本と旅とそれから 極北ラプソディ/海堂尊

本と旅とそれから

極北ラプソディ/海堂尊

んもー!相変わらず面白いィィィィ。

海堂さんの小説はどれも大変面白いのですが、たとえば「イノセント・ゲリラの祝祭」みたいに、「海堂さんにしてはイマイチ」と思うようなのもあるにはあるのです。

そゆ意味では、この1冊は、海堂作品の中でも殊更に面白うございまする!
しばしすべてを忘れて、北海道の財政破綻の地・極北市に心が飛びます。
「極北ラプソディ」

極北ラプソディ/海堂尊(朝日新聞出版)

飛ぶ、といえば本書では、極北市の隣の雪見市にある救急センターに配備されたドクター・ヘリが大活躍します。

スキー場で発生した表層雪崩。大怪我をした患者は、今すぐ病院に運ばなければ助からない。ドクター・ヘリに出動が要請されるも、夕暮れが迫り、かつ天候は急速に悪化。ヘリが飛ばなければ怪我人は助からない、しかしヘリは飛べるのか・・・!


うっきゃー(≧∇≦)ノ彡。
いや、そりゃ、小説の展開的には上手く行かないわけはないんだけど、その十分すぎるほど予想される結果にもかかわらず、読み手はどきどきわくわくするのです。

本書は、「極北クレイマー」に続く物語。
海堂さんの作品世界は、本は違っても同じくひとつなのですが、桜宮市が舞台の、ぐっちー&白鳥コンビを中心に展開する作品群と、北海道の極北市を舞台とするものに分かれてきたみたいですね。

桜宮市の東城大付属病院(だったかな?)であれこれ物語に登場した後、これまたあれこれあって極北市に行くことになったドクターたちが、今度は北の大地で大暴れ、ということです。
――主として、Dr.速水とDr.世良ですが。

「ジェネラル・ルージュの凱旋」の最後で極北市にいわば「飛ばされた」Dr.速水に、次はいったいいつになったらお会いできるのかと思っていましたが、念願かない、今回ようやく再会。
なんか、桜宮にいた時より一層「らんぼー」になった感じなんですけど・・・?

が、今回の主役はDr.世良。
「ブラックペアン」、「ブレイズメス」では駆け出しのペーペー医師で、きょろきょろあたふたするばかりだった感のある世良クンでしたが、後に極北市に現れた彼は違う人間になっていました。一体彼をこう変えたのは何だったのか?という疑問(というか好奇心)に、本書はほぼ答えてくれます。
いやぁ、いろいろあったんだナ。頑張ってきたんだねぇ、世良センセ。

一匹狼のうえ放浪狼でもあった彼が、最後に、仲間も伴侶も理解者も安住の地もこれからの生き甲斐もあれもこれも手に入れて、「よかったね、おめでとう、世良センセ!」の、超ハッピーエンドとなる本書。
・・・まあその影で、速水センセは今回は寂しいんですが・・・。
そのうち彼にもきっといいことがあるんじゃないかと。

にしても、物語のあちこちに、これまでの作品の主役級がちょこちょこと顔を出したり、名前だけ出てきたりするのが、海堂作品の新刊が出るたびに忠実に読んできたファンには嬉しい。
Dr.清川とか。西野サンとか(名前だけだとわからなかったんですが^^;)。彦根サンとか(彼もドクターでしたっけ?)。

そして、ラストで明暗が分かれましたが、かつては頼りない先輩と優秀な後輩という関係だったDr.世良とDr.速水が、今やどうやら固い信頼関係で結ばれているようなのが、非常に嬉しゅうございました。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 海堂尊 
  1. 2012/01/21(土) 22:30:01|
  2. 2012
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1385-65ccb05b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「極北ラプソディ」海堂尊

赤字建て直しをはかる世良院長、目前の命を必死に救う救急医の速水、孤島の診療所の久世医師の姿をとおして、再建の道をさぐる。メディカル・エンターテインメント第2弾。 物語は
  1. 2013/01/25(金) 17:57:04 |
  2. 粋な提案

コメント

あしあとペタ♪

ご無沙汰です~♪
「極北」面白そうですね!はよ文庫本出ないかな~
  1. 2012/02/18(土) 20:58:51 |
  2. URL |
  3. ぐん #-
  4. [ 編集 ]

ぐんさん、

ここ数日、柄にもなく忙しくしてました。
あしあとありがとさんです^^。

こちらこそご無沙汰しちゃってます。
面白かったですぅ。
  1. 2012/02/21(火) 22:25:05 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

とても楽しみにしていました。
「結局こうなるのかー」という終わり方ですが、今回も期待を裏切られなかったです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
  1. 2013/01/25(金) 18:05:20 |
  2. URL |
  3. 藍色 #-
  4. [ 編集 ]

藍色さん、

そうそう、十分予想範囲内の結末であるにもかかわらず、読み手は満足するのですね。
従来型の時代劇のようでもあるんですが・・・。

TBありがとうございました。
私も送らせて頂きます。
  1. 2013/01/26(土) 20:06:11 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する