本と旅とそれから 花雨宝≪西陣・雨宝院≫

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

花雨宝≪西陣・雨宝院≫

Uho-in


西陣、といえば――西陣織、でしょうかね、やっぱり。
この地名が、応仁の乱の時、山名宗全率いる西軍が本陣を張った場所であることに由来するというのはちょっと知られているかと思いますが、それにしても西陣てどこからどこまで?

地図の索引を見ても、「西陣」という地名はないんです。
某検定の参考書によりますと、「今出川大宮を中心におよそ半径1キロメートルの範囲を指す」。

ほっほー。
北野さんと御所の間ぐらいですね、東西は。南北は・・・大体ですけど、大徳寺と二条城の間ぐらい(アバウトね)。
メジャーな観光地にはさまれた、大きな観光スポットはあまりないエリアと言えるでしょうか。
だからこそ比較的静かな、観光にあまり影響を受けないエリアであるとも言えるのかも知れません。

まあ、といっても、昨今のネット情報社会に、いわゆる「穴場」は長く続きませんけどね。
かくいう私も、雨宝院を知ったのは確かネットだったと思います(上品蓮台寺は桜の写真集ですけど)。




朝ホテルを出る時は、城南宮の後、南下ついでに奈良の方に行くというのもよいかも?などと思ったのですが、その日はお昼頃結構風が強かったのです。
なので、奈良に行くのはやめて、京都中心部に戻って来ました(奈良はうららかな日に行きたいです)。

お昼は、南座前のお蕎麦屋さん「かぐ羅」で、木の葉丼。このお店は、先日読んだ伊集院静さんの「駅までの道をおしえて」に収められた短編のひとつに出てくるところなのです。
木の葉丼は、主人公が食べるメニューなの(≧∇≦)ミーハーねっ。
小説では「おぐ羅」という名前で出てくるのですが、木の葉丼もあったし、実は「かぐ羅」ですね。
木の葉丼って、鶏肉の代わりにカマボコとキノコを使った親子丼みたいなメニューで、美味でした^^。

さて、雨宝院。
ポケット地図には載ってないし、私の持っているガイドブック(かなり詳細なんですけどね。最近はあまり見てませんが)にも出てません。住所を頼りにそれらしき界隈に到達後、通りかかった方に教えて頂いて、何とか無事たどり着きました。

決して大きくはない――こぢんまりしたお寺さんです。
ですが、まあその桜密度の高いこと!桜の花と一緒にガラス箱か何かに詰め込まれた感じでした。
何かのお稽古事のグループらしき和服姿のご婦人方が賑やかに写真を撮り合っておられました。
観光タクシーも時々やって来てました。

が、何せ小さなところなので、少しすると皆さん立ち去って行かれます。
ですから、ぐずぐず長居していれば、時々とても静かなひと時がおとずれるのでした。

最近、人気が出てきているというのも頷ける、小さくてもそれはそれは美しい桜のお寺。
・・・そうそう、椿の木も何本もあって、こちらも見事な花をつけていました。
そして、雨宝院といえば歓喜桜と並んで名高い御衣黄という名の緑の桜――こちらはまだまるっきり蕾~^^;。
御衣黄は、2日後に訪れた京都御苑でも蕾しか見られなかったため、後で東京の新宿御苑に見に行ってきました。感想はといえば・・・それはまたいずれ。

見上げる構図で、どーも難しかったんですが・・・よかったら「そらはな」へもおいで下さい<(_ _)>。

「そらはな『花雨宝』」はコチラ
京都・奈良旅INDEX 2011はコチラ


≪雨宝院≫
名称:雨宝院、西陣聖天とも呼ばれる(山号:北向山)
宗派:真言宗
本尊:歓喜天(聖天)
創建:平安初期、弘法大師の開基
その他:
  ・弘法大師が、嵯峨天皇の別荘・時雨亭を賜り、雨宝堂としたのが由来とされる。
  ・本堂前の歓喜桜は、御室桜と同種。

LazyMEMO:
観音桜っていうのもあって、こちらは里桜の一種だそうです。しだれもあれば御衣黄もあり。でも、拝観料などは一切課されませんし・・・あり難いを通り越して、何だか申し訳ないです。


webcitron01.gif


BanBokin02.gif

お金を入れた後で、盲導犬育成募金だったと気づいたけれ
  ど・・・これはこれで・・・(ちとフクザツ)。



関連記事
tag: 雨宝院 西陣 2011年春・京都&奈良 
  1. 2011/05/06(金) 22:30:00|
  2. 旅する
  3. | コメント:6

コメント

そうそう

とてもこじんまりしていて、まるで桜の天井のようでしたね~。
そのためにほとんどが見上げるかたちでしんどかったです(笑)
わたしの撮ったのは、ほとんど白とびして上手くいかなかったんですが
上手く撮れていますね~。

話しはコロッと変わりますが、木の葉丼って関西地方だけで
関東のほうには無いって聞いたんですが、そうなんでしょか?
社食にも出てくるくらいメジャーなんですけど。
今度は衣笠丼でも試して下さい~。
  1. 2011/05/07(土) 00:22:20 |
  2. URL |
  3. belfast #-
  4. [ 編集 ]

belfastさん、

>木の葉丼は関西ではすごくメジャー

ほっ、ホントにっ?!Σ( ̄◇ ̄|||
結構ショーゲキですよ。
このお店のオリジナルメニューかと思ってました(だから文中で説明までしてるわけですが)。

関西と関東って、どーちゅこともない距離ではありますが、時々こうした新鮮な驚き(大げさでしょーか)がありますねぇ・・・。
なんだっけ、皆で食事してて、お皿に最後に残ったもののことを「遠慮のしまくり」じゃなくて「遠慮のナントカ」って言うんでしょ。
京都でブロガー仲間とごはん食べてて言ってました。オモロイ表現っ^0^。

いや、ワタクシの雨宝院写真も、白とび&マックラケのオンパレードです。いくら修正かけようとしても、ダメなものはダメですよね^^;。
しかも、構図が実は自分であんまり好きじゃありません。あうあう。
  1. 2011/05/07(土) 00:42:35 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

木の葉丼は大阪でも食べれたと思いますよ
御衣黄桜は言われないと気づかないかもしれませんね、緑に溶け込むと言うか...
こちら、素敵な場所ですね

  1. 2011/05/07(土) 08:55:34 |
  2. URL |
  3. にいやん #-
  4. [ 編集 ]

にいやん、

つまり木の葉丼って、やっぱり関西では結構広く見られるメニューだったんですね!
あたしゃてっきり、「かぐ羅」の独自メニューかと思ってました^^;。
雨宝院はたぶんにいやん邸からそう遠くないと思うのですが・・・?
道を探してる時、にいやんに遭ったら面白いけど、なんて思ってました。
にいやんが以前御衣黄の写真をUPされていたのは、雨宝院じゃなかったんでしたっけ。御苑だったのかしら?
  1. 2011/05/07(土) 23:10:20 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

そう、こちらですよ
智恵光院通で繋がっています。
西陣界隈にも素敵な場所が色々ありますよね
  1. 2011/05/08(日) 00:36:48 |
  2. URL |
  3. にいやん #195Lvy4Y
  4. [ 編集 ]

にいやん、

西陣の小さなお寺をてくてく歩いて回るっていうのもいいですねー。
桜の季節なら楽しそうです。
ステキな茶房なんかも多そう♪
  1. 2011/05/08(日) 23:11:37 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。