本と旅とそれから 絆回廊 新宿鮫X/大沢在昌

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

絆回廊 新宿鮫X/大沢在昌

最初に申しあげておきますと・・・おそらくワタクシ、ネタバレへの配慮皆無で泣いたり喚いたりするものと推測されますのでご注意下さいませ。

書店の店頭で見つけ、あたりをはばかりもせず「どわっ!出ていたのっ?!」と叫び、すぐさま店から走り出て、図書館にオンライン予約を入れた、「新宿鮫」最新刊。
これで区切りの10巻目。

だからかどーかはわかりませんが――ふぇぇぇ~ん!つらい展開でしたっ(T_T)(T_T)。
「絆回廊 新宿鮫X」

絆回廊 新宿鮫X/大沢在昌(光文社)

もう1度書いておきますと、以下思いっきりネタバレです。

桃井課長が死んじゃった~~!
死んでしまった課長自身もお気の毒ですが、課長という存在を失った鮫島警部はたぶんもっと可哀想。彼の失意と寂寥感を想うと、読んでて大変やるせない思いでした。
その後、新宿署の上層部が鮫島さんにとても同情的な姿勢を見せてくれたことがせめてもの救いです。


あーそれにしてもー!
殺さないで欲しかったです~、大沢さん・・・。
警察組織の中で一匹狼的存在の鮫島警部(一匹狼の鮫って、表現的にちょい違和感ありますが)にとって、ほとんど唯一と言っていいような真の理解者だった課長だのに。

課長自身が悲しい過去を背負っていて、現世の楽しみをもうすべて放棄したかのような日々をおくりつつも、警官としての使命感を失わず、戦う新宿鮫の背後をがっちり守ってくれていた人だったのに。

うぅぅぅ~、かちょー。

課長が殺される(まあ半分事故みたいなものなんですが)ところは、キルヒアイスの最期(「銀河英雄伝説」)の場面をちょっと想起しました。
自分の命を賭してでも守りたいと思っていた人をあっけなく目の前で失ってしまう、あまりにも悲しい情景。あの鮫島さんが泣くんですもんねぇ。

警官が出てくる小説やドラマはあれこれあって、私の大好きな「相棒」などもそうですが、私の読んだり見たりする警察モノの多くは、殺人事件が起きた後で主人公の警官たちが犯人捜しをするパターン。
新宿鮫ほど暴力団やらマフィアやらがどしどし出てくる小説は他に読んだことなくて。

暴力団は怖いです。
小説に出て来る暴力団だってすごーく怖いけど、ニュースでたまに報じられる暴力団がらみの話は、気分が悪くなるくらいひどくて怖かったりします。ああ、やだやだ。

そんな恐ろしい存在に単身立ち向かう新宿鮫の姿は、まさに現代のヒーロー。
確かかつて舘ひろしさんの主演でTV化されたことがあったような。私は見てないんですが、そう聞いているので、頭に思い浮かべる鮫島さんの姿は、かなり舘ひろしさん的です。舘さんほど粘っこい口調で喋るとは思ってませんけど。

鮫島さんは、セリフも比較的短いし、乱暴ではないけれどどちらかというと無愛想な喋りをする人なので、読んでいてちょっと気分的に寒いんですが、それでも何だか引き込まれるんですね。
日本人ヤクザだけでなく、中国マフィアも関わってくるので、どこの組の誰がどーしたこーしたと、人間のつながりをしっかり把握するのが面倒なんですが、まあ私なんぞは、その辺はかなり適当に、とにかく鮫島警部の寝る間も惜しんでの精勤ぶりを追いかけております。

桃井課長ばかりでなく、今作の鮫島さんは、恋人・晶とも別れることになってしまうし。
心が離れたわけでなく、彼女がリーダーを務めるバンドのメンバーに麻薬使用で逮捕者が出てしまったために、警官である鮫島さんとの関係を続けていくことができなくなるからなんですが。
寒すぎる~。新宿鮫はこれからどうなっていくのか。ああ、早く次を書いて下さいよぅ。

新宿は、私にとって現在一番馴染みの深い東京の繁華街。
鮫島さんは、私と同じ西武新宿線沿線在住ですよ(といっても、彼は東京23区内、私は埼玉県ですがっ)。
物語の舞台が身近っていうのも、親しみが増す要因かも。
新宿御苑で死闘が繰り広げられるっていう話もあったわね。それを読んだ当時はあまり新宿御苑のことを知らなかったのですが、その後写真を撮りに何度も訪れて、後から「をを、あそこのことだったか」と思いました。

よし。決めたぞー。
10作目が出たのを機に、近々、新宿鮫シリーズ全巻再読にとりかかることとしよう!
ちょっとわくわく♪


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 大沢在昌 新宿鮫シリーズ 
  1. 2012/02/29(水) 22:30:02|
  2. 2012
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1399-a5123fb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大沢在昌 「新宿鮫X 絆回廊」

JUGEMテーマ:読書感想文    ◆新宿鮫 シリーズ    警官を狙っている男の情報から中国経由での   麻薬取引ルートを発見したことにより命を狙われる鮫島。   そして恋人の青木晶のバンドから?...
  1. 2012/03/28(水) 08:56:15 |
  2. こみち

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。