本と旅とそれから あやつられ文楽鑑賞/三浦しをん

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あやつられ文楽鑑賞/三浦しをん

本書は小説ではありません。ありません、が!

面白かった~~(≧∇≦)ノ彡!
今後は、好きな作家を尋ねられることがあったなら、三浦しをんさんと言うこととしまっす!
「あやつられ文楽鑑賞」

あやつられ文楽鑑賞/三浦しをん(ポプラ社)

ブログを書く時ぐらいしか、「文章」というものを書くこともない私が言うのも無意味って感じですが――でも言っちゃうと、私が「こんな文を書けたらいいのにな」と思うのは、三浦しをんさんの手になる文のようなものです。つまり、三浦さんの文は私にとって憧れ!
ちょこっとですが、「あっ、この口調(文調?)、もちろん真似したわけじゃないけど、私も似た感じで書くことあるワ!」なんてところを見つけてウヒャヒャと喜んだり。

本書は三浦さんの文楽ラブ・エッセイ。
「仏果を得ず」を読んだ段階でかなり予想できたことですが、三浦さんはどっぷり文楽ラブな方。
その熱心な文楽ファンぶりが炸裂する1冊です。

でも、どれだけ熱心に何かのファンでも、その「何か」の魅力や、自分の情熱についてすっきり文章にしてみせることってなかなか出来ないと思うのですね。
それがこの本を読んでいると、私までぐいぐい文楽を好きになってきます。ちなみに私は、恥ずかしながらまだ一度も文楽を見たことがありません。生もないけど、TVでもちゃんと見たこともありません。

そういえば、元日の午前0時過ぎにNHKで見たさだまさしさんのトーク番組の冒頭で、なぜか文楽がありました。三番叟。「仏果を得ず」に、文楽の上演は常にこれから始まる、とあった(ような記憶がある)演目です。物事の始まりを祝福するような演目らしいですね。
・・・そのくらいしか思い浮かばないほど文楽を知らない私が、ほとんど写真もない本書で、三浦さんの楽しい観劇記録や作品解説、関係者インタビューの様子を読んで、今は「見たい見たい文楽見たい」な気になっているのです。

とことん口語調の文章がまず楽しい。だらしなくならない程度にくだけております。
テンポがよくリズムもよい。これは「仏果を得ず」もそうでした。「まほろ駅」は、テンポという点ではそれほどではなかったのですが、それはそれで作品世界に合っていたと思います。
大好きな文楽の上演を見に出かける時の心はずむ楽しさ。憧れのスターさん(大夫さんとかね)にインタビューする時の、嬉しさと緊張のミックスされた気持ち。そしてまた、文楽について書かれたとある本を読みながら、その書き手にどっぷり感情移入する時の本読みの楽しさ。

そうしたことが、びんびん伝わってきます。何と巧みなことでしょうか。

主観的な気持ちの描写だけじゃないんです。
文楽の鑑賞眼がまたすごいのだなぁ。この辺が、物書きを生業とされる三浦さんの、教養の深さというか分析的思考能力の高さというか、とにかく「きゃーきゃー言ってるだけじゃない」厚みを感じさせます。
登場人物の心理分析だったり。原作者・近松門左衛門の意図・手法を推測したり。

彼女が一流の文楽関係者の方々に話を聞く時、相手となる大夫さんたちも、きっと彼女の理解の深さに、嬉しい思いがしたことでしょう。時々、深く考えすぎた問いを発して、返って来た答えのあまりのあっさりさに驚く、なんていうところもまた楽しいんですが。

でまた、それをちっとも堅苦しくせずに、「きゃーきゃー言ってるだけ」みたいにさらりと読ませてしまうところが好もしいんですねぇ。
・・・実際、ミーハーな行動にはしられた局面もあるにはあったようですけど^^;。

今年中に文楽見に行ってみたいよぅ。
できることなら、本書に紹介されていた演目のどれかがよいなぁ。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 三浦しをん 
  1. 2012/01/15(日) 22:30:02|
  2. 2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1384-f7b08d6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

わたしでも

文楽好きになれるでしょうか~?
この本読み易いんですか。
文章を書くのが苦手なので、このような本を読んで
少し勉強でもしましょうか。
そうしたら、もう少しわたしのブログの文章も上手くなるかもね~(笑)
  1. 2012/01/20(金) 23:57:53 |
  2. URL |
  3. belfast #-
  4. [ 編集 ]

belfastさん、

belfastさんの文章、少なくともブログで拝見する限り、何もまずいところはないと思うんですけど・・・?
それに、写真も雄弁ですしね^^。

文楽が好きになれるかどうかは――何しろ私も、まだ文楽見たことないものですから。
まず、ワタシが、実際に見て好きになれるものかどうか、試してみませんことには。
見に行きたいんですよねー。文楽。
  1. 2012/01/21(土) 15:02:32 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。