本と旅とそれから 待庵訪問記≪妙喜庵≫

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

待庵訪問記≪妙喜庵≫

Myoki-an02


待庵――たいあん、と読みます。
国宝に指定されているお茶室で、千利休の作としては唯一残るものなのだそうです。

恥ずかしながら、私がこの待庵のことを知ったのは比較的最近、某検定に興味を持つようになってから。たぶんそれまでも、名前を見聞きすることはあったのでしょうが、頭に留まらなかったのだと思います。
ちなみに、「三名席」と呼ばれる国宝の茶席(茶室)は、待庵のほか、大徳寺龍光院(りょうこういん)の密庵席(みったんせき)、犬山市にある如庵(じょあん)をいうのだとか。
・・・思えば、もう何年も前に、私は如庵も訪れたことがあるんですよねー。犬山城に行った時に。
もっとちゃんと見てくるんだったわ~・・・。

Myoki-an01


さて、山崎聖天から戻り、山崎駅前のカフェでちゃちゃっとランチを頂いた後、正午の拝観予約にはかなり早かったのですが、状況がよくわからなかったのでとりあえずおうかがいしてみましたら、入れて下さいました。
驚くほど、「駅前」のロケーションなのです、こちら。
拝観予約がないと入れませんが、たぶん今のところは予約を取ることは難しくないと思います(予約要領については►コチラ)。

先客がひと組おられましたがほどなく帰られ、マンツーマンでお寺の方に概要をご説明頂いた後は、「じゃ、ごゆっくり」ということになりました。


Myoki-an03


こちら(▲)は待庵の模型。
何しろお茶室は二畳というコンパクトさ。水屋その他が付いても、たてものは小さいものです。
内部の撮影や、お庭に降りての撮影は禁止ですが、書院からの撮影はOKです。待庵の中には入れませんが、周囲をぐるりと歩いて見て回ることはでき、その際はカバン類は置いていかなければなりません。壁にぶつけたりこすったりしたら大変だからです。

「茶室の命、壁を守りましょう」みたいな掲示があったと思います。
この壁などにも利休の非凡な構想力が表れているということで――ざ、残念ながら違いのわからない女たるワタクシにはどこがどうとも言えなかったのですが、とにかくありがたいことでございました。


Myoki-an06


この、黄色っぽい壁のたてもの(▲)が、国宝・待庵。
利休のお茶席は小さいって聞いてましたが、ホント小さい。で、内部は暗い。
小さな窓がいくつかあり、この窓の配置にも利休の天才が表れているというのですが、当日はすでにかなりの曇り空だったこともあり、やっぱり内部は暗かったです。

本能寺で織田信長を討った明智光秀と、急を知って備中から大返ししてきた豊臣秀吉が激突した山崎の戦い(「天王山の戦い」という、アレですね)の際、秀吉の茶頭として同行した利休が陣中に建てた茶室を移築したのが待庵だとか。


Myoki-an04


先日、野上弥生子さんの「秀吉と利休」を読んだりして、ここのところ利休がマイブームだったので、わからないなりに一生懸命見て(睨みつけて、と言いますか・・・^^;)まいりました。
お茶をなさってる方が見れば、いろいろわかるんでしょうね~・・・。
でも、見せて頂けてホントにありがたかったし、嬉しかったです。


Myoki-an05


書院の杉戸絵は室町時代の画家・狩野山雪の画ということなのですが、「狩野山雪・画」との手書きの紙がセロテープで貼り付けてあったりして、とにかく個人のお宅っぽかったです。
「どうもお邪魔いたしました~」と、奥の方に声をおかけして玄関を出ると――雨が降り出していました。


京都・奈良旅INDEX 2011はコチラ


≪妙喜庵≫
名称:妙喜庵(山号:豊興山ほうこうざん
宗派:臨済宗東福寺派
本尊:聖観世音菩薩
創建:春嶽士芳(しゅんがくしほう)が山崎宗鑑(連歌俳諧の始祖)の庵を寺として創始。
その他:
  ・国宝・待庵を持つ。
   利休作の唯一現存する茶室(二畳隅炉)、また日本最古の現存茶室建築。
  ・書院・対月庵は重文。

LazyMEMO:
お茶室がわかるようになりたいのぅ・・・。でもそれには茶道を嗜まねばダメでしょうか。


webcitron01.gif


BanBokin02.gif
近所のスーパーの募金が先日締め切られたのですが、
  合計金額は33万円ぐらいだそうです。
  ・・・もうちょっといくかなーと思ったのですが。



関連記事
tag: 妙喜庵 待庵 2011年春・京都&奈良 
  1. 2011/05/01(日) 22:30:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1279-cfdb2b14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

ほっほー

あら、こちらJR山崎駅のすぐ前なのですね
いつもの大山崎山荘へ行く道沿い・・・
国宝の茶室とは驚きです。
勉強になりました。ありがとうございます。
  1. 2011/05/02(月) 23:41:54 |
  2. URL |
  3. にいやん #195Lvy4Y
  4. [ 編集 ]

にいやん、

もう、めちゃくちゃ駅前^^。
JRの改札を出て、右を見れば郵便局、前を見ればカフェ(意外にも・・・と言っては失礼ですが、美味しかったです)、左を見れば妙喜庵ってぐらいの位置関係でした。

知識(と、センスも?)のない私は、「古そー」という雰囲気と、「作・千利休」という目に見えぬ看板の前に「へへぇーーーっ」と平伏す感じでした。
  1. 2011/05/03(火) 18:43:34 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。