本と旅とそれから 丕緒の鳥/小野不由美

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

丕緒の鳥/小野不由美

とうとう出た・・・(T_T)!
帯によれば、12年ぶりだそうで。私はいつ頃最初にこのシリーズを読んだのかなぁ・・・よく覚えてはいませんが。ただ、とてもとても長く待った、という感覚だけはしっかりとあります。

十二国記シリーズの最新刊。
ああ、なんて感動的なフレーズでしょう、十二国記シリーズの最新刊!!

人気のシリーズも、途中で途切れて何年も経つと、もうこれ以上は出ないのかな、という悲しい諦めもわいてきたりするものですが、十二国記は再開しました!ふぇ~ん、嬉しくて泣けます。
「丕緒の鳥」

丕緒の鳥/小野不由美(新潮文庫)

残念ながら本書は短編(中編ぐらいですが)集で、本編とはつながりの薄い物語ばかりです。みんなが心配している(たぶん)戴国の今後とか、柳国の実情とか、陽子の活躍とか、範王登極の顛末とか、そうした話はぜんっぜん出てこないんですが――でも、小野さんは長編も執筆中とか。もう少しのガマンだわ!
出版されるとの約束があれば、待つことはできるものです。


本書には4編が収録されています。
「丕緒の鳥」は慶国、「落照の獄」は柳国、「青条の蘭」は雁国、そして「風信」はこれもまた慶国の物語。「青条の蘭」は、玄英宮という固有名詞からが雁の話だとわかったのですが、でも、というと、この物語は500年以上昔の話ですか!尚隆登極の時の話ってことですものね。ほかの3編が、物語世界における「現在」に近い時点の出来事を描いているのに比べ、この1編だけはすごい昔話になるんですねぇ。
といっても、文明の発展スピードがあまり早いようには思えない十二国の世界なので、特にだからどうってことでもないのですが。

この1冊は、十二国記版「プロフェッショナル・仕事の流儀」みたいな感じでした。
どの物語も、自分の仕事に懸命に取り組む男たちの姿を描いています。
それはそれで読みごたえのある物語なのですが、一方で、十二国記本編を読む時の、大河ドラマを目の当たりにしている壮大な感動はなかったように思います。

「落照の獄」などは、今の現世に場を変えてもそのまま通るような、死刑の是非を問う物語。
かつて名君といわれば柳国の王は、死刑の適用を禁止していました。しかし、どうやら柳国は傾いてきているようで(この辺の経緯はいかにも十二国記なんですが)、国内では凶悪犯罪が増え始めます。
そして、何十人もの善良な人々を残虐に殺した男が捕縛される。この男をどう裁くか。

最高裁判事みたいな地位にいる瑛庚(えいこう)という人物が、この一編の主人公。
かつての名君はどうやら無気力に陥っているようで、いわば最後の判断のよりどころとなってくれるはずの「主上の宣旨」は期待できない。王はただ、「任せる」と言うばかり。死刑にした方がいいっていうならすれば、って態度なんですね。

結局、これはどうにも答えが出ない問いのようです。それというのも、人は人殺し(殺人)を激しく憎む一方で、人殺し(死刑)をも本能的に恐れるから。長い苦悩の末に、やむなく死刑の断を下した瑛庚とその同僚たちに、殺人犯は哄笑を浴びせるのでした。
読後感がよいとは決して言えない物語ですが、それでも、自らの職に全身全霊で取り組む男達の姿には感動をおぼえます。

にしても、柳国では何が起こっているのでしょうねぇ。下り坂のようですねぇ。
一方で、陽子が登極した慶国は上り坂で、表題作の「丕緒の鳥」、最後の「風信」は、その雰囲気を色濃く映して、とても明るいラストになっています。

余談ですが、十二国記って出版社が変わったんですね!今頃ようやく気付きましたよ~。
私が持っている本は講談社文庫なんだけど、本書は新潮社文庫だし、今後も新潮社から出るんですね。新作が出る前に既刊本がすべて新しい装丁で再刊されたんだけど、私は「出版元、がめついじゃありませんか!」と思ってました。出版社が変わったならむしろ当たり前でしょうか。

まあ、どこの出版でもまったくかまわないので、早く次が読みたい!


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 小野不由美 
  1. 2013/07/08(月) 22:00:02|
  2. 2013
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1599-83380710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。