本と旅とそれから 光圀伝/冲方丁

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

光圀伝/冲方丁

本書は、単行本だと750ページほどの長編で、重い本なので持ち歩きもできなかったこともあり、読んでいる途中――500ページを過ぎた頃かな――で家を空けた私は、1週間ほどこの水戸の殿さまとは遠ざかっておりました。
ま、でも、戻って来たらまたすぐに物語に入り込めましたけど。
この「入り込む」という感覚は、本読みの楽しみの一大要素ですよね~。といいますか、「入り込めない」物語を読むって、かなり空しい作業だなと、本書と並行して読んだ本(次に感想文UP予定)について思ってしまったのでした。
「光圀伝」

光圀伝/冲方丁(角川書店)

「天地明察(感想文は►コチラ)」以来の冲方作品、ほぼ2年ぶりとなりました。「天地明察」も素晴らしい物語でしたっけねぇ。
読み手をぐいぐいと物語世界に引き込んでいく力強さは、本書も「天地明察」と同様でした。が、本書は冒頭いきなり、主人公・光圀が家老を殺すシーンから始まるので、ドキっとさせられます。
映画などでも時々見かける手法ですよね。終盤の劇的なシーンを最初にドン!と見せておいて、受け手にそれを物語のいわば到達点と意識させたのち、最初に戻って語り起こしていくというやり方。


私にとってはこの始まり方、かなりインパクト強かったです。ちょっと強すぎたかも知れない。まあこの始まり方のせいだけでもないでしょうが、その後読み始めてしばらく、ワタクシしばらく主人公に対してちょっとした違和感みたいなものを感じ続けたんですよね。
あまりにも激しい人物、というのか・・・。

主人公は、後年「水戸の黄門さま」として名を馳せる御三家のひとつ水戸徳川家の二代目・徳川光圀。
本の装丁にも表れていますが、この光圀がまるで虎のごとく、王(まあ、藩主ですが)として激しく生きた様子がまさに大河ドラマ的に描かれています。
・・・ホントに、大河ドラマの原作によさそうだな~。

いつか読んだ司馬遼の本で、織田信長について「彼は貴公子なので、庶民とは異なる感覚を持っている」といったようなことが書かれていたと記憶してますが、私はこの「光圀伝」を読んで、徳川光圀についてもそれが言えるなー、とずっと思っていました。
当たり前といえば当たり前のことでしょうけどね。
歴史小説を読んで、現代の道徳律を持ち出して人の行いを云々するってあまり意味がなさそう。
といいながら、私は結構そうした観点から歴史を見てしまいがちで、だから「サムライ」とか「武士道」なんていうのが、何となく胡散臭く思えて仕方ないんですけど・・・。

が、本書において別に光圀が武士の頂点近くにいた存在として描かれているわけではありません。
彼は武道にも優れていたそうですが、それよりクローズアップされているのが、文人、儒者としての光圀です。
何しろ御三家のひとつの当主なので、文事となれば公家や皇族と交流して腕を磨く。さらに、貴賤を問わず交流して見聞を広める。あげく、明人まで師匠として水戸に招いてしまう。
「天地明察」でもそうでしたが、その人間関係の豊かさは、光圀の人生を本当に色彩豊かなものに織り上げていきます。

なので、いろいろな人物が登場して光圀と関わりを持つわけですが、その中で私が最も素敵だと思ったのが、林読耕斎。私が、っていうか、きっと多くの人が素敵だと思うだろうなというようなキャラです。
儒学者・林羅山の息子で、光圀の生涯の親友。もともとあまり体が強くなかったようで、現世での出番は比較的早く終わってしまうのですが、彼の死後も、光圀は何かにつけて「読耕斎がこれを見たら何と言うだろうな」と彼の存在を感じ続けます。

これも「天地明察」にもあったことですが、多くの素晴らしい人々と素晴らしい交友関係を持つ人は、それらの人々を失うという悲しみもまた多く経験しなくてはなりません。
光圀の場合、その悲しみが最も大きかったのが、この親友・読耕斎の死と、妻・泰姫(たいひめ)の死。その理由はもちろん、この二人が最も光圀をよく理解する人物だったからです。理解者という点ではもうひとり、光圀の兄・頼重という人物がいますが、この人は比較的長生きしてくれます。

