本と旅とそれから 博士の愛した数式/小川洋子

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

博士の愛した数式/小川洋子

結構長い間、ぼんやりと「そのうち読みたい」と思っていた本を、何となく手に取って読んでみた、というようなことはときどきあります。今回もそれです。
・・・なんかこう、悲しいような愛しいような物語でした。

第1回本屋大賞受賞作品。
「博士の愛した数式」

博士の愛した数式/小川洋子(新潮文庫)

数式のたくさん出てくる小説です。
が、言うまでもなく、数字オンチの私にも問題なく読んで楽しめます。

事故で受けた怪我のため、17年前以降の記憶は80分しか続かないという「博士」と、彼の元へ派遣された家政婦である語り手の「私」、そして「私」の小学生の息子「ルート」のほのぼのとした交流の物語。


最近ワタクシ、「切ない」という形容詞をしょっちゅう使っている気がするんですが・・・。
ふと思い立って、手元の電子辞書(広辞苑)で「切ない」をひいてみましたらば、「胸がしめつけられる思いでつらい」と書いてありました。

・・・むー。
私が多用している「切ない」の意味は、ちょっと違う感じ(大胆にも広辞苑に刃向かう)。
ワタシ的にはですねー、「愛しい、美しい、好もしいといった気持ちの中に、ほんのり悲しいという気持ちが混じる状態」って感じです。
まあ、悲しいから、「つらい」面もあると言えなくはないと思いますが。

で、そんな具合に切ない物語です、本書。

「博士」は物語開始時点で64歳。80分しか続かない記憶のせいで、「私」は毎朝、「博士」と初対面の挨拶をします。
いつも背広姿の「博士」は、服のあちこちにクリップでメモをとめています。記憶を補うために。でも、それがどれほど役に立っているかは疑問、という程度のものです。
そんな「博士」は元々数学の専門家で、今もこよなく数字や数式を愛しており、身の回りのあれこれをすべて数字に関連づけて考える人でもあります。

職務に誠実に「博士」の身の回りの世話をする「私」は、「博士」のニーズをより良く把握しようとコミュニケーションを試みるうちに、いつしか「博士」の数字の世界に興味を抱くようになっていきます。そして同時に、「博士」の人柄にも親愛の情を深めていくのでした。

そこに、「私」の息子「ルート」――√記号のルートで、博士命名のニックネームなのですが、作中ではその名前しか出てきません――が加わり、優しく暖かい人間関係が紡がれていきます。
読んでいる誰もがおそらく、この穏やかな日々がずっとずっと続いていってくれれば、と思うことでしょう。そして同時に、ずっと続くわけはない、という確信も覚えるのです。

だから「切ない」。
博士は初老だし、過去の怪我のせいで、記憶だけでなく、体全般が丈夫ではありません。いずれ悲しい別れが来るのだろうということは、言われなくてもわかります。
言われなくてもわかるのですが、ところどころに「博士の形見」とか「それが私たちにとって最後の」といったような表現が出てくるので、いっそう「心の準備をしておかなければ」という雰囲気が強まるのです。

ところで、この後は一部ネタバレです。
ネタバレの影響はさほど大きくないとは思いますが、一応ご注意下さい。


そして、予想された別れ。
博士がいきなり死んでしまうというわけではありませんが、80分は続くはずだった博士の記憶がもう全然続かなくなってしまい、施設に入ることになるのです。
私とルートはその後も施設に博士を見舞い、それは小学生だったルートが、中学校の数学の教師になる頃まで続くのでした。

まあそれは物語のほとんど終盤。
それまでは、三人の日々が淡々と綴られます。
ときどき博士の特殊性からくるトラブルが発生したりもしますが、それは概ね何とか収まり、かえって博士との懐かしい思い出として、私とルートの胸に残ります。

記憶というものは、人間にとってどのくらい大切なものなのでしょうか。
80分顔を合わせずにいたら初対面に戻ってしまう。そんな人との間に、どんな形であれ人間関係は成り立つものなのでしょうか?

物語の中では、それでも人と人との愛すべき関係が作り上げられていきます。
ひとつには、三人が三人とも愛情深い人柄を持っていることが大きいのでしょうけれど。
穏やかであることは本当に得難いことです。最近特にそう思うことが多いのは、まあこれは自分が年をとってきたからに違いありません。年をとってくると、激しいことが怖かったりします(そのくせ、自分は好きなこと言い放ったりしますケド)。

少し、認知症とも通じるものがあります。
以前TVで見た渡辺謙さんの「明日の記憶」を思い出しました。
あのドラマの中では、忘れてしまうことの残酷さが痛いほど描かれていましたが。
あ、忘れ「られ」てしまうことの残酷さ、かも・・・。

博士は、プロ野球の江夏豊さんの大ファンです。そして阪神ファン。
彼の「記憶」の中では江夏はまだ現役。プロ野球カードをたくさん持っています。そして、江夏の背番号「28」は、完全数(説明省略~)。
三人は、江夏をネタにたくさんの楽しい時を共に過ごす。
プロ野球選手に限らず、有名人って、どこで人の役に立っているかわからないんですねぇ。その逆もあるかも知れませんけど。

数式は美しい――のだそうです。
よくわかりませんが、数学者(だけじゃない?)はそんなふうに感じるのだとか。
なんとなく「そんなこともあるかもねー」とは思います。
・・・が^^;。

webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 小川洋子 
  1. 2012/06/16(土) 22:00:02|
  2. 2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1469-0bf5a739
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。