本と旅とそれから 「SUPER 8」

本と旅とそれから

「SUPER 8」

SUPER 8


どこかのテレビ番組だったか、この映画のことを「E.T.」と「スタンド・バイ・ミー」を併せたような映画だと言っていたように思います。
あー・・・まあ・・・そうとも言える、かも。

スピルバーグ作品ということで、とても前評判が高い映画のようですが、私は「もっと凄いかと思った」、というくらいの感想です。
ストーリーがちょっと浅いような――なんか、あまり良くない意味で「あっという間に終わってしまった」って感じなんですよね。
面白くなかったというわけではなくて、まあそれなりに楽しめはしたのですが、「謎」の存在を臭わす段階はかなり面白いものの、ひとたびその「謎」が明らかになってしまった後は、なんか、あれよあれよという間に話が進んで、急展開の後に、「はい、さようなら~」です。

(ネタバレにならないよう一応配慮しているということもありますが、実際、あんまりストーリーに中身がないのです。)


SUPER 8


「E.T.」だというなら、あの、少年たちの乗った自転車がふわりと夜空に舞い上がるシーンのようなスリルと感動、という場面はなかったと思うのです。
それに、実は私は「スタンド・バイ・ミー」については、多くの人が言うほど感動的だとは別に思わなかったし。

みんな、どこにそんなに感動するんでしょうか^^;。

あ、映画のタイトル「SUPER 8」はどこから来るんだ?、については、エンドクレジットが始まってもさっさと帰っちゃダメですよ、ということで。そこで説明されます。

まあ、退屈したわけじゃないから、いっか。

►「SUPER 8」オフィシャル・サイトはコチラ(音声あり)。


関連記事
tag: 
  1. 2011/07/12(火) 22:30:00|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1314-17ef2b11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する