本と旅とそれから 忍びの国/和田竜

本と旅とそれから

忍びの国/和田竜

「のぼうの城」につづく和田竜さん第二作(前に違う作家さんと間違えたけど、今回は確実)。
「のぼうの城」は、時代小説なんだけど独特の空気感みたいなものがあって、面白いしちょっと不思議な雰囲気の作品でした。

本作は、タイトルからもわかるように、忍者モノ。
忍者のふるさと、伊賀の国を攻める織田信雄軍と、守る伊賀忍者たちの攻防が描かれます。
X120601.jpg

忍びの国/和田竜(新潮文庫)

ワタシ的な結論から先に言うならば、「のぼうの城」の方が面白かった。あ、でも今作も別につまらなかったわけじゃありません。
「のぼうの城」と同じような、何ともいえない飄々とした雰囲気はここにも漂っていたと思います。
すごくさらっとしてるんですよね。
とことん執着したり、くよくよ悩み続けたりということがほとんど描かれない。


そういえば「のぼうの城」でも、主人公に密かに思いを寄せる、美人だけれどお転婆なお姫様が登場しましたが、彼女は結局最後は秀吉の側室になってしまいます。ふつうなら、無念、可愛そうって感じで、実はいつまでも主人公のことを思い続けました、ああ切ない、ってことになりそうなものですが、全然そうじゃなくて、その後彼女はどうやら秀吉の側室としてそれなりに愉快な人生をおくったように描かれていました。

とことん明るい――というのも違うかなぁ・・・。

最初のうち、なんだか読んでいて焦点が合わないような感覚がありました。
登場人物たちのうち、誰に感情移入しながら読んでいこうか、決められないんです。作者はいったい、この物語の主人公を誰に設定して書いているのか、なんだかわからない。
読み終えた今でも、はっきりとはわかってません。
もしかして、作者は特に「主人公」を決めてなかったのかも、とも思えます。

一番目立つ人物としては、織田側の武将・日置(へき)大膳と、伊賀の下人・無門の二人。
その次ぐらいに織田軍大将の信雄や元伊賀者の柘植三郎左衛門、後に大泥棒・石川五右衛門となる伊賀の下人・文吾あたりがいるのですが、うーむ、無門かなぁ、主人公。

たぶん、文庫版の表紙の顔は無門だと思うのですが。

忍者って、どうやらよっぽど人間的な感情を超越している人々らしいですねぇ。以前、司馬遼の「風神の門」でもそんなふうに描かれていたという記憶が。人同士の愛情は忍者の能力を損なうと考えられていたようだし、そもそも忍者は、仕事のたびに金で雇われるいわば傭兵なので、主君への忠誠心というものがまるでないんですね。

まあ後者については、現代ではさほど大きな違和感はない気もしますが、お家のために殺したり死んだりすることが日常茶飯事(かどうかまではよくわかりませんが)だった武士の時代には、よっぽどヘンな奴ら、あるいは見下げるべき奴らと見られていたんでしょうね。
もと忍者の柘植三郎左衛門が、武士に転じた後も織田勢の中で白い目で見られていたというのがその辺りの話です。

こうしたメインの登場人物たちは、何だかいつも冷めています。
無門も文吾も、自分の腕を信じているってこともあるでしょうが、戦場で隣りの人間が殺されても、「あらあら」って感じで呑気なんだもの。セルフコントロールできてるのかしら。それっていかにも忍者ですね。
忍者たちのセリフがときどき極端に現代口語調なのも、面白くもあり、妙でもあります。

うーむ。
そうしたあれこれが全部集まって、この作品世界の独特の雰囲気が出来上がっています。
興味深くはあるのですが、好きかと問われると、「まだよくわからない」というところでしょうか。

巻末に、故・児玉清さんの熱烈な称賛解説が収録されていますが、残念ながら私はそこまで思い入れて読むことはできなかったかなー。
でも、次回作も是非読んでみようと思ってます。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 和田竜 
  1. 2012/06/16(土) 22:00:00|
  2. 2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1466-a958a7c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する