今日のところは5、6分咲きだし、45分で来れるとわかったことだし、来週ぐらいまた来てみればよいか。
などとすぐに開き直った私でしたが、1週間後の日本は、のんびり梅を楽しむような雰囲気ではなくなっていたのでした。梅まつりも中止になったようですし、もしかしたら公園そのものにも地震の被害が出たかも知れません。
それにしても、地元にとって、梅まつりは年に一度のかき入れ時、観光収入がいきなりなくなったのは、きっとかなりの打撃だったろうと思います。

◆結局のところ
帰ってから、撮ってきた梅の写真を再生し、「そらはな」にUPするようなのないかな、次回の教室で先生にお見せして講評頂く1枚にどれを選ぼうかな、と見直してみたのですが――結局、気に入った写真がほとんどなく、ブログには載せないことにしたのでした(T_T)。
写真の腕が不足っていうのもあるけど、やっぱりもうちょっと咲いていて欲しかったような。

講評して頂く1枚は、もし梅の写真から選ぶようにと言われたらコレにするか、と、TOPに載せた1枚を一応選びました。他のことはともかく、ピントだけは合ってると思うんです・・・どーかなー^0^;。

が、結局、別に梅の写真でなくてもよい、ということになったため、今回吉野梅郷で撮った写真は、TOPの1枚を除き、ほとんど全ボツという憂き目を見ることとあいなりました。
ひぇ~、我ながらひどいこっちゃなー。


webcitron01.gif


BanBokin02.gif

人は、明日を知らないから
  笑っていられるのかも。 



関連記事
tag: カメラ教室メモ 
  1. 2011/04/16(土) 22:30:00|
  2. 撮る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1264-e2f71040
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

こんばんは

春の京都楽しんでますか\(^o^)/
今年は梅の花、自宅の鉢植え以外撮れなかったんです。
topの写真、柔らかい日差しがあたっていて
なんだか優しい感じがしてこういう写真好きです。
わたしも真っ黒写真量産してますよ(爆)
で、結局のところ花より団子だったんですね~。

この後あんな大震災が起こるなんて誰が予想したでしょう。
早くみんなが笑顔になれるようになりたいですね。
  1. 2011/04/17(日) 00:21:55 |
  2. URL |
  3. belfast #-
  4. [ 編集 ]

時を戻せるものなら、311の一週間前の平和な一日にみんな戻りたい思っていますよね。そういえばmikiさんはあの日のあの時間、なにをしていらっしゃいましか?私は会社で仕事をしていましたが、けが人もなくその後、避難と片付けの繰り返しで、結局仕事にならないので4時には帰宅の途につきました。信号が点いてていないところもあり渋滞もしていましたが、普通に車で帰れました。帰宅難民でひどかった東京にいる私の兄や姪は翌日の朝に帰宅できたようです。(小学生の姪は世田谷から文京区に電車通学しており、兄が車で六本木から迎えに行ったとの事)

写真とは脱線しましたが、三脚を使うときは手ぶれ補正はOFFにして、水平が大事な風景は水準器があると便利です。
  1. 2011/04/17(日) 08:25:40 |
  2. URL |
  3. bullet #aRQmiz5I
  4. [ 編集 ]

belfastさん、

さきほど帰宅しました。
今日は、「曇りのち雨」みたいな予報でしたが、実際は「晴れのち曇りのち雨」で、私は最後の「雨」のところは免れました。
午前中の青空は、期待していなかっただけにすごくトクした気分です^^。
自分なりにちょっと気に入った(かも知れない)写真もあるので、ぼちぼちUPしますね~!
でも、今回はすべてRAWで撮ったので、整理がちょっと面倒?

梅の写真について、暖かいお言葉、ありがとうございます。
梅って、マクロでもいまいち恰好よく撮れなくて「むむっ」です。
(桜はずい分マクロで遊びました!)

>結局のところ花より団子だったんですね

ぎくぅ!Σ( ̄◇ ̄|||
その辺、さらりと流しておきましょうよね。はは。

ただ平穏無事なだけの日々が、どれほど貴重か。
そうした毎日が、少しでも早く取り戻せますように。
  1. 2011/04/18(月) 23:50:09 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

bulletさん、

地震のあの時、私は近所のスーパーにおりました。
もうちょっと詳しく言うと、スーパーの屋上駐車場に車をとめ、下の階に降りようとひとりエレベーターに乗り込み、「閉」ボタンを押した途端にエレベーターが大きな音をたててガタガタと揺れ始めたため、てっきりエレベーターの故障だと思い、あわてて降りてふと駐車場を見ると、とめられている車がどれもぴょんぴょん跳ねていて、びっくり。

ですが、まさかあんな大惨事になっているとは――というか、そのしばらく後にあんな津波が襲ってくるとは想像もせず、LIVEでTVで見ても、その時は何だか現実味がわきませんでした。
うちの姪っ子MMは、ビルの高層階で揺れを体験して大変怖い思いをしたそうで、その日はオーバーを着て、リュックを枕元に置いて寝たそうです。

そう言われれば、カメラ教室の先生も、「三脚の時は手ブレ補正OFF」とおっしゃっていました(が、すっかり忘れていました)!
レリースを使ってシャッターを切る場合でもOFFにした方がいいのでしょうか?
水準器は、三脚に付いているので、できるだけ見るようにしています。
教室のクラスメートのある方は、音の出る水準器ちゅものをカメラに付けておられるんです。夜の撮影にも使えて便利なんだそうです^^;
  1. 2011/04/19(火) 00:03:32 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する