本と旅とそれから 雪国/川端康成

本と旅とそれから

雪国/川端康成

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。

――うむむ。有名すぎるこの冒頭の一文。
これは・・・いいんです。さすがに私にもわかります。でも、その後は。
なかなか・・・難解ですのぅ・・・。



雪国/川端康成(新潮文庫)

様々に美しい表現が多く、文章に魅せられる部分は多いのですが、その言わんとしていることが何ともわかるようなわからぬような。
――いや、やっぱりわからないかしら。


冒頭の超有名な一文に続く文(これもかなり有名とは思いますが)――「夜の底が白くなった」。まあこれはわかりやすい方ですよね。イメージでいけば。うむ。
しかし、何とも美しいですね。夜の底が白くなった、ですか~・・・。

川端康成作品を、断続的に幾つか読んでおりますが、最初の「古都」がわかりやすかった(ような気がした)ために少々油断した感のあった私。
やっぱり「文学」とはそうそう容易いものではなかったのだな、と妙にナットクしております。

私が読んだ新潮文庫版には、巻末に二つの解説がついています。
いずれも小説家の、竹西寛子氏と伊藤整氏の筆になるものです。

作品そのものの、美しさは伝わるものの難解、という何とも消化の悪い読書体験の後でこのお二人の解説を読み、ちょっとほっとした気分です。

「古都」の感想文で(コチラ)「単に『京都が好き』という視点からも楽しめます」などと書いた私には、竹西氏の「それら(『古都』を含む)の作品を観光小説風に扱う冒涜はまことに耐え難い」という一節には「あちゃ!」という思いでしたが、それはつまり、何を求めて本を読むか、という読み手の姿勢の問題なんでしょうね。

伊藤整氏は、「この作品は、特殊ある手法としては、現象から省略という手法によって、美の頂上を抽出する、という仕方をする。だから、初歩の読者はそこに特有の難解さを感ずるであろう」と書かれているのですが、初歩どころか初歩の初歩の読者たる私の場合、「現象から省略という手法によって・・・」という解説すらわけわかりません。

ただ何となくわかるのは、この小説は、状況描写を表面的に受け取っていたのでは何にもならない、ということ。そして、一度さらりと読んだぐらいでは、表面的なもの以上わかりはしないだろうということ。
きっと、何度も何度も読み込んで、じーーーっくりああだこうだと思いを巡らしてみなければだめなんでしょうね。

こういう本読み体験もあるべきなのかな・・・でないと、何となく、自分が小説ってものをなめてしまいそうな気がします。
「雪国」も、いつか私の腑に落ちる時が来ることを期待して、いずれ、また。




My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

Tags:  

関連記事
tag: 川端康成 
  1. 2009/12/08(火) 20:40:00|
  2. 2009
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/169-8b76edd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する