本と旅とそれから 獅子の棲む国/秋山香乃

本と旅とそれから

獅子の棲む国/秋山香乃

う~・・・やっぱり幕末・維新史というのは泣けます。

本格的なこの時代の歴史小説を読むのは、かなり久しぶりでした。
ひと頃この時代の歴史にハマり、京都旅行もまるまるそのテーマで歩いたりしたこともあったのですが、最近ちょっとご無沙汰していました。

今回の本書は、今やっているNHKの大河ドラマ「八重の桜」とかなり重なる物語でした。
「獅子の棲む国」

獅子の棲む国/秋山香乃(中公文庫)

かなり司馬遼っぽい文章だなーと思ったら、やはり著者の秋山さんは大学時代の研究対象が司馬遼太郎だったようです。もちろん、歴史・時代小説を書く人で、司馬遼の影響を受けない人がいるとは到底思えませんけれど。それに、雰囲気が似ているところは結構あったけど、決して亜流になったりはしていません。
にしても、この作家さん女性でしょう?驚くほど骨太な、男性的な文体です。いい感じです。


物語の主人公は会津藩士・山川大蔵。「八重の桜」では、玉山鉄二さんが演じておられる役で、確か、幼い頃は八重にほのかな恋心を寄せていたものの、当時の習いで親の選んだ女性を妻に迎える、という設定になっていました。

大河はいまだ戊辰戦争前夜、というところなので、時代は段々と不穏な空気を漂わせ始めてはいるものの、会津の人々はまだ平和な日々をおくっています。これがやがて徳川幕府が倒れ、会津藩は薩長政府軍に追われて戦争となり、悲惨な敗北を迎えることになるわけですね。
このあたりは、かつての日テレの年末時代劇(毎年幕末モノで、どれも涙なくして見られない悲劇)や、司馬遼の「燃えよ剣」その他で何度も見たり読んだりしているのですが、今回あらためて、幕末・明治初期の会津藩の悲劇的な運命に涙しました。

やっぱり内戦は悲惨ですね。
どんな戦争も悲劇であることは間違いないけれど、内戦の場合、同じ国の人間同士が殺し合うわけで、戦争の決着がついた後も、勝者と敗者が同じ国の中で生きていくことになります。戦争が激しいものであればあるだけ、双方、特に負けた方にはものすごい怨恨の感情が残るのは当然ですよね。

ほんの数年前だったか、福島県と山口県の知事が会談して戊辰の怨恨はお互い忘れましょうね、みたいな話をして笑い合ったなんて新聞記事を見ました。もちろんほとんど冗談なんですが。
私もかつて会社員だった頃、福島県と山口県の出身の先輩たちが、しょっちゅう会津と長州をネタにジョークを飛ばしていたのを思い出しました。

会津戦争ってほんっと、悲惨だったみたいですね。その象徴的な存在が白虎隊。
会津藩というのは教育が盛んで、藩士たちも知的レベルの高い理性的な人が多かったそうですが、その人たちですら、この時の薩長への恨みを抑えることができず、後に西南戦争のときには、抜刀隊(銃を使わずに、日本刀だけを武器に敵陣に切り込んでいく部隊)に選ばれた元会津藩士たちが「戊辰の復讐!」と叫んで狂ったように戦ったというくだりには、憐みと恐ろしさが胸に迫りました。

西郷隆盛と勝海舟が話し合って、江戸城が無血開城され、江戸が流血の舞台となることは回避された、というのは幕末の時代劇で必ず出てくる話ですが、思えば江戸の代わりに血祭にあげられたのが会津若松だったのじゃないでしょうか。戦う気満々で薩摩や長州からやって来た兵たちは、結局誰かを殺さずにはいられなかったということでしょうか。なんかもうその辺は、どこの誰がというよりも、歴史のうねりというか、個々の人間の存在をはるかに超えた何かが動いていたという感じなのかも知れません。

山口大蔵のほかに、もうひとり、物語の中でユニークな描かれ方をしているのが斎藤一。
もと新撰組の隊士で、新撰組を主役にした時代劇でもちょっと目につく人です。最近どれかの大河ドラマ(「新撰組!」かも)では、オダジョーが演じていたと思うんですが。
この人、ものすごく剣の腕がたつとか、新撰組では密偵の仕事などもしていた、というぐらいのことは認識していたんですが、維新後もこんなに活躍していたとは知りませんでした。そういえば、「八重の桜」でも、今のところは近藤勇より土方歳三より目立ってますよね。彼はその後、会津藩士の娘(で、八重とも仲の良かった)・時尾(貫地谷しほりさん)と夫婦になるらしいです。へぇぇ~。
で、西南戦争には警察隊の一員として参戦するのだそうで。興味深い。

それにしても、やはり明治維新というのは日本における一大「革命」だったんだな、とつくづく思います。どんな国にも、歴史のどこかで大きな流血を伴う転換点があるのだな、とも思うのでした。今どきは、歴史もまるで惰性で動いているんじゃないかという感じがしますけど、あの頃は、まさに、歴史が勢いのいい急流のように流れ、動いていたのですねえ。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 秋山香乃 
  1. 2013/04/20(土) 22:00:02|
  2. 2013
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1564-2fface18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する