本と旅とそれから 振り向きながら≪地蔵院≫

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

振り向きながら≪地蔵院≫

地蔵院


苔寺が、正直な感想を言えば、「雨のせいもあるけど・・・タイミングがちょっと遅かったような気もするし・・・期待していたほどではなかったかなぁ・・・」だったため、ほんの少しですがしょぼんとして、地蔵院へと続く道をたどりました。
でも、近づくにつれてまた期待が膨らみます――2年前に訪れた時(記事は►コチラ)は本当に素敵だったものな~、地蔵院・・・。

そして。
――だってですね、もちろん、閑静で上品な雰囲気だとはいえ、ふつうの住宅街の中の道を歩いていて、それがふと途切れたと思ったらいきなり(▲)のような風景が出現するんですよ?

驚くというか、息を呑むというか――ドキッとしますよ、誰だって、きっと。
それに、人がいないし。平日のうえ、雨でしたからね。まあ、たとえ週末だったとしても、苔寺周辺の賑わいとはきっとかなりの差があることでしょう。あそこは近くに鈴虫寺もあるし・・・って、前にもそんなことを書きましたが、相変わらず私、鈴虫寺を拝観してません。
してみたいんですけど・・・混んでいるんだもの。ぐぅ。

それはさておき。

ああ、やっぱり竹の寺(地蔵院の別名)は美しい!
そしてやっぱりこのお寺の入り口のもみじは、赤くないのですね。今回も黄色、というより金色でした。
前回は、もう少し時間が経ったら赤くなるのかしらと思ったのですが、今回は紅葉的には前回より少し進んでいたようなのですが、やっぱり上から下まで金一色でした。

ここって、入り口は、鬱蒼と茂る竹藪の暗い緑の中、金色に輝くもみじが山門に降り注ぐように枝を垂れています。さして大きくもない門をくぐってその暗さと輝きのコントラストの中に足を踏み入れるときは、ホント、非現的な感覚が味わえて――ああ、やっぱりこのお寺が好きです。

今年の秋の感動ランキング(なんか俗っぽい響き^^;)第2位。でも、1位の浄住寺とさして差があるわけではありません。浄住寺は、初めての訪問だったという点が効いているし。
でも、今年に関していえば、感動の上位1、2位が徒歩3分ぐらいの距離に並んで存在していたわけで、この日の午後は、雨ではありましたが、本当に感動いっぱいでした。

そういえば、苔寺ではまだ結構降っていた雨が、地蔵院を訪れる頃から少しずつ小降りになってきていました。そうそう、この程度の雨ならば、降っていても風情というものですね・・・。

苔寺や鈴虫寺に行かれた折は、バス停広場の隅にある石段を上がって、是非少し歩いてみて下さい。
素晴らしい錦繍に出遭えますよ~^^。
そらはな、是非見てね<(_ _)>。

「そらはな」



京都・奈良旅INDEX 2012



震災復興にも頑張る
福島県のゆるきゃら「きびたん」。
・・・結構かわいいかも^^。

「東北関東大震災」支援クリック募金




関連記事
tag: 2012年秋・京都 
  1. 2012/12/16(日) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1521-ba350021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

こんばんは
ここは紅を期待されてこられた方には
残念なところですね。
紅葉は紅だけではないことを
しみじみと教えてくれるところです。
  1. 2012/12/20(木) 21:41:09 |
  2. URL |
  3. 松風 #-
  4. [ 編集 ]

松風さん、

こちらの山門付近の黄色・・・というか、私には黄金色に見えるのですが、その紅葉(なんだか言葉がヘンな感じ^^;)も、また違った趣の美しさですね。
その奥には紅い色彩もあるわけですが、竹との組み合わせがとても素敵です。
  1. 2012/12/22(土) 00:22:05 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。