本と旅とそれから 御所の彼岸花≪九品寺、一言主神社≫

本と旅とそれから

御所の彼岸花≪九品寺、一言主神社≫

Nara Autumn01



奈良で彼岸花が綺麗なところってどこなんだろう、と調べてみると、まずはやはり稲渕なのですが、続いて名前の挙がるのが御所。ここに葛城の道というのがあって、その道沿いが彼岸花の名所だとか。

関西初日。
本当は、すでにピークすぎと聞いていた稲渕の彼岸花を早く見に行きたいところだったのですが、この日は日曜日で、しかも稲渕では彼岸花祭り開催中ということで混雑必至――というわけで、この日は京都からすぐに御所(ごせ)に向かいました。
駅前の観光案内所でうかがうと、彼岸花が多く見られるのは葛城の道沿いでも御所駅に近い方にある九品寺と一言主神社の辺りだとか。
それで、猿目橋というところでバスを降りててくてく歩き始めました。


Nara Autumn02



人影はほとんどなくて、青空の下、黄金色に実った田んぼが広がるばかり・・・。
そして、その田んぼを縁取るような彼岸花の真っ赤な色彩。

なるほど~、こうした風景なわけですね~・・・。
のどかのどか。

写真をご覧頂いてもわかるかと思いますが、彼岸花がかなり白っぽくなってしまっています。
これはピークを過ぎて色が抜けてきている花なのですね。もうあと5日くらい早く来られていればよかったのですが・・・が、たぶんその頃は台風で土砂降りだったと思うし。
花はこれが難しいところですが、だからこそ、見頃に目にすることができれば、その嬉しさも大きいわけで・・・仕方がないですね。遠目に見ればこれでもとても綺麗でしたし。

一面に彼岸花が咲き乱れる「緋色の絨毯」も大変素晴らしいけれど、黄金色の稲穂が揺れる田んぼに連なる彼岸花という取り合わせは、これは本当に何といいますか・・・美しきニッポンの秋、そのもの。


Nara Autumn04



この日、陽射しが強くて結構暑かったです^^;。

この辺りは、大和朝廷以前に大和地方一帯を支配していた豪族・葛城氏の本拠地だった、ですか(byマイ・ガイドブック)――えらく古い。さすが奈良じゃのぅ。

とか言いながら、九品寺(くほんじ)着。
お寺に着いてみれば、人が結構いるではありませんか。しかも、大きなカメラを提げ、三脚をかついだ人々のグループがいくつも。撮影会なのか~。

とりあえずそうした方々の後ろにくっついて境内の石段を上がって行きましたら、暗がりの中に石仏の群れ――というのは罰当たりだから・・・えー、団体さんが。
千体仏というそうです。そしてそれに向き合い林立する三脚^0^。

たぶん、このお寺周辺の土手のようなところが、ピークには(あるいは例年は)ゴージャスな緋色の絨毯状態になるのでしょうね~。
・・・ちょっとまばら感もありましたが、ワタクシの訪れた時は。ま、いっか。


Nara Autumn05



次が一言主神社(ひとことぬしじんじゃ)。

こちらの神様は「ひとことだけ願いをかなえて下さる」というのですが・・・「ひとこと」って?
一単語ってことですかね。「根性」みたいな?それとも、「世界の帝王になりたい」みたいな、ワンフレーズでいいのだろうか・・・。うぅむ。

で、この神社の前に広がる田んぼとそこに咲く彼岸花が見事でした(カメラマンの数もハンパじゃなかった~。)!
とりあえずワタクシもパシャパシャ。
「そらはな」にちょっとだけUPしました(►コチラ)。

黄金色と緋色。
ゴージャスな初秋の一日でした。



この日はこれで撤収。
といっても、御所駅に戻るまでが、根性ナシの私には結構キツかったです。バス停までひとしきり歩いたあげく、1時間に1本しかないバスを見事に逃し、バス停3つ分くらい歩いたんですもん・・・。

その後京都に戻り、重いカメラリュックを置いてから夕暮れカフェ・タイムへと出かけたのでした。つづく!

京都・奈良旅INDEX 2011はコチラ



webcitron01.gif

助けあいジャパン



東京都が岩手県から震災瓦礫の受け入れ決定。
  が、それに抗議の電話が殺到とか・・・。



関連記事
tag: 2011年初秋・奈良 曼珠沙華 
  1. 2011/10/01(土) 22:30:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1345-951240e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

美しい!!

も~、奈良に来てはるんやったら言ってくれればよかったのに~(笑
そうと知っていたら、遠山郷に行かずに車で案内させてもらいましたよ。
ちょうど、彼岸花の写真も撮りたかったしね。
以前、勤務地が大淀町だったんで、このあたりは庭のようなものです。

一言主の神様は、顔が醜いのがコンプレックスで、夜だけ働いて、昼間は顔を隠していたそうな。
清少納言が宮仕えを始めたとき、同じく容姿に自身がなかった彼女が、日が暮れてから出仕して、夜明け前に下がっていたのを、中宮定子が、ひとことぬしみたいだねと言ったという逸話があります。

  1. 2011/10/01(土) 23:12:17 |
  2. URL |
  3. ばなな #WWUbbALw
  4. [ 編集 ]

久しぶりです

なんかいろいろ、忙しくって、
コメントできなくってごめんなさい。
彼岸花の季節ですね。私ぜんぜん
写真も撮っていなくって、たくさん写真撮っている
MIKIさんがうらやましいです。
今週からやっと、土日休日になります。
  1. 2011/10/02(日) 12:48:55 |
  2. URL |
  3. bullet #aRQmiz5I
  4. [ 編集 ]

ばななさん、

>そうと知っていたら車で案内を

ひぇ~!
そりゃワタクシ、滅多にない機会を逃してしまいましたなぁ。
いつの日かまたの機会がありますように。
お気持ちはありがたく頂きまする<(_ _)>。

奈良県は、大抵のところがばなな園・・・じゃなかった、ばななさんの庭みたいですね^^。

平安時代の知識人の間では、一言主の神サマは有名な存在だったんですね。
清少納言は果たして、「美貌!」とお願いしたのでしょーか?
  1. 2011/10/02(日) 22:40:06 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

同じ日に

奈良にいたようですね~。
わたしは安倍文殊院におりました。
明日香も候補だったのですが、時間が合わずに行けなくて・・・
御所のほうは、まだあまり行ったことが無いので
ここは知りませんでした。
まさに日本の美しい風景ですね~。
また一年後行ってみます。
  1. 2011/10/02(日) 22:44:05 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

bulletさん、

ををっ、bulletさん、お久しぶりです!
お忙しいのだろうとは思っておりましたが・・・それでもしかしたら、ブログはおやめになってしまったのではないかと残念に思っていました!
コメントなどはお気になさらず。
いつなりと、お時間のできた時に覗いて頂ければ嬉しゅうございます。

節電の夏が終わりましたね。
今日などはうすら寒いようでした。
季節は本格的に秋ですねぇ。
  1. 2011/10/02(日) 22:51:42 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

belfastさん、

belfastさんはコスモスのお寺におられたのですね。
この日に限っては、明日香・・・というか稲渕はもしかしたら行かなくて正解だったかも知れませんよ~。
私はこの2日後の平日に行きましたが、平日ですらあの一帯は路駐がずらーーーーっと続いてましたもの。
レンタサイクルだってずい分出てたみたいで、電動自転車が借りられず、難儀をいたしましたです。
  1. 2011/10/02(日) 22:56:54 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する