本と旅とそれから はじめて美山に行きました≪美山かやぶきの里≫

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

はじめて美山に行きました≪美山かやぶきの里≫

美山

ちょうど1年前のことになりますが、京都の美山を初めて訪れました。
昨年9月の京都と奈良への旅行については最終日のことからブログに書いていったのですが、あとは初日だけ・・・というところで、どうやら紅葉シーズンに入って私の目はそちらに行ってしまったらしく、この美山の話だけ、旅行の記録から抜けてしまっていました。
旅行にしろ本にしろ映画そのほかにしろ、感想というのはできるだけ早めに記録しておくものですね。
・・・とは常々思っているのですが、何しろ何をするにもノロノロなワタクシ。今も、1年前を振り返って、たった1年でも記憶の瑞々しさはかなり失われるものだなぁと嘆きつつ、とりあえずの記録をUPしておこうと思います。



美山というのは、クルマ派の方にはおそらくよりいろいろ楽しめるところなのではないかと思います。今回私が歩き回ったのは、美山の中でも「かやぶきの里」というエリアですが、たとえば桜の季節などには、また違うエリアに美しい風景が見られるようなのですね。でも、歩いて回るには広すぎるところかと。

今回私は、京阪の周遊バスを利用しました。
初日、新幹線で京都に着くや、すぐに山陰線に乗り継いで園部まで。その駅前からバスに乗りました。バスは前もって予約しておきました。
でも、土地勘がまるでなかったせいで、京阪バスの終点である自然文化村まで乗ってしまったのは失敗でした^^;。ここには、レストランや温泉や各種スポーツ施設などがあり、そうしたレジャーが目的の人にはもちろんよいわけですが、私のような種類の観光客は、終点手前の「かやぶきの里」で降りるべきでした。でも、だって、私が乗ったそのバスは、全員が終点まで乗ったものですから。運転手さんが「『かやぶきの里』でお降りの方はおられませんか?」と聞いたとき、車内がしーんとしていたのでつい、「終点まで乗るものなのだろう」と思ってしまったのでした!

そんなわけで、終点で降りて辺りを見回し、もらった地図をにらんだあげく、てくてくとバス停ひとつ分歩いて戻ったわけです。由良川に沿い、県道に沿い――この由良川というのが、去年もそうでしたし今年も、夏の大雨で氾濫して流域に洪水被害をもたらす川なのですね。美山は南丹市で、由良川の氾濫被害が特にひどいのは福知山市ではあるのですが。

かやぶきの里に戻って来てみると、ああなるほど、美山といえば「入口の目印」として誰もが写真におさめる赤い郵便ポストがあった~。お天気もよい祝日ということで、結構人が訪れていました。

この季節は、花としては蕎麦の花とコスモスを期待して行ったのですが、蕎麦の方はすでに少しピークをすぎていたようで、雪のように真っ白・・・とはいかず、ちょっと黒くなってしまっている花も多かったので、前ボケに役立ってもらうぐらいのところだったのが残念。コスモスの方は綺麗でした。
あとは、紫苑とか、百日草とか彼岸花とか、かやぶきの里の飾らない庭に似合う花がいろいろと咲いていて、あちこちにカメラを向けてはみるのですが・・・。いくら「かやぶき」と言いましてもね。21世紀の風景なので、電線やらアンテナやらには悩まされました。

終点から歩いてかやぶきの里まで来たのが12時ぐらいでしょうか、そして帰りのバスは3時少し前。
かやぶきの里にいたのは3時間ほどですが、とりあえずは満足したかな、という感じです。ブログ仲間の方に、そのくらいの時間で十分見られますよ、と、あらかじめうかがっていたのですが、確かにそうでした。――それほど広いわけではないのですよ、かやぶきの里。
ちょっと、テーマパーク的な感じすらした・・・かも。

早朝とか夕方とかいう時間帯の風景も見てみたいけど、まあムリだし。
いつか違う季節にまた訪れてみたい・・・けど、はて、いつのことになりますやら。