本と旅とそれから 映る≪等持院≫

本と旅とそれから

映る≪等持院≫

等持院


竹中稲荷の後は、行ったことのなかった吉田神社へ回り、珍しい八角形の大元宮などを「ほおぉぉ~」と見学しました。
なるほど、ここが節分のときには大混雑するという吉田神社か~(森見さんの本でお馴染み♪)。
吉田山で転んで足が痛くなってしまったので、その後はあまり遠くへ行くのはやめ、夜の北野天満宮ライトアップに比較的近い、等持院に行くことにしました。
ここは、新緑の季節にも訪れて、夢想疎石の作と伝わるお庭にとても感動したところです(►コチラ)。
そうそう、レンズキャップを失くして慌てたんだったわねぇ・・・^^;。

あの時も今回も、午後の最後に訪れたわけですが、つくづく、季節が変わると光の感じも変わるものだと思いました。やはり、新緑の頃の光の方が涼やかというか・・・秋の夕陽はもみじを「照らす」という感じが、まさに唱歌にある通りのように思えました。

茶室・清漣亭前の池は芙蓉池。白沙村荘のお庭の池と同じ名前なんですね。
お庭に下りててくてくと歩き回ると、池(心字池というのもありまして)に映る木々の姿を楽しむことができます。
比較的空いています。ご近所に超有名どころがたくさんあるせいかも知れません。

本日最後の陽光に照らされるもみじの姿は、等持院のお庭の水鏡で見せて頂きました。


「そらはな」



京都・奈良旅INDEX 2012



未来へのキオク
by Google

「東北関東大震災」支援クリック募金



関連記事
tag: 2012年秋・京都 
  1. 2012/12/07(金) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1517-528811af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

等持院

等持院 足利将軍家の菩提寺として知られています。 夢窓国師(むそうこくし)の開山で、方状と書院の前に広がる庭園も作庭したといわれています。 方丈側の庭園。 書院前の...
  1. 2012/12/08(土) 00:15:49 |
  2. Toy Soldiers

コメント

こんばんは。

わたしもここに行きましたが
池に写りこむ紅葉を見ながら散策しての撮影は楽しいものでした~。
でもわたしのほうが、天気が良くなかったので
きれいに写りこんでないなぁ~。
そらはなも見させていただきましたよ。

TBいただきますね。
  1. 2012/12/08(土) 00:15:23 |
  2. URL |
  3. belfast #-
  4. [ 編集 ]

belfastさん、

belfastさんの行かれたときの方が確かに陽射しは弱い(というか曇り?)だったみたいですね。
でも、もみじの紅は、belfastさんのお写真の方が、深みのある美しい色だと思います。

「そらはな」も見て下さってありがとうございます^^。
私もトラバさせて頂きました。
  1. 2012/12/08(土) 10:48:19 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する