本と旅とそれから 神苑の藤≪春日大社・萬葉植物苑)≫

本と旅とそれから

神苑の藤≪春日大社・萬葉植物苑)≫

春日大社01


旅の初日、石楠花の美しい室生寺を去り難くてついぐずぐずとしていたため、その後奈良(駅)にやって来たのはすごく半端な時間でした。やっと春日大社の近くまで来たとき、万葉植物苑の呼び込みのお姉さんに「藤、満開です!万葉植物苑いかがですか?」と声をかけられました。
え、満開、そりゃいいわね!と思ったけれど、その時はすでに閉園30分前ぐらいだったので「全然足りん」とその時は見送りました。
で、その日は春日大社入口の藤など眺め(超ロング)、奈良公園をウロついて帰って来たのでした。
でも、やっぱり藤を見たいな~と思ってましたので、旅の最終日に再び南都を訪れました♪


春日大社02


先に言っちゃいますと、実はこの旅の初日が、開花具合としては今年ベストだったようなのです。
後で出遭った地元のオジサマ(何度も行かれているそうで)に、「3日前が最高だったよ」と言われてしまいました(T_T)。
でもどーせ旅行初日はGW中ですごい人出だったに違いないし。いーよいーよ、ぐっすん。


春日大社03


てなわけで、最終日。
開苑前から門前で待ち受けて、一目散に藤苑へ♪
うわ~ぃ!すごいです~!ベストじゃなかったのかも知れないけど、どっちにしろあたしゃここ初めてだから比較対象ないし!


春日大社04


ををを、藤色だけでなく、白い藤もいっぱいあります!ピンクも。
そして、すごく趣に富んでおりました。流れあり、橋あり、鯉もおり。
藤というと、見上げる高さの藤棚をイメージしがちですが、こちらの植物園では立ち木造りといって、もう少し低いところに棚が設置されていて、鑑賞するうえでも写真撮るうえでも嬉しいのです。


春日大社05


最初のうちは、まだ訪れる人もほとんどいなかったので、静かでもあり、すごく素敵でした。
1時間ぐらいすると賑わってきて「ふつうの観光名所」の感じになりましたけど。それでもいい感じでしたよー。藤棚の間に渡り板を巡らせてあるんですが、あちこちに「落ちないように注意してね」的な立札があるんです。
落ちる人なんているの~?と、その時は思いましたが、どうやら結構いるみたいですね。あはは・・・って、自分も気をつけよう・・・。


春日大社06


八重の花もあるんですねぇ(▲)。黒龍・・・て名前だったかしら(違うかも)。
八重と一重ってどんな花でもそうかも知れませんけれど、八重は豪華だけれどぼってりと重い感じ、一重は地味だけれどさらりと軽い感じじゃありません?
好みは人それぞれでしょうけれど、そうだなー、私は藤は一重の方が好きかも~。
でも、八重も綺麗でした。


春日大社07


苑内放送によると、今年は「早(め)咲き」の開花が遅れる一方、「遅(め)咲き」は例年通りに開花したため、両方をいっぺんに見られるという、非常に珍しい状況になっているのだとか。
「3日前がベストだった」とおっしゃる方もある一方で、また別の方(デジイチを二機提げておられた)は「今年はいいよ~、毎年来てるけど、こんなん初めて」とおっしゃっていたんです。
今年のベストは3日分はずしたが(しつこい)、近年のベストは当てた、ということにしとこ。


春日大社08


苑内は、なんだかいい匂い・・・。
が、そこで苑内放送がすかさず、「すべての藤が匂うわけではありません」。
なんでも麝香藤というのがあって(たぶんあったんですね?)、それがよい匂いなのだそうです。
どれのことだかちゃんと確かめませんでしたけど~。

そして、ハチがぶんぶん飛んでおります。とてもたくさん。
ここでも苑内放送が「刺しません。心配しないで大丈夫」――かゆいところに手の届く放送です。


春日大社09


春日大社の社紋は「下り藤」。
そのこともあって、万葉植物園では特に藤に力を入れておられるようです。
植物園として丁寧に栽培しておられる一方で、なんとなく野趣もあって、そこが何ともステキ。春日大社や奈良公園は、野生の藤もかなりあるのだそうです。

