本と旅とそれから HIJIRI CHOCOLAT

本と旅とそれから

HIJIRI CHOCOLAT

HIJIRI CHOCOLAT


京都といえば生八ッ橋(と、お漬物)。
何十回京都を訪れても、そのつど買ってしまいます。

メーカーはいくつか有名どころがありますが、私は聖護院八ッ橋総本店ひと筋でーす。
近年は、やり手の女性専務さん(そのうち社長になられるんでしょうね)の下、パッケージとかどんどん洗練されてきてますねぇ。
ひと頃は、あちこちの店の新しいフレーバーを片っ端から買ってましたが、最近は(年のせいか)定番に回帰。ベーシックなプレーン、抹茶、あとは秋の栗ですかね。春の苺も、当初想像したよりはずっと美味しかったな~。あ、でも、柚子はまだ試してません。

さて、そんなワタシの、最近のヒットがこちらの、「聖 ショコラ」(パッケージは「チョコレート」なんだけど、HPは「ショコラ」なのです)。


HIJIRI CHOCOLAT02


(うーむ、宣伝のように、アイロンかけたて!みたいなつるりとした皮の写真は到底ムリか。)
チョコレートケーキは敬して遠ざけるワタクシですが、このチョコ八ッ橋はグーどすえ。特に気に入っているのが、チョコ生八ッ橋にはちゃんと肉桂が使われている点。

ひと頃八ッ橋界の大ヒットとなった黒胡麻フレーバー(今もありますが)、私も試しましたし、まあ悪くはないと思いましたが、あれは肉桂を使っていないところが残念なのです(今も変わっていなければ)。
ほかにも、フルーツフレーバーの生八ッ橋は、肉桂を使っていないものがほとんどかと。

やっぱり生八ッ橋は、ほんのりとした肉桂の香りがないとイヤだ!

その点、チョコ味(どんどん呼称がオシャレでなくなってゆく)は肉桂の香りもあり、チョコもそれなりに濃厚(に思えます)。そして、生八ッ橋独特のあのふにゃりとした皮も、チョコ風味。
今年になって登場した新商品で、4月に訪れた時に初めて買ってみました。その時はさっさと食べてしまって写真も撮らなかったのですが、今回はリピートしたので、ブログネタに・・・。


HIJIRI


もひとつ、ここのところずっと欠かさず買っているのが、餡なし生八ッ橋。雰囲気的には、ギョウザの皮のような感じですが・・・。
もちろん、これも聖護院。パッケージもオシャレ!・・・といっても捨てちゃいますが、しばらくは「枕草子」気分に浸りつつ、ティータイムするわけですの。おほほ。


HIJIRI02


チョコ生八ッ橋は好きですが、コーヒーにはちょっと合わない気がするのです。コーヒーのお供にチョコレートを、というのはよく聞くのですが、私にはこの組み合わせは何だか胸焼けしてしまってダメ。
チョコものは紅茶じゃございませんこと?緑茶でやほうじ茶でもいいな。

で、コーヒーに合うのがこの皮だけ生八ッ橋・・・だと思う(もちろんお茶にも)。


HIJIRI03


これホント好き!ふにゃふにゃした食感がたまりませ~ん。
放っておくと、コーヒー1杯でひと箱ペロリと食べてしまいそうになります。要自制。
生じゃなかったら、大量に買い込んで来たいところなのですが、そんなには持たないからな~。東京でもあちこちで生八ッ橋を売ってますが、餡なしは滅多に見かけない(気がする)のが残念なのでした。




福島の桃~(≧∇≦)ノ彡

「東北関東大震災」支援クリック募金



関連記事
tag: SWEETS 
  1. 2013/07/30(火) 22:00:00|
  2. 食べる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1607-b826c204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する