本と旅とそれから 六月は梅酒≪栖園≫

本と旅とそれから

六月は梅酒≪栖園≫

栖園01

ちょこっとメモのつもりで、6月の栖園「琥珀流し」。
全種類コンプリートを目指し、地道に通い続けるお店でございます。
といってもね~。真夏はどうしたらよいでしょうね~。かつて、7月8月に京都を訪れた頃は、琥珀流しの素晴らしさを知る前だったから・・・。

真冬は琥珀流しはないらしい、と聞いたので今回お店の方に確認しましたら、やはりそうで、1月から3月半ば頃まではお休みで、スタートが「桜」なのだとか。ということは、あとは7、8、10、12月か。
先は長い・・・(T_T)。
というわけで、二日目の午後、ほとんど土砂降りとなった雨の中、六角高倉のお店にやって来ました。
最近はもう、いつ訪れても多少は待たねばなりません。それにこの時はタイミングが悪かったようで、ずい分と待つことになってしまいました。といってもまあ、雨宿りを兼ねていたのでよかったんだけれど。

もちろんオーダーは「琥珀流し」。この日はおなかに余裕があったので、ミニわらび餅とのセットを頼んでみました。初めての栖園のわらび餅~(≧∇≦)ノ彡。


栖園02


ああ、今、写真を眺めているだけでうっとりします。
琥珀流しもわらび餅も絶品ぜっぴんゼッピン~♪
琥珀流しのフレーバーとしては、これまで食べたことがある中では9月の葡萄が相変わらず一番好きです。でも、今回の「梅酒」はそれに続く爽やかで涼感のある素敵な味でした。11月の柿も美味しいんですけどね。ちょっと甘いけど。「桜」も「抹茶」も美味しいのですが、私は和風のフレーバーよりフルーツ系が好きなのです。

初めてのわらび餅は、ひょ~!って柔らかさ。ふにょふにょ。素晴らしい。
まあ、京都のわらび餅は大抵のお店が素晴らしいですけどね。
やっぱり幾つかタイプに分かれるようで、老松(玄以庵)や宝泉のようなのや、三丘園や権太呂や清涼寺の茶店(記事を書き忘れていることを今さら発見。もはや遅い・・・)のようなのや、茶洛やここ栖園のようなのと、今のところ三つに分類できるかも。
ああ、奈良にもわらび餅を食べに遠征したい。

帰り際にうかがったところでは、7月は「サイダーとミント」なんだとか。うぅ、食べたい。
それだけのためにでも、7月に京都に行きたい(祇園祭りもあるでしょう)と考えたりする私です。
ごちそうさまでした~。

京都・奈良旅INDEX 2013



アメリカの会社ってボランティアも半端ない!
そもそも、ハーマンミラーて企業名すらこれまで
知りませんでした^^;。
(朝日新聞の記事はコチラ

「東北関東大震災」支援クリック募金



関連記事
tag: SWEETS Café 栖園 わらび餅 琥珀流し 2013年初夏・京都 
  1. 2013/07/03(水) 22:00:00|
  2. 食べる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1595-70a50618
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

こんばんは。

>>全種類コンプリートを目指し
私も同類です^^
というか、2年も京都に住んでいたんだからチャンスはあったのに、
2回(4月の桜と8月の冷やしあめ)しか行ってないんですよね~。
私も地道にがんばります^^
  1. 2013/07/04(木) 23:19:03 |
  2. URL |
  3. kyoto-omoide #z5igG316
  4. [ 編集 ]

kyoto-omoideさん、

「同好の士」ってことですね~^0^。
でも、かえって遠くから出かけていく観光客の方が足繁く通ったりするのかも知れませんね。
kyoto-omoideさんは私よりずっとちょくちょくお出かけになっているから、その気になればあっという間でしょうね。

9月の葡萄が一番好きでーす♪
  1. 2013/07/06(土) 21:16:41 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する