仙洞御所ではまるっきり藤にフラれましたが、ここ春日大社で素晴らしい藤を見ることができました。
苑内をぐるぐる歩きながらいつの間にか写真も結構な枚数撮ってました。
よかったら「そらはな」にUPしたのも見て下さいね<(_ _)>。

「そらはな」


京都・奈良旅INDEX 2012



震災で打撃を受けた会社が、
活路を求めてインドに進出、というニュースを見ました。
国にしっかりバックアップしてもらいたいものです。

「東北関東大震災」支援クリック募金



関連記事
tag: 2012初夏・京都&奈良 
  1. 2012/06/12(火) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1467-e40ae11f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

こんばんは
見事な藤の花に出会えて
ほんとよかったですね。
ここは藤原氏の氏神が祀られているので
藤の花は大切にされているようです。
久しく訪れていないので
懐かしいいです^^

  1. 2012/06/13(水) 21:08:24 |
  2. URL |
  3. 松風 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。
春日大社では、見事に咲いていたんですね~。
他の場所では、よくなかったですから(/_;)
しかし、ここの藤はすごいですね~。
まだ行ったことがないので
来年の春には行ってみよう。
苑内には、他にどんな花や木があるんですか~?
  1. 2012/06/13(水) 23:46:10 |
  2. URL |
  3. belfast #-
  4. [ 編集 ]

松風さん、

ありがとうございます^0^
京都には京都の、奈良には奈良の美しさがありますよねぇ。
しみじみ。
鹿が思ったように撮れなかったのが残念でした・・・。
初日にちょっと撮って、その時は「うむ!新緑と鹿、いい写真じゃ!」と思ったのに、帰って来て見てみたら、なんだかピン甘でした(T_T)。

藤原の「藤」ですねぇ~。元祖って感じですねぇ~。
  1. 2012/06/14(木) 20:41:20 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

belfastさん、

結局、この時の旅で藤を見られたのは春日大社だけでした。
水道局(?でしたっけ、特別公開される・・・)は、私が行く直前に公開が終わってしまっていましたし。

>他にどんな花

えーっと、あんまりよくわかんないんですが、もらってきたMAPによると、花菖蒲園や椿園が結構広いみたいです。
あとは、万葉集に登場する草木がいろいろ植えてあるみたいです。
でもやっぱり藤がメイン?
  1. 2012/06/14(木) 20:47:26 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

うわ~、綺麗やねえ。

自分が着用するのは得意じゃないけど、藤色もため息が出るほど爽やか。
  1. 2012/06/15(金) 11:27:27 |
  2. URL |
  3. しの #2nAugjbc
  4. [ 編集 ]

しのちゃん、

>着用は不得意だけど

藤色って、着るとこう、老成して見えるっていうか?
そもそも和服っぽいイメージあるし――たしか藤色の色無地は、紋を入れれば喪服としても通るんだったと思う。
柄ものとしても、難しそうだなぁ。
若尾文子さん(←この名前を思い出すのにエラく時間かかった^^;)とかならステキかも、だけど。
私も、まあたぶん自分では着ないんじゃないかなー。

花は綺麗だったんだがのぅ。
  1. 2012/06/16(土) 11:19:36 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

久しぶりに本旅に遊びに来させてもらいましたが…

GW、奈良に来てはったんですか~~~。
一声かけてくだされば!!
とかいいながら、多分なんの力にもなってなかったと思うけど(笑)
それにしても、むっちゃベストのタイミングで来られてたんですね。
美しすぎます。
万葉植物苑の藤はとても綺麗だということは聞いていましたが、
GWの混雑を敬遠して、実は行ったことないのです。
来年は行ってみようかなぁ。
  1. 2012/07/28(土) 10:06:31 |
  2. URL |
  3. ばなな #6M3paaJ6
  4. [ 編集 ]

ばななさん、

久しぶりにようこそ~。

GW最後の二日+アルファでうかがってました^^
桜の季節は、何ともいえない雰囲気があって素晴らしいけれど、百花繚乱の春の華やかさは、むしろその後ですねぇ。

何度も言いますが、奈良にはまた京都と違った麗しさがありますねぇ。
何度訪れてもしみじみ感動するよぅ(T_T)。
でも、やっぱり混雑はイヤよねー。
  1. 2012/07/29(日) 16:51:47 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する