本と旅とそれから 京博がやってきた ~京都国立博物館特別シンポジウム

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京博がやってきた ~京都国立博物館特別シンポジウム

京博01


ようやく10月も下旬にさしかかり、さすがにしっかり秋らしくなってきましたね♪
でも、それにつれて、私にしては少々忙しくなり、ブログ書きの時間が思うようにとれなくなってきました――ひとつの記事を書くのにやたらと時間をかける自分がいけないんですけど。

それはともかく、先日聞きに行った京博(京都国立博物館)の特別シンポジウムのことを、ちょっと書き留めておこうかと思います。
京博とは、京都国立博物館のこと。
京都の東山の方の、三十三間堂の北隣りにあるんですが、ここのところ、いつ前を通っても工事してたんですよね・・・そういえば。その割には、何の工事だろうという疑問がわかなかったのが今となっては不思議ですが、それがどうやら、新しく平常展示のための建物を建てていたそうなのですね。
これが来秋竣工し、平成知新館としてオープンするのを機に、京博の宣伝を頑張ろう!ということで、初めての試みとして東京でシンポジウムを開催することにしたのだそうです。

私はこの京博のメルマガ読者なのですが、土曜日の午後、12:30から16:00までどっぷり京博の所蔵する(あるいは寄託されている)文化財について話を聞ける(しかも無料)!というお知らせをもらったので、ほくほくと出かけてまいりました(≧∇≦)ノ彡。

プログラムは;
 基調講演「京博の過去・現在・未来」佐々木丞平(京博館長)
 講演1「超名作そろいぶみ(室町水墨画編 如拙・明兆から雪舟・狩野派まで)」
 講演2「バラエティゆたかな京都の仏像 南山城から丹後まで」
 講演3「坂本龍馬の奇妙な手紙」
 講演4「古代技術の謎に迫る 青銅鏡にみるハイテク」
 特別対談「京博に期待すること」井浦新×佐々木丞平

面白かったで~す。

場所は有楽町の朝日ホール(マリオンの上)でしたが、何人入るホールかはわかりませんが、7~8割がた埋まってました。平均年齢はか・な・り高かったと思いますが^^;。思うに、関西(というか京都)の方々は、関東人の京都に寄せる憧れの強さをちょっと過小評価されてるんじゃないかなぁ。
少なくとも、シンポジウムを聞きにあの場にやって来た人々の「京都大好き」度はかなりのものがあったと思われます。それを示すのが、坂本龍馬に関する講演の中で、演者が「ところで、寺田屋(伏見にある龍馬が定宿にしていた船宿)に行かれたことのある方はおられますか?」と訊いたとき、聴衆の2/3ぐらいの人(私含む)が手を上げたこと。びっくり~。

講演の中では、私にとってはやはり1と2、絵画と仏像に関するものが特に興味深く思えました。
スクリーンに作品を映して、その特徴やエピソードなどをお話下さるわけですが、どの演者も話慣れておられて、楽しいんです。しかも、どの方もその作者や作品が好きで好きでたまらないという感じが話ぶりににじみ出ていて、微笑ましくすらあるんですね。


京博02


最後の対談には、最近ではNHKの「日曜美術館」の司会をされている井浦新さんが登場されました。
井浦さんはこの4月から、京博の文化大使をされています。
・・・この俳優さんて、昨年のNHK大河「平清盛」に出演されたときから、それまでのARATAという芸名から本名に変えられたんですね。

しかし、対談が始まってふと気づくと、ステージ正面の前の方には比較的若い女性の観客が多い。かと思うと、それまで熱心に聴いていた観客がパラパラと席を立ち始め、そのほとんどは高齢男性^^;。
井浦さんは、ご自身もアートへの造詣が深い方だそうですが、フリーの対談をするにはちょっと口が重いという感じのある方でした。とはいえ、プログラムの途中で席を立つのは、少々礼を失しているのではないかと思いましたぞ、おじいさま方!

対談にはコーディネーターとして講演4の演者でもあった京博の学芸部長さんも参加されていて、この方が大変なめらかなトークっぷりだったのですが、お三方して、「パリに行けばルーブル、ロンドンなら大英博物館だというのに、なんで京都に来たらまず京博とならないかなぁ。いや、そうなるように、我々が頑張るのだ!」と語っておられました。
まあその、ルーブルや大英博物館と比べるのはいきなりハードル高いと思いますが、でも、来春新しい建物ができて平常展示が充実すれば、私としては少なくとも雨の日の観光先に困ることはなくなって嬉しいです(月曜には雨は降らないで欲しいわね~)。
きっと何度でも行っちゃうよ^^。

来年1月には、また同じ形式でのシンポジウムが、今度は地元京都であるそうです。絵巻とか工芸品の講演、聴きたいなー・・・といっても、寒い1月に京都には行かないと思いますが。
きっとその折は、井浦さんももうちょっとお話が滑らかかも。お話はともかく、やっぱり俳優さんて、頭小さいわね~と、感心して見てました。




これから東北は、りんごの季節♪

「東北関東大震災」支援クリック募金イーココロ!クリック募金 

関連記事
tag: 京都国立博物館 Art 
  1. 2013/10/20(日) 22:00:00|
  2. 遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1639-af9e847b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。