本と旅とそれから 人生の花≪京都市美術館、京都国立近代美術館≫

本と旅とそれから

人生の花≪京都市美術館、京都国立近代美術館≫

京都市美術館
京都市美術館


次の紫陽花の庭に移る前に、最終日の美術館巡りを先にUPします。

先日、宮尾登美子さんの「序の舞」を読みました(感想文は►コチラ)。日本画家・上村松園の生涯を描いた物語です。
物語の中には、上村松園の作品が数多く紹介されていて、読み終えてから、「上村松園の絵の実物が見た~い!」という気持ちがむくむくわいたのでした。
あちこち観光して回るうちにとうとう最終日になってしまい、ようやく最後になって、美術館へ。


市展・京展物語


市美術館は、何度も前を通ることはあったものの、中に入ったのは――記憶に間違いがなければ――この時が初めて。その時は(現在も、ですが)「市展・京展物語 ―みんなここから羽ばたいた―」という、美術館開館80周年記念展が開催されていました。
でも、私は常設展が見たいのよ、と思って受付で尋ねたところ、常設展というのはなくて、この展覧会はそもそも市美術館所蔵の作品から選んだもので企画されている、とのこと。

「特にお目当ての作品があるんですか?」と尋ねられたので、上村松園の作品が見たいのですがと言うと、「松園もありますよ!『人生の花』が出ています」とのこと。
ひょー!その時一番見たい松園の作品は「人生の花」でしたから、喜んで入場。


「人生の花」
上村松園「人生の花」


今日新嫁をもらい、「お母さん」と呼ばれることになった姑はしっかりと気を張り、先に立って近所廻りの挨拶に立ち、従う嫁は不安と恥ずかしさのないまざった面持ちで、伏し目がちにそれに従う。
女の一生のうちでこの日こそ爛漫の春、津也が羨望と悲しさに身を灼かれながら生み出した作品であった。(「序の舞」)


「序の舞」の中では、「人生の春」という作品名になっているのですが、これが宮尾さんの手で意図的に変えられたものなのか、あるいは作品の発表当時は「人生の春」だったのが後に「人生の花」に変えられたのかは調べてなくてわかりません。

今回の展覧会には「人生の花」が二作出展されていました。異なる展覧会に出展されたもののようですが、構図はほぼ同じ。人物の表情とか、着物の柄などがわずかに違います。
人物の表情に注目すると、私は(▲)ではない方の1枚が好きかしらと思ったのですが、「人生の春」で画像検索すると(▲)ばかりヒットするので、こちらの方が有名なのかも知れません。

しっかし、美しい絵です。見惚れてしまいます。
上村松園、松篁の絵は、ずい分前に東京で展覧会を見たことがあるはずなんですが、その時と今とでは明らかに興味の度合が違っていて、ほとんど今回初めて見るようなものでした。

この何ともいえないぼかし具合が、けぶるようなといいますか、柔らかいというか艶やかというか・・・女性が女性を描くのでなければこんなふうにはならないのだろうなと思います。ものすごく丁寧に、まさに精魂込めて描かれているのでしょうね・・・。いかにも日本人的な繊細さ、という感じでもあります。

同じ展示室に、松園の息子・松篁、孫・淳之の作品もありました。松篁の「池」も美しかった~。
この三代にわたる上村作品は、寄贈その他で新しく市美術館の所蔵品が増えたことを記念しての特別展示だったようで作品数は少なかったのですが、ホント、堪能しました。

ちなみに、この秋には大規模な竹内栖鳳の展覧会があるそうですね!
京都市美術館で開催されるそうですが、その前に東京であるとか。調べたら、9月に東京国立近代美術館で開催。どっひゃー、絶対行かねば!
「序の舞」に関連して竹内栖鳳の作品画像もあれこれ目にしたのですが、おかげで現在、上村松園作品以上に興味をそそられております。展覧会のチラシを見るだけでわくわくしてます。




その後、お向かいの京都国立近代美術館へ。
こちらは、常設展と企画展がありましたので、ちょっと迷いましたが常設展の方に入りました。
所蔵品の数が多く、私が見たのは平成25年度第1回展示。それでも238点もありました。

そろそろ夕方でさすがに疲れが出てきていたので、こちらはさらりと流しました。一番じっくり見たのはルドンかな(3点だけですが)。この時は、村上華岳の作品が特に多く(46点)展示されていたのですが、うーん、残念ながら、今回は「とっかかり」が見つからぬまま終わりました。

余談になりますが、この常設展のあった4階ロビーの大きな窓からは、平安神宮の大鳥居が真横から見ることができます。すぐ目の前に。すごい迫力です。その向こうには市美術館の堂々とした建物、さらにその彼方には東山エリアの名刹の姿。「撮影禁止」の表示があることに、妙に納得してしまいました。

京都・奈良旅INDEX 2013



先日、お母様を亡くされた千住真理子さん。
励まそうと訪れた気仙沼の保育園で
逆に慰められたというコラムにしんみり。

「東北関東大震災」支援クリック募金



関連記事
tag: 2013年初夏・京都 Art 
  1. 2013/07/09(火) 22:00:00|
  2. 遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1598-37188721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する