本と旅とそれから 新参者/東野圭吾

本と旅とそれから

新参者/東野圭吾

うちの図書館は普通の開架式図書館ですが、最近、東野圭吾さんの棚だけは「一部の本はカウンターで保管しております。ご覧になりたい方はお申し出下さい」ということになってしまいました。
うかがえば、開架にしておくと本が「なくなってしまう」からだとか。

なんちゅこっちゃ。

読みたければ、棚に並んでいる本は無料で貸してもらえるというのに、なぜわざわざ盗まねばならぬのやら。書店から盗むのならまだしも(いやいや、いけませんよ、もちろん)、図書館からというのは、何とも理解に苦しむ行為です。
「新参者」
新参者/東野圭吾(講談社)

カウンターに申し出ると、東野作品のリストを見せてくれて、そこから選んでお願いすると奥から本を持ってきてくれるのです。
とりあえず何冊か頼んでみたところ、市内の別の館に行ってしまっているため今、こちらにないんです・・・と、申し訳なさそうな図書館員の方が、「新しいところでは、このあたりならあるんですけど」と持ってきて下さったものの中から、「あ、これドラマでやってた」と、かなりテキトーな理由で読んでみることにしたのが本書。

やってましたよね、ドラマで、これ。阿部寛さんが主演だったんじゃなかったかしら?
ドラマはまったく見たことがなかったため、「新参者」という単語から、新入りが新しい組織や集団でいじめられる、でも頑張る、みたいな話なのかとぼんやり思っていましたが。

全然違いました。
それに、これって、シリーズの中の1冊なのですね。刑事・加賀恭一郎を主役とするシリーズ、何冊か出ているんですね。ほかのもゆるゆる読んでいこうかしら。

なんとなく面白かったんです、本書。
東京の人形町を舞台に、とある殺人事件の捜査・・・聞き込みっていうのかな、それを進めていく加賀刑事と、彼が接触する地元の人々の人間模様が、短編集に近い形で収録されています。
それでひとりひとり「関わりはあったがシロだった」となっていって、最後に犯人がつきとめられます。

といっても、関係者は順々にひとりずつ紹介されていくので、読み手に推理の余地はなく、推理小説ではありません。まあ、ある意味淡々と、人形町界隈をてくてくと歩き回って人々の話を聞いていく加賀刑事の捜査に同行しているような目線で事件の解明作業を追っていく感じです。

あ、何が「新参者」かといえば、この加賀刑事が、今回の事件の担当である日本橋署にやってきたばかり、ということなんですね。
でもどうやらこの彼、どこにいっても自分のペースをくずすことのないタイプの人のようで。
余裕綽々。羨ましい。
刑事としての実力が高いからこその余裕というわけで、これまた羨ましい~。

人形町といえば日本橋のすぐ隣、といってもあまり行ったことはないのですが、何となく想像はつくような場所です。昔ながらの小さな店が並ぶエリア――絶滅危惧種みたいなところでしょうか。
そんなところだからこそ、こんなふうな形式の小説が出来上がった、みたいな。

この加賀刑事、茫洋とした雰囲気で、ちょっと無機的な雰囲気すら感じます。
まあ、小説の中では狂言回し的役どころなんですね。彼自身は無職透明で、彼に事情を訊かれる地元の人々が様々な色合いを見せる。これといって劇的な人物がいるわけでもなく、それでもひとりひとりにそれぞれの物語がある・・・のんびり読んで、何だかひきこまれます。

毎回カウンターでリストを眺めるのもかったるいから、PCから予約を入れて借りることといたしましょう。
こまったもんじゃ。

webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 東野圭吾 加賀恭一郎シリーズ 
  1. 2011/11/13(日) 22:30:00|
  2. 2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1359-86570b08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

図書館でなくなるとは

東野圭吾さん、人気があって困ったことになっているんですね。
盗まれるというのは嘆かわしいですね。

私はドラマで見ていました。

毎回、被害者と接点のある人物が登場しては、犯人ではなかった…と肩透かしがありながらも、そのサブキャラの別の問題を加賀さんが解決していくサイドストーリーの部分が好きでした。

推理ものというより、ヒューマンものとして面白く見ていました。

「赤い指」という続編のドラマも面白かったですよ。
  1. 2011/11/27(日) 00:00:46 |
  2. URL |
  3. 創 #no8j9Kzg
  4. [ 編集 ]

創さん、

こんばんは^^。

TVドラマ版、ご覧になったんですね。
私も、今は見てみたいです。再放送ないかな~。
確かに、原作も、推理ものというよりはヒューマンドラマな感じです。
今、最新作の映画版が話題ですよね。

私はさかのぼって、シリーズ第1作を今読んでます。
加賀刑事がまだ大学生の頃の話です。「新参者」ではちょっと一匹狼みたいな雰囲気の彼が、大学では仲良しグループの一員なのが、意外です。
・・・といっても、性格はその後の彼を予想させますけど。

にしても、ホント、図書館の本は返さないといけません!
  1. 2011/12/01(木) 00:11:11 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する