本と旅とそれから 洛西の桜②≪佐野藤右衛門邸、宇多野ユースホステル、清涼寺≫

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

洛西の桜②≪佐野藤右衛門邸、宇多野ユースホステル、清涼寺≫

佐野藤右衛門邸01


それから嵯峨野サイクリングへ♪
方向オンチの私ですが、まあ何となく嵯峨野あたりの地理もわかってきたわね?・・・たぶん。
大覚寺の前を通り、広沢池の広々とした風景に感動しながら、ぶんぶんこいで宇多野へ。
桜守、佐野藤右衛門さんのお屋敷にやってきました。

しかし――法輪寺で見たあの見事な青空はどこへ行ったの?
空が青くない――白くて・・・ちょい暗い・・・。
こうした天候を「曇り」というものだと思っていたのですが、黄砂だというお話も。
どちらにしても、明るい青空は見られなくなっていたのでした(T_T)。


佐野藤右衛門邸03


通りから入ってすぐの場所に立つ、見上げるような大きな木。何本か立っているのですが、いずれも薄いピンク色で、儚げといいますか、何だか透明感のある桜なのでした。

2年前の春、青空の下で訪れた時の様子は►コチラ


佐野藤右衛門邸02


少し奥の、背の低い、紅色の濃い桜がさかんに咲いていました。

でも・・・今あらためて振り返ってみると、初めて訪れた時と比べて、あまりじっくり桜鑑賞できなかったように思います。このあとどんどんお天気が悪くなってきたらどうしよう、と気が焦っていたからかな・・・。自転車は雨に弱いです。

今でも、感動をくれる桜のお庭には違いないのですが、時間が経って、あの場所の雰囲気も、それを見る私の受け止め方も、少し変わったのかも知れません。


宇多田ユースホステル


それからさらに自転車をこぐ。

嵯峨野の奥、というより、これはすでに仁和寺の方に近づいて行ってますね。
立派な桜の木(▲)があるという宇多野ユースホステルは、花を目当てに訪れる人々に、お花見開放してました。
登り坂を自転車こいで(最後は押した・・・^^;)汗だくになったので、食堂でジュース買ってひと息。

でもまあ・・・ここの桜ぐらいなら、京都はあちこちにあるんでないかい?
などと、タダで見せてもらったくせに失礼な感想を抱いてしまいましたよ。すいません。

そしてそこから引き返して清涼寺へ。
途中、広沢池の畔に自転車をとめて写真を撮ってみたりもしたのですが、曇りの日に空の入る写真は、やっぱり「やがてゴミ箱行き」が多うございます。


清涼寺


さて、なんで清涼寺かっていえば、境内の茶店に入りたかったからなんですけど。
喫茶の話題については、いずれまとめて。

清涼寺、または嵯峨釈迦堂は非常に由緒あるお寺ですが、なんだかこうワタクシ、いつ訪れても「見るべきものを見逃している」感にとらわれます^^;。
原因は不明です。

自転車で回った先の写真を、まとめて「そらはな」にUPしてあるので、どうぞ~<(_ _)>。

「そらはな」


京都・奈良旅INDEX 2012



ドナルド・キーンさんのインタビュー番組に感動。
大震災を機に、日本に「帰って来た」と語っておられました。

「東北関東大震災」支援クリック募金



関連記事
tag: 2012年春・京都 
  1. 2012/04/30(月) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1441-68d9638c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。