本と旅とそれから やっぱり去年の残りの話&残りの写真

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やっぱり去年の残りの話&残りの写真

Y01BA.jpg
(アサヒビール大山崎山荘美術館)


9月というのは、夏と秋の境目ですね。
といっても、夏の暑さが苦手な私はもうひたすら涼しく、空の高い秋にばかり目が向いてしまいます。
涼しくなってくれないと、カメラを持ってお出かけする気にもなりませんよ。
そうすると、ネタがないからブログも書けない――本と映画を別にすれば、ですけれど。
そんなこんなで去年の紅葉の京都旅の話で、書き損ねていた最後のところを、今さらですがちょこちょこ書いています。もう少しして、本格的に秋という気分が出たらUPしようかな。
――去年もそうして一昨年の秋の話を一年遅れで書いたんだっけ^^;。

写真も、ブログにはまだ載せていないものが結構残っているし。


Y02.jpg


でも、1年前に撮った写真を今になって眺めるというのは・・・うーむ。
「そらはな」に大きなサイズでUPしようという気になる写真はあんまりないかな(T_T)はぁ~。
撮った枚数の多かった府立植物園ぐらいかしら・・・。
思うところはいろいろありますが、まあ、仕方がない、いつものことといえばいつものこと。


Y04A.jpg
(京都府立植物園)


それにしても、やっぱり秋の色彩って華やか。ここにUPしたのは曇りの日の写真ばっかりなんだけど・・・。あーやっぱり、もみじの京都と桜の京都は特別だなー(ひとり浸る^^;)。


Y03.jpg


今年も、もみじの京都を訪れることができるでしょうか。気分的にはもちろん出掛ける気満々ですが、まだ2か月先のことなので、どうなりますか。
(・・・その前に一度行きたいと思っているんですが^0^;。こちらも、はてさて。)
もし行けたら「ココのもみじを見たい!」ってところが、すでにゾロゾロあるんです。


Y05A.jpg
(光明院)


季節の花や風景を追いかけるのは、もちろん楽しいことですが、「移ろい」をひしひしと感じることでもあるので、微かに悲しい成分が混じっているようにも思います。
平安の昔からずっとそうだったんだろうな、などと思いながら京都のどこかのお庭を歩いていると、なんだか、ふ~っと魂が宙にさまよい出そうな気分になるのでした。

京都・奈良旅INDEX 2012




以前から記事末に貼り付けていた東日本大震災のクリック募金のバナーの画像が、最近になって表示されなくなっちゃいました。画像はないけれど、クリックして頂ければ募金は可能です。
探してみたら、新たなものを発見(▼)。左は、これまでと同じところの東日本大震災支援クリック募金。右は、それを含めた、いろいろなクリック募金を集めたサイトです。震災だけなら左を、他にも幾つか募金される場合は右をクリックし、表示される募金先の中からどこにするか選んで下さいね。


たった1円ですが、それでも

「東北関東大震災」支援クリック募金イーココロ!クリック募金 



関連記事
tag: 2012年秋・京都 
  1. 2013/09/08(日) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1619-69bc6cc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

こんにちは~
大山崎山荘美術館こんなに綺麗に紅葉するのですね。
今年は是非行ってみたくなりました。
素晴らしい写真を撮っておられますね。
美しい紅葉にうっとりしました^^;
  1. 2013/09/09(月) 15:19:21 |
  2. URL |
  3. aya #q4pOXiFA
  4. [ 編集 ]

ayaさん、

大山崎山荘、タイミングさえ合えば、本当に美しい紅葉を楽しめます!
(ちなみに、美術館に入らなくても、お庭だけでもグーどすえ~。)
ここは、桜の季節も見事ですぅ。

お褒めの言葉、照れちゃいます・・・ありがとうございます<(_ _)>。
真っ赤なもみじというのも、赤つぶれしがちで、難しいですよね。
  1. 2013/09/09(月) 21:04:29 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。