本と旅とそれから 天国旅行/三浦しをん

本と旅とそれから

天国旅行/三浦しをん

暖かくなり、京都に行ったり写真を撮ったりするようになったら、思った通り本読みのペースはスローダウンしてきました。格好の本読みタイムであるはずの電車中の時間を、寝てすごしてしまう・・・^^;。

が、私の都合などもちろんおかまいなく、世の中には魅力的な本が次々と登場してくるのでした。
まあ、その多くが、図書館から貸してもらえるまでに最低数週間かかるのではありますが。
「天国旅行」

天国旅行/三浦しをん(新潮社)

何となく、タイトルからお気楽なテーマの本かと思ったのですが、いやいや、本書に収められた中編すべてに共通のテーマは「心中」^^;。
最初の1篇は、どこぞの樹海に入って行って自殺しようとしたおじさんと、彼がそこで出遭った若者とのお話。この1篇は、ハッピーエンドとまでは言わないものの、かすかな光が射すようなエンディングでした。なので、全編そうした路線なのか、と、期待も込めて思ったのでした――が。


三浦しをんさんの作品って、ありがちなハッピーエンドにならないってことはもちろん、ハッピーなのかアンハッピーなのかよくわからないエンディングの作品も多いように思います。さらに本書の中編の中には、かなり悲惨に終わる話もあるのでした。

読後感は、そりゃまあ、悲惨な結末のお話の場合は寒々しいものですけど、それでも私は、三浦さんの恋愛小説よりは、三浦さんの「心中」小説の方が好きな気がします。
どういうわけかは自分でもよくわかりませんが、なんか、面白いんですよね。興味をひかれるというか。

ただ――んーっと、やっぱり長編の方がいいです。
中編がつながって全体としてゆるく長編、みたいなのはいいですけど、まったく関連のないお話が収録された中編集というのだと、なんか、ひとつひとつが印象薄いような。この後、10冊ぐらい本を読んだ後にこの本のことを思い出しても、ストーリーを覚えているものがあるかどうか、まるで自信ありません。
・・・私の記憶力の問題かも知れないけど~。

それなりに興味深く、楽しんだのではありますが。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 三浦しをん 
  1. 2012/05/07(月) 22:00:02|
  2. 2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1431-219923c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する