本と旅とそれから 南極。/京極夏彦

本と旅とそれから

南極。/京極夏彦

うぅぅぅぅ・・・。

つらかったです、この本を最後まで読み終えることが。
文庫とはいえ全733ページ。
途中、「どーせ図書館から借りた本なんだし、もうやめちゃおうかな」と思いましたが・・・。
「南極。」

南極。/京極夏彦(集英社文庫)

その思いが明確になった時点ですでに400ページほど(確か)読んでいたのと、何より京極さんの本だったことがあって、ぐっとこらえて最後まで読みました。
ものすごく改行の多い小説だったので、ページ数をこなすこと自体は簡単で、(私にしては)そう長い時間をかける必要もなかったんですけど。

・・・けど。


しっかしィ~。

我慢して最後まで読むって、全然娯楽性なしですね。
実に久しぶりに手に取った京極作品がこれってあまりに悲しゅうございます(T_T)。ホントに。

京極堂シリーズ(・・・という名称ではどうやらないんですが)にハマっていた頃は、好きな作家さんはと問われて思い浮かべる名前の中に必ず入っていた京極夏彦さんですが、昨今はとんとご無沙汰しております。
京極堂シリーズの新しいのも出ませんし。シリーズの新しい方は、初期の頃の重厚さが薄れてきていたようにも思いますし。
ちなみに、「鉄鼠の檻」は、今でも大好きな本のひとつですが。

本書はギャグ小説、というようなものだそうで。
そのこと自体は、書店で裏表紙の説明を読んでわかってました。
ただ、ギャグの中でも「ナンセンス」・ギャグなんだとは知りませんでした。

ん~、まあ、ギャグそのものにとんと疎い私には、ただのギャグと、ナンセンス・ギャグが違うのか同じなのかすら、考えてみたらわからない。
ただ私は、「ナンセンス」と付くあらゆるカテゴリーがかなり苦手です。
ナンセンス小説なんてのもあったと思いますが(苦手のためか、すぐに具体例が浮かびません)、これも、何かの気紛れでなければ手は出しません。

そもそも私って人間は、笑いの幅がかなり狭いかも、ですね。
TVのお笑い番組も、基本、苦手です。
お笑い芸人さんたちの名前も、ぜんっぜんわからない。一発芸と呼ばれるものにも理解ないし。

といっても、漫才という話芸を否定してるつもりはなくて、「漫才を聞いて(見て)大笑いする」というシチュエーションへの憧れは結構強いように思ってるんですが・・・。
なのになかなか笑えないんですよね。

何で笑えないのかと考えるに・・・「こゆこと言ったら聞き手は笑うだろう」という話し手の意図が透けて見えるように思えて笑えない、とか。これは、その意図に反発するというよりは、興醒めしてしまうんだと思います。
これを感じさせずに笑わせてくれるような漫才が聞きたいです。
落語(たまにしか聞きませんが)だと笑えるんですけどね。場合によりますが。

あとは、下ネタが多すぎると辟易する、とか。三浦しをんさんのエッセイもかなり下ネタがあるといえばあるんですが、そうはいってもやはりそれなりのレベルが保たれていると思うんですね。それを超えてしまうと、「もう尾籠な話題はたくさんです」って感じ。
痛いネタもイヤ。殴る蹴るが毎ページいくつも出てくるのはうんざりです。これも、たまにだったらさらっと読めてしまうんですけど。

と挙げてくると、まあそもそも本書を読み始めたのが間違いだったという感じです。
三浦さんとか伊坂さんの笑いは楽しめても、「南極。」の笑いは笑いとして楽しめませんでした。
ボリュームがありすぎたのも原因かも。同じような笑いでも、薔薇十字探偵の関係だと結構笑って読んだ記憶がありますから。全編通して同じようなギャグが続きますんで・・・「南極。」。

それにしても・・・ええ。
ハラ立ったくらいです。
かなうことなら、この本を読むのに費やした時間を取り戻して、別の本を読むのに充てたい。
いや、居眠りするのに充てるのでもかまいません。

やれやれ。

webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)



関連記事
tag: 京極夏彦 
  1. 2012/02/07(火) 22:30:02|
  2. 2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1394-1e97af26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

これはもう関西に移り住むしかないようです。
なにせどんな場面でも笑いの要素が含まれてますから(爆)
慣れるまでは少々疲れるかもしれませんがね(笑)
まあそんなことはともかく
笑いたい時は何も考えないで、漫才でも落語でも見たほうがたのしめますよ。
  1. 2012/02/15(水) 00:28:56 |
  2. URL |
  3. belfast #-
  4. [ 編集 ]

belfastさん、

お返事、大変遅くなって申し訳ありません<(_ _)>。
14日から「しゅっちょー」ちゅものに出ておりました。
ホントごめんなさいね。

出張中、同僚のひとり(大阪出身者)に「LMさんとならアタシ、漫才コンビ組めそーな気がする」と言われました。
光栄なことでござります!
アタクシは、素人さんからのお笑いビデオ特集番組みたいなのが結構好きです~。
  1. 2012/02/21(火) 22:22:24 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する