興味深いと思ったのは、儒教の教えだという「如在」という考え方。
死んでしまった人のことを、あたかも生きてそこに居るかのごとく振る舞うということ・・・らしいです。それが道徳的にどう立派なのかはわかってない私ですが、なんとなく、現代に通じる死者への思いだと感じられました。
本書において、光圀がその親しい人と死に別れるエピソードはすごく多いんですが、それが物語の大きな魅力になっていると思うんですよ。悲しいけど、それだけじゃない、といいますか。

それにしても、そのような儒教の「義」という徳を大切にすればこそ――昔の人というのは面倒だったんだねぇ、と半ば呆れる思いだったのが、お家の相続を巡るあれこれ。
光圀には、頼重という兄がいるんですが、水戸徳川家の跡継ぎを決定するという時期にたまたま病気で死にかけていたため、兄に代わって光圀が世子と定められます。その後兄は回復するのですが、もう光圀が世継と決まってしまったため、本来なら自分が当主となるはずだった水戸を離れ、讃岐松平家を継ぐことになるのでした。
で、光圀はそのことをずーーっと負い目に思っていて、長年の思案のあげく、その兄の子供を自分の養子として水戸徳川家を継がせることでようやく「義」を果たし、心の平安を得る、という話が、物語のかなり大きな要素になっているんですよね。

なんと面倒な。
大名家の相続ということが、いかにいかに大きな事柄であったか、全然実感できないだけに、頭では「ふーん」と思ってもほとんど共感できない光圀の苦悩。というか、光圀が熱心な儒者だったので苦悩したのであって、同世代人の間でももしかしたら「そこまで悩まなくてもいいんじゃないの?」て感じだったんじゃないですかねぇ。

長編ですから、ほかにも物語を面白くする要素はたくさんあり、そのあれこれが、まるで「腕白坊主」のような文体で次々と綴られていきます。
たとえば、光圀が後に親友となる読耕斎と知り合って間もなく、まだお互いに相手をどう扱うことにしようかと探り合っていたような頃の一場面。光圀は伯父である尾張徳川家・義直の前で不遜とも言えそうなくらい堂々と振る舞う読耕斎の様子に――
(伯父上の前でその態度か)
光圀は、これまた感心しかける己を、胸の内で雑巾のように絞って踏みつけた。
あはは。
何だか、光圀の心象風景が、マンガのように目に浮かぶ~。
とにかく、光圀という人物の、爽快にして豪快な存在の様子が、この「光圀伝」の文章そのものからずんずん伝わってきます。貫録は感じさせても、いかめしくはならない。鋭さは感じさせても、陰湿にはならない。下手をしたら軽くなってしまいそうな、くだけすぎになってしまいそうな、でもならない、結構危うい文体かなとも思いましたが、そんな文体で語られる殿さまの一生というのも、ユニークな面白さでした。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 冲方丁 
  1. 2014/03/14(金) 22:00:01|
  2. 2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1689-de2347fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

結構な数を同時並行で読んでるね~♪
この本も読んでみたい本の一冊なんだけど、いつ読めるのだか。。。

LM君がガラガラの図書館に行っていた日(だと思うけど)、昼にちょうど六本木から遠くないとこにいたので、絶対空いてるはずと思ってサントリー美術館に行ったのでした。ほんと、すがすがしいほど空いてた。

自由が権利として(たぶん)保証されている現代からは、頑張ってもなかなかピンとこない封建時代の精神構造だよねえ。それが200年以上続くのもすごいことだけど、それが急激に終わったのもやっぱりすごいことだ。。。

本そのものからすごい脱線した(笑)!
  1. 2014/03/16(日) 12:55:16 |
  2. URL |
  3. しの #2nAugjbc
  4. [ 編集 ]

しのちゃん、

濫読というか、乱読というか。
なんか最近は、読書が精神安定剤の代わりになってるみたいなとこもあるよ~。だから、暗い話とかは、すぐにやめてしまうのでした。

六本木ってもうずい分行ってないわー。
プレラファエロとかもやってたよね。ちょっと行きたかったんだけど。
3月下旬から4月上旬はヒマ(いつもより、ということであって、まあいつもヒマなのだが)なのサ!
京都に花見に行くぞぅ^^!
  1. 2014/03/17(月) 21:55:28 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。