本と旅とそれから 紅!碧!金!≪明日香村・稲渕≫

本と旅とそれから

紅!碧!金!≪明日香村・稲渕≫

Inabuchi01


旅行から帰って来てその話をブログに書いている時ほど、季節がどんどん過ぎていくことに焦りを感じることはない!・・・ような気がします。

もひとつカフェレポを、と思っていましたが、なんか、そうこうするうちに、関西よりは遅めに到来した埼玉あたりの彼岸花シーズンも最終盤に入ったようなので、とりあえず明日香の彼岸花日和の話を先にUPすることにいたします。

関西3日目。
どんより曇り空の下、カフェのほかはあまり収穫もないまま過ぎてしまった、悔いの残る2日目in京都でしたが、明けて3日目はこれまた、「こゆのを秋晴れっちゅーんじゃ!」というようなお天気。


Inabuchi02


これこそ、「明日香で自転車をこぎましょう」な日だわ!と、勇んで飛び乗る近鉄特急。
ですが、飛鳥駅を降りたところでショッキングな出来事が。

・・・電動自転車売り切れ(T_T)。

春に借りたのと同じ駅前のレンタサイクル屋さんに行ったのだけれど・・・でもって、春より30分早い時間だったのですが。・・・となると、足でこぐのですか~。全部自力で~?
(►春の明日香ポタリングの話はコチラ。)
と、ぐずぐず言っていても埒が明くわけじゃござんせんので、レギュラー自転車で出発。

春にも思って、今回はひとりだったのでさらにつくづく感じたことは、あれですね、明日香では、広い自動車道に沿った歩道は、ワタシのよーなヘタな自転車こぎには怖いです。石舞台辺りから先はいいんですが、そこまでは、電柱などあると、すごく狭いところをすり抜けなくちゃならないし、段差もあるし。
少しわかりにくいけど、あまり車の通らない道をのんびり走る方が絶対良い!
石舞台の方へはサイクリングロードなんかもあるし。次回からはそこを走るぞ、と秋空に誓いました。


Inabuchi04


それにしても、電動の時には感じなかった、上り坂のしんどさ。
石舞台の駐車場のおじさんには、「アンタぐらいの年なら十分こいで行けるよ~」と見送られたけれど、おじさん、アタシが「どんくらいの年」に見えたとゆーのか。あるいは、稲渕までの上り坂を十分こげる年齢とはどの程度の範囲なんだかっ。

しんどいので、しょーむない思案が頭の中でぐるぐると・・・。

でも、そんなくら~い考えも、一気に吹き飛ぶ晴れやかな風景が!
広い!すごく広いです!
黄金色の田んぼとその中に走る緋色の線。それが、限られたエリアだけでなく、だーっと遠くまで広がっています・・・壮大、とこの際言ってしまいます!


Inabuchi03


案山子ロード(春にイベントやっていたところ、そゆ名前だったんですね)には、「絆」というテーマの下に作られた今年の新作案山子が並んでました。
春には巨大な「せんとくん」がいたスポットには巨大な観音様が。バケたな、せんとくん!

事前情報では、稲渕の彼岸花は「すでにピーク過ぎ」とか、「今年は咲きが悪くて、レッドラインがつながっていない」とのことで、実際そうだったのですが、何しろ初めて見る棚田の彼岸花風景は、私には大変感動的でした。
ちなみに、観音様を過ぎてさらに行くと、2枚目の写真にある、階段教室みたいな棚田&彼岸花の空間があるのです。

上に広がったり、下に広がったり、丸かったり真っ直ぐだったりと、田んぼと彼岸花の作り出す金と紅の風景は本当に美しかった・・・(≧∇≦)ノ彡
平日でしたが観光客も多くて――もちろん、カメラマンも多数。あちこちで、「いいの撮れた?」という問いに、興奮ぎみに「うん!」「撮れた!」と応える声が聞かれました。
ふつう、「いい写真が撮れた」と自分ではなかなか言わない(言えない)ものだと思うのですが、あれはやっぱり風景の見事さのせいですね。なんか、撮れた気になってしまうのですね。
私も結構思ってましたもの――帰って来てPCに映してみて意見も変わりましたが・・・^^;。
(よかったら「そらはな」の写真も見て下さいね♪ コチラ。)


Inabuchi05


いつまでも眺めていたかったし、まだまだ撮り続ければもっともっといい写真が撮れるような気がして、あっちへこっちへとウロウロするうちに、またもずい分と時間が経ってしまいました。
いいお天気でこの日も結構暑かったし、おなかも空いてきたし他のところもちょっと回ってみたいし、で、名残りは尽きぬ稲渕を後にしたのですが、あー、ほんっと、もっといたかった。

