本と旅とそれから 未来への光(東日本大震災復興支援チャリティー写真展)≪カメラ教室メモ・番外≫

本と旅とそれから

未来への光(東日本大震災復興支援チャリティー写真展)≪カメラ教室メモ・番外≫

Nature Photo Aid 2011 01


先日、日頃お世話になっているカメラ教室の先生が参加されている、東日本大震災復興支援のためのチャリティー写真展に出かけけてきました。
先生も会場におられ、不出来極まりない生徒のワタクシではありますが、明るくお迎え頂き、ご自身の作品について丁寧なご説明も頂き、大変ありがたいことでございました!
思えばなんちゅー贅沢なことでしょう。
展覧会で、作者にマンツーマンで作品の説明をしてもらえるなんて。

この写真展、昨日で終了してしまったのですが、復興支援のため、8人のNATURE PHOTOを得意ジャンルとされる写真家の先生方が集い開催されたものです。
いつもは何かとCANONに傾くワタクシですが、この写真展はそゆこと関係ありませんので、ニコン・カレッジの先生の素敵な作品にも見惚れてまいりました。

それにしても、ネイチャー・フォトというのは癒されるものですねぇ。
炎天下から冷房のきいたギャラリーに入ったってこともありますが(^^;)、日本各地、そして外国の美しい風景は、ホント、素晴らしかった。

ふだんあれこれ展覧会の絵葉書をスキャンしたりしてる私なんですが、存じ上げている方の作品となると、著作権というものが非常に気になり、大きくお見せできないのが残念。TOPの展覧会のチラシですと、一番右下に掲載されているのが私がお世話になっている先生の作品です。

夜空の真ん中辺りがぼーっと明るんで、そこからぴゅーーんと光が伸びています。
これ、以前カメラ教室でも先生が撮影の時の話をされていた、屋久島から種子島のロケット打ち上げをとらえた作品なのです。
教室では、「ロケット打ち上げの明かりがあまりにも強くて、失敗しちゃったよー」などと頭をかいておられたというのに、何なんだこのスゴい写真は。先生のウソつき・・・。

これは、フィルムカメラの写真で、露光に2時間をかけたそうです。
ケータイで打ち上げの実況中継を聞きながら、実際の打ち上げの30分前から露光開始。
なんで30分前?の答えは二つあって、①少しでも早く帰りたかったから、②金星(画面右の光線)を多めに入れたかったから、だそうです。①はジョークなのかな、たぶん・・・。
ちなみに、デジタルカメラでは、これだけの長時間露光では画面が荒れてしまうそうです。

それにしても、相変わらず「これを撮るのは別に難しくないよ」とか言っておられる、あれはもう信じないぞー(これまでもほとんど信じてなかったけど)。
風景写真の場合は、「その風景」を撮れるスポットに、撮れる時間に、撮れるお天気の時にいる、ということがまず大きな要素だとつくづく思います。

場合によっては、例えば先生のロケット発射の写真のように、それはほんの一瞬(露光は2時間ですが)なこともあるわけで――。うーむ、美的センスと熟練の技術に加え、根気あるいは執念、そして「運」すらも必要なのだなぁ、と思ったですよー。



Nature Photo Aid 2011 02


会場では、先生方の作品を絵葉書にしたものを販売していて、売上は全額被災地支援に寄付されるとのことでした。――写真展そのものも入場無料だし・・・特にスポンサーの表示もなかったけど、まさか全部先生方の持ち出しなんでしょうか・・・。

ただ募金箱にお金入れるより嬉しい~♪
と、ついつい何枚も買ってしまいましたので、ブログ仲間の方(で、私に住所を知られてしまっている方)の中には、私から暑中見舞葉書が届く方もあるかと思いますが、返信のお気遣いは無用です。

ここのところ、年賀状ぐらいしか手描きの郵便なんて出さなくなってしまっていたので、葉書を書くという行為そのものが何だか楽しい^^。切手選ぶのも楽しいし。

残念なのは、先生のロケットの写真の葉書がなかったこと。葉書に作られていないんです。
「なんでですかっ?!」とうかがったところ、葉書作成のための素材を出すのが締切ギリギリになってしまい、フィルムよりもデジタルデータの方が扱いやすいかなと思ったから、とのこと。

こんな風景を、できたらこの目で見てみたい、と思う写真ばかりでした。



webcitron01.gif

助けあいジャパン



復興支援の寄付金付き切手は、
  残念ながら50円はなかったのですが・・・。



関連記事
tag: カメラ教室メモ 
  1. 2011/07/07(木) 22:30:00|
  2. 撮る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1312-2ec0b566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/07/18(月) 17:55:46 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

鍵コメさん、

ご丁寧に恐れ入ります~。

H先生は必ずや一流の先生であろうと思いますが、世の中の写真家さんというものについてほとんど知識のないワタクシは、先生の評判その他を、やはりほとんど知らないのです^^;。
先生の先生は、写真界の大御所として大変有名な方なんですけどね・・・。

H先生は、来年屋久島をテーマにした写真展を開かれるそうなのですが、その準備に、今年はほぼ毎月屋久島に出かけておられるそうです。自然風景を得意とされる写真家さんって、ほとんど冒険家並みにあちこち出かけておられるようで、もうそこからして驚嘆するのでした。
  1. 2011/07/18(月) 22:31:32 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する