本と旅とそれから 1年経ちました≪カメラ教室メモⅣ-⑥≫

本と旅とそれから

1年経ちました≪カメラ教室メモⅣ-⑥≫

Agisai05


カメラ教室に通い始めてから、まる1年が経ちました。
私が通っていたのは、カメラのごくごく基本を、1年かけて学ぶというコースで、1期3か月を4期続けたというわけです。

その基礎コースが、今回で終了です。

webcitron01.gif


第Ⅳ期‐6回 スタートラインについた、とでも

◆今期の1枚
この第Ⅳ期も、終了後にCANON銀座ギャラリーで小さな展示会があります。
なので、最終回はその1枚を選び、DPPで整えてプリントアウトというのがメインになります。

前回の屋外実習でちょっと奮起して、その後、私にしてはなかなか熱心に紫陽花を撮りに行ったりしたので、その時に撮ったものを何枚か持って行き、先生がTOPの1枚を選んで下さいました。
――といってもですね、クラス中の受講生の写真を何枚も見て、選んだりプリントアウトのアドバイスをしたりで先生は大忙しで、持っていった写真を全部は見て頂けなかったんですよね。
まあ、どれもどんぐりの背比べ状態なので、いいようなものの。

TOPの写真は以前「そらはな」にもUPしたものです。
私は紫陽花というと「水底の花」というイメージがあるので、どちらかというとローキーな感じに仕上げようかと思ったのですが、先生は基本的には花は明るめがお好きのようで、ワタクシちょこっとだけ「紫陽花は暗めでどうでしょーか」と主張してみましたが、最終的には少々明るめということにいたしました。
いつの日か、自信をもって「いや、アタシは紫陽花はローキーでいくんだ」と、先生に申しあげられる時が――くるわけありませんな。はっはっは。

◆さて次は
実は、この第Ⅳ期の最終回に先立つしばらくの間、どこかよさそうな写真サークルがあったら入りたいなー、と、ちょこっと探してみたのです。
でも、労力を惜しんだためといいますか、もっとあちこち足を運ばなくては見つけられぬものとみえ、結局写真サークル入りは先延ばしとし、EOS学園のこれまで教えて頂いてきた同じ先生の作品研究のコースにさらに進むことにしました。



授業終了後、今期もまた近所の居酒屋で打ち上げ♪
段々気心も知れてきますのでカメラについてのお喋りといってもかなり「不真面目^0^」なものとなりますが――えーっと、どんな話をしたのだったっけ?それも忘れましたよぅ・・・。

教室でCANONのレンズ・カタログをもらい、先生に、おススメのものをうかがってみたり。
私も含め皆さん、「すぐ買えるってわけではないので、いずれはってことですが・・・」との前置き付き。
それでも先生は熱心にご説明下さいます。

といっても、H先生はどうも「いい機材を持った方が早く上手くなる」という信念を持っておられるようで、いつもどーも「どひゃー、高級っ(で、高い)」というのをお薦め下さっちゃうんですけどね^^;。

レンズ(カメラもですが)についてうかがう場合、まず先生から返ってくるのは「何を撮りたいのですか?」との問い。
私の場合は、「京都や奈良の、花や紅葉の風景」。
だもので、私としてはまず広角レンズについてうかがったところ、ちょっと意外にも、今すでに持っている
24-105mmでよいでしょう、とのことでした。

ただこれは、カメラの方を5DMarkⅡにする、という前提でうかがっているのでございます^^;。
「フルサイズセンサーの5Dにすればまた画角はずい分広がるから、それでしばらくやってみて、さらにもの足りないと感じるようになったら、また考えましょう」。

まあどなたも、幻想・夢想を抱きつつ眺めるCANONのレンズ・カタログなのでした。



というわけで1年にわたった≪カメラ教室メモ≫は今回で完結ですが、次回からすぐ≪続・カメラ教室メモ≫になるのでしたあまり意味ないですね^^;。
めざせ美しき映像。なかなか思うようにはいきませんが、やきもきするのもまた楽し。


webcitron01.gif

助けあいジャパン



震災復興宝くじ、全部ハズレました(T_T)。
  「1千万円当たったら、100万くらいは寄付か?!」
  などと思いを巡らしていたアタシっていったい・・・。



関連記事
tag: カメラ教室メモ 
  1. 2011/08/13(土) 22:30:02|
  2. 撮る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1325-8a473a70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する