春の菜の花とレンゲ草の優しい風景も美しい。
そして秋の稲穂と彼岸花の強烈な色彩の風景もまた美しい。
本当にいいところですねぇ、稲渕。

春にもまた来よう、秋にももちろんまた・・・と、うるうる感動をかみしめながら、帰りはラクチンな石舞台への下り坂を自転車飛ばしたのでした。

ちょっとだけ枚数多め・・・「そらはな 紅!碧!金!」はコチラ
京都・奈良旅INDEX 2011はコチラ



webcitron01.gif

助けあいジャパン



甲状腺の検査は一生続けるとか。
  そのストレスを思うと、いまさらながら原発事故の重大性が
  恐ろしい。



関連記事
tag: 2011年初秋・奈良 曼珠沙華 明日香 
  1. 2011/10/09(日) 22:30:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1350-45b7182c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

すごく素敵です!!
ほんまに美しい風景ですね。
そらはなのお写真、どれもむっちゃいい雰囲気^^
お写真からも興奮が伝わってきます。
稲渕ののぼり坂を自力で頑張られた甲斐がありましたねぇ。
飛鳥駅から石舞台を経由せずに稲渕へ出る、車の少ない道がありますよ。
で、石舞台の方へ下っていく道が。
今度来られるときに、お教えしますね(笑)


  1. 2011/10/10(月) 17:01:43 |
  2. URL |
  3. ばなな #WWUbbALw
  4. [ 編集 ]

こんばんは

稲渕いいですね~。
彼岸花と稲穂は最高の組み合わせだと思います。
やっぱり行けばよかったよ(T_T)
秋晴れのいい天気の日に、わたしも自転車でまわりたいです。
もちろん電動でね^^
  1. 2011/10/10(月) 23:11:59 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

ばななさん、

テレビや写真集で見る美しい風景の多くは、自分で行くのは無理だったり、難しかったりする場所のものなんだけど、時々はふつうに行ける場所にも、うっとりする景色があったりするんですね。
稲渕の花咲く棚田の風景は、そんな景色のひとつだと思いました。

レンタサイクルだと、8:30~17:00という時間の制約が苦しい。
朝焼けや夕焼けの風景は時間外・・・(T_T)。

にしてもっ。
教えて教えて。その道~。
  1. 2011/10/11(火) 21:36:08 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

belfastさん、

>やっぱり行けばよかったよ(T_T)

やっぱり行ってよかったよ(≧∇≦)ノ彡
京都におすまいのbelfastさんといえども、季節の風景は来年のシーズンにならなければ見られませんもんね~♪
(やたら大きな態度・・・。ふだんどんだけ羨ましがっているのだか。)

>もちろん電動で

はい!もちろんもちろん!!
  1. 2011/10/11(火) 21:41:07 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

秋は、こんな感じなのですね~
美しい日本!
電動がなくて残念でしたね・・・
次回は事前予約が必要??
明日香、春も秋もいいですね
また行きたくなった。。。
  1. 2011/10/12(水) 01:02:55 |
  2. URL |
  3. にいやん #195Lvy4Y
  4. [ 編集 ]

きれい~!

そらはな、うっとりしました。
赤がきれいですね。

Mikiさんの写真見たら、めっちゃいきたくなりますわ~。
奈良から貢献賞もらってください。奈良代表:ばななさんから^^
  1. 2011/10/12(水) 20:17:19 |
  2. URL |
  3. eikita #00emno3s
  4. [ 編集 ]

にいやん、

>美しい日本!

という気分でした、ホントに。
春も秋も大変美しいと思うのですが、秋に軍配を上げる人の数が多いとみえて、春に訪れた時よりはるかに多い人出でした。

電動自転車、レンタサイクル屋さんのおばあさんに、「予約してね」って言われました^0^;。
来月も、またちょっくら奈良にお邪魔しようかな~♪
  1. 2011/10/12(水) 22:40:48 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

eikitaさん、

「そらはな」の方も見てくれてありがとねー。
写真ももっと上手くなりたいよ~。

いやー、あれだけ美しい日本の風景を見せてもらえて、私の方こそ奈良に感謝です。
京都にしろ奈良にしろ、ほんと、歴史の趣と自然の美しさと、重層的な素晴らしさに満ちたとこだなぁ。

ばななさんには、道を教えてもらおうかなー。
  1. 2011/10/12(水) 22:47:32 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する