本と旅とそれから 意外の花≪善峯寺、三鈷寺≫

本と旅とそれから

意外の花≪善峯寺、三鈷寺≫

三鈷寺の秋明菊

(タイトルがちょっと「天涯の花」のパクリっぽいでしょーか。全然関係ないですけど。)
週末になぜか体調がガタボロになり、予定の娯楽その他をすべてキャンセル。いったい何が原因だったのかどうにもわからず・・・とりあえず何とか復活したのですがやれやれ。

ひきつづき、先月の旅行の話です。
亀岡で、「こちらがダメならあちらで」て感じで彼岸花を見て、その後楽々荘でボリューム松花堂ランチをしたためた後のことになります(旅行の日程は►コチラをどうぞ)。

前回、紫陽花を見に善峯寺を訪れたとき、タクシーの運転手さんが「善峯寺は(西国三十三観音霊場の)20番で穴太寺は21番なのに、続けてお参りしようと思うと、電車だとすっごく不便なんですよ。まず京都駅に戻らないとならないからね(in 京都弁)」と話されていたけれど、だからといってタクシーで行こうとするとこれまたすっごく高くつきそうだったので、やっぱり電車で行きました。

善峯寺が一番賑わうのは、断然紅葉のシーズンだそうです。次が桜。その次の話は特に聞いたことがないのですが――今回目当てにしていた秋明菊もちょっと有名。

私が訪れた頃、善峯寺のHPには「例年より開花が遅れているようだけれど、咲き始めた」とあり、京都駅の観光案内所では「三分咲き」ということでしたが、一番当たっていたのは拝観受付所近くで係の方とお喋りしていたおばさんの、「まだちょっと早いんとちゃう?」でしたね^^;。

あっちこっちに秋明菊らしき草は生えていましたが、ほとんどがつぼみ。たま~にちらほら咲いていましたが、写真を撮るにはなかなか難しく・・・。
時々まとまって咲いている株もあるにはあったのですが。
亀岡の彼岸花には遅すぎ、善峯寺の秋明菊には早すぎとは、つくづくついてない!・・・と、ショボンとして奥の方、上の方へと歩いて行くと、桂昌殿へと続く道の傍らに見事な萩を発見。


善峯寺の萩


株が大きいということもありますし、花が大きいし、色もピンクとワインレッドの二色が濃く、しかも満開に咲き誇っていました。今回の旅ではあちこちで萩の花を見ましたが、華やかさということでは、ここ善峯寺で出遭ったものが一番でした。
――とはいうものの、結局秋明菊はほとんど見られずじまいとはさみしー・・・と思いつつ、善峯寺の北門を抜け、お隣の三鈷寺へ。

三鈷寺というお寺は、ずっと「善峯寺の隣りにある」とだけ聞いていて、それにしてはいったいどこにあるんだろう?と思っていたんです。今回は、善峯寺の入り口で行き方をうかがったところ、「うちの北門から行けばすぐですよ。帰りも、インターホンで連絡してくれれば門を開けますから」とのこと。
北門というのは、6月に見事な花を見せてくれた紫陽花苑の最上部にあります。そこにある回転棒をカラカラと回して外に出ると、三鈷寺の山門はすぐです。

門を入ってまず嬉しい驚きだったのは、たくさんの秋明菊が咲いていたこと!

境内はさして広いことはないのですが、小ぢんまりしたお庭の二か所に、ピンクの秋明菊の群生がありました。ちょっと興味深かったのは、こちらの秋明菊が独特の形状をしていたことです。


秋明菊


▲は、左が善峯寺の秋明菊、右が三鈷寺のもの。
秋明菊って、花の形がちょっといびつなことも多いと思うのですが、それでもまあ、全体としては丸形という印象ですよね。でも、三鈷寺の秋明菊は、TOPの写真もそうですが、どれもかなり細長い感じ。しかも、花のほとんどが、地面からわずか20センチぐらいの短い茎の先に咲いているのです。
秋明菊といえば、60~70センチか、もっと背の高いものがほとんどでしょ。三鈷寺の秋明菊は、そういう種類なのか、あるいは突然変異的なものが限られたエリアで増えたのか、ともかく、ほかでは見たことがないような、奇妙ともいえる花園でした。

白い秋明菊も咲いていて、こちらはスタンダードな形でした。
この時三鈷寺で私が見たのはすべて一重・・・というか、花弁が幅広いタイプの花。あ、いえ、秋明菊というのは、花弁に見えるのが実は萼(がく)だそうなのですけれど。ともかく、私はこの花弁(実は萼)が幅広いタイプの方が断然好きなので、見られてホントにラッキーでした。

お寺からの眺望も、噂どおり素晴らしかったです。爽やかな風は吹くし、ダメかと思っていた秋明菊も見せてもらえたし、どこかからか、キンモクセイの香りもしてくるしで、この三鈷寺では、感謝の気持ちいっぱいになりました。で、ホントにまったく人影がなかったので、ひたすら写真三昧しちゃいました♪

午前中の彼岸花もそうでしたけど、この日は「こちらがダメならあちらで」が重なった一日でした。

萩と秋明菊の写真をUPしました。よかったら「そらはな」も覗いて下さいませ。

►click to read "SORAHANA"
京都・奈良旅INDEX 2013



今、「想像ラジオ」読んでます

「東北関東大震災」支援クリック募金イーココロ!クリック募金 

関連記事
tag: 2013年初秋・京都&奈良 
  1. 2013/10/09(水) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1632-61fc40c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

こんばんは。

萩があんなに満開に近く咲いてるのは、ひょっとしたらまだ見たことないかも^_^;
たいがいは早いか遅いかで、こんなドンピシャな場面に遭遇したことがありませんよ。
西の方面はあまり行ってませんが(前にも言った?)やっぱりいいなー。
  1. 2013/10/10(木) 22:13:19 |
  2. URL |
  3. belfast #-
  4. [ 編集 ]

belfastさん、

善峯寺のあの豪華な萩と、梨木神社の控えめな萩とを見ると、萩にもいろいろ種類があるんだなー、と思えます。
私も、今回初めて「萩のシーズンピーク」というものに遭遇しました。
なかなか素敵♪

西山エリア、いいですよ~!
ご都合がついたら、もみじを見にご一緒しましょう。
  1. 2013/10/11(金) 22:13:05 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する