本と旅とそれから 新世界より/貴志祐介

本と旅とそれから

新世界より/貴志祐介

前々から読んでみたかった貴志祐介作品。
いやしかし、このヒト、ホラー作家さんでしょー?かなり怖いみたいじゃない、コワイよ。
どーしよっかなぁ・・・と思うばかりでなかなか読めずにいましたが、どうやら本書はホラーではないらしい(SF大賞獲っているし)ということで、トライしてみました。

とーっても面白かったですよ~^0^。
新世界より01新世界より02新世界より03

新世界より(上)(中)(下)/貴志祐介(講談社文庫)

巻末解説を見ると、主題としては貴志さんデビュー前からあたためておられたものなのだそうですね。
SFであることは間違いないとしても、FT要素もものすごくあります。
で、やっぱりホラー要素もあるんですね。雰囲気としては小野不由美さんの傑作「屍鬼」と通じる怖さといいましょうか・・・。表向きの静けさ、穏やかさが怖いんですよ。その下に何か恐ろしいものがあることは間違いないのに、皆それを知らない、それに気付かない。
そして、それに気付いてしまった者だけが感じる恐ろしさ。うぅ。

超能力(作品中では「呪力」と呼ばれるのですが)を身につけた人間ということでは、つい最近映画を見たX-MENもそうなんですが、何でもアリでお気楽一方のアメリカン・コミックと違って、「新世界より」の超能力者たち(基本的にはすべての人間が超能力を備えています)はいろいろ面倒臭い掟や制度に縛られています。

そうした設定や、人類の歴史などが、さすがに長年かけて構想を練られただけあって、すごく深く作りこまれているんですね。やっぱりFTは世界創りが大事ですよねぇ――って、FTでもないんですが。

それと、カッコよかったなぁ、奇狼丸。
人間と並んで物語世界で大きな存在であるバケネズミの戦士です。といっても、バケネズミというのは種族として醜いものという設定なので、きっとビジュアル的にはあんまり・・・なのでしょうが、何といいましょーかね、その生きざま(バケネズミだけどサ^^;)がカッコいいんですねぇ。
時代劇の忍者の親分みたいなんです。

秘密というものは、100%バレないことが確実でない限り、たとえ良かれと意図したものでも、良い結果を生むものではないと見えます。
大惨事に見舞われる人間たちが、その元凶を追い求めた結果、かつて自分たちの成した恐るべき事に行き当たる、というそのプロセスが怖いんですねぇ。

しかし、もしかするとこれは貴志作品には珍しくないことなのかも知れないのですが、グロテスクな生物がずい分たくさん出て来ます^^;。
巨大なムカデとか。寄生生物とか。あんまり頭の中で映像化しないように読まねばなりません。
グロテスクといえば、人やバケネズミを殺すシーンもかなりなものです。

人間同士は絶対に殺し合わない。といえば、いかにも平和な世界が作り出されたようですが、その代わり人間は、他の知的生物のことは平気で大量虐殺するし、他の生物を使って人間を殺させたりもする。
未来にどんな世界が作られようと、人間の罪深さだけは変わらないって感じです。人間は自分たちの罪深さから目をそらし、バケネズミはそれを正面から見つめる。
生物としてはバケネズミの方がよっぽどストレートで、ある意味賢いともいえる、それもそのはず――。

この先は禁断のネタバレですね^0^。

怖さとグロさに注意しつつ、また他の作品も読んでみたい作家さんです。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)




関連記事
tag: 貴志祐介 
  1. 2011/07/05(火) 22:30:01|
  2. 2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1307-d1284514
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

面白かった記憶はあるものの、はてどんなお話だったっけ?
私どんな感想書いてたっけ?と自分の過去記事検索してみたら、
読後、なんだか不満だったみたいです。もっと長く読みたかったって(笑)
そして、私も小野不由美さん「屍鬼」を連想していたみたいで驚愕しました。
(似ていると思ったところはちょっと違いましたが…)
やっぱそうですよね!と書いたこと覚えても無いのに同意してみる。。

貴志祐介さんの他の作品、怖いですよ~。でも面白い。
私は「黒い家」が怖いと思いました。おすすめしていいものかどうか。
  1. 2011/07/06(水) 10:25:10 |
  2. URL |
  3. yurinippo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

yuriさん、

yuriさんもお読みになっていましたか♪
そして、yuriさんも「屍鬼」を連想されていましたか(たとえすでに忘却しておられたとしても・・・^0^)。

「黒い家」・・・ですかぁ。
こちらは、確かyuriさんが感想文をお書きになっていたなぁ、と記憶しております。怖いんですよね。

>おすすめしていいものかどうか。
他力本願封じですかっ。
どーなの、どーなのっ。
自己責任なんて、それまたコワすぎるよ~ぅ。
  1. 2011/07/07(木) 00:05:16 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する