本と旅とそれから 六月の庭≪善峯寺≫

本と旅とそれから

六月の庭≪善峯寺≫

善峯寺01

さて、そして翌日(旅行の日程は►コチラ)。

京都にいられるのももうあと二日、行きたいところはちゃっちゃと行かねばなりません。
まずは西山の善峯寺へ。西山というのも本当に、四季折々に見所が多く、しかも素晴らしい名所ばかりなところです。
善峯寺へは、ちょっと贅沢ですが東向日の駅からタクシーで。
路線バスもありますけど、「善峯寺」の停留所からあの急坂を上る気になれないワタクシです^^;。
タクシーならば上まで連れて行ってもらえますし、善峯寺の開門は路線バスの始発よりも早いので、タクシーで行けば、混雑する前に境内を歩くことができま~す^^。


善峯寺02


善峯寺はこれまで、紅葉の時季、桜の時季と訪れていますが、紅葉の時は日曜日の夕方で、人が多い一方でもう陽が陰ってきてしまい、何となく残念でした。そして桜の時は、善峯寺最大の目玉、桂昌院お手植え桜がピークを過ぎてしまっていて(善峯寺の他の桜と比べ、あの1本は早い!)、口惜しい思いがありました。

そうしたわけで、私の中では善峯寺というと「あんまり感動しないとこ」みたいな思いがぼんやりあったのです――が。


善峯寺03


今回の、紫陽花の善峯寺は素晴らしかった!
紅葉や桜の季節に、「あー、あそこは紫陽花苑なんだね~」と見ていた、土のちらほら見える何の色彩もなかった山の斜面が、紫陽花の花の七色に彩られていました。

そのスケールの大きさ、解放感、そして花の見事さ。

加えて、平日午前の開門直後ということで人がほとんどおらず、静かなこと・・・。
ピーカンの前日と違い、薄曇りということも嬉しかったです。

高低差があり、坂を下ったり、上ったり――そして上りつめたところからは、紫陽花の向こうに遠くの景色が広々と見渡せます。


善峯寺04


それに、三室戸寺でも藤森神社でもいまひとつ元気のなかった肝心の紫陽花が、ここ善峯寺では実に瑞々しい花を咲かせていました。萎れている花なんてひとつもなかった。
それって白山名水のせいかしら。紫陽花苑の中に湧いているのですけど。なんかこう、地下に水脈があって花に水が行くとか?でなければ、湧水を使ってガンガン庭園に水を撒いているとか?
いずれにしても、ここの紫陽花は元気いっぱいでした。

今回の旅行で、一番美しい紫陽花、一番見事な紫陽花の庭はここ善峯寺で出会うことができました。
善峯寺、私は四月よりも十一月よりも、六月が好きだ~~!

ちょっと枚数が多くなりましたが、よかったら「そらはな」も見て下さい<(_ _)>。

「そらはな・六月の庭」


京都・奈良旅INDEX 2013



緊急地震速報に、今後
「地震です」との音声が付け加えられるとか。
電車の中とかだと、うるさいかも^^;?

「東北関東大震災」支援クリック募金



関連記事
tag: 2013年初夏・京都 
  1. 2013/07/16(火) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1602-955075d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

こんばんは。
この前の写真はここだったんですね。
まだ行ったことがないので行ってみたいんですがね~。
今回訪れたところではやっぱり一番だったんですね。
上がったり下がったりですけど、他の所に比べてゆったりしているような感じがしますね。

明日は山鉾巡行、ちょっと行ってきます(さぼります~(爆))
  1. 2013/07/16(火) 22:45:49 |
  2. URL |
  3. belfast #-
  4. [ 編集 ]

belfastさん、

ここここ~~!(≧∇≦)ノ彡

善峯寺って「だだっ広いけどぉ~でも・・・」みたいに思っていたのですが、いやー、紫陽花苑は素晴らしかったです!
今回、タイミング的に紫陽花にはちょっと早すぎた感があったのですが(一週間ぐらい)、ここの紫陽花苑は綺麗に色づいていて嬉しかったです!

巡行、録画をさっきちょこっと見ましたが、TVだとさすがに稚児舞なんかもアップで見られて、なかなかよかったです。
もちろん、その場で見る臨場感にはかないませんが。
今年はちょっと曇りがちで、比較的しのぎやすかったみたいですね。
お写真、どうでしたか?楽しみにしてます。
  1. 2013/07/17(水) 23:44:12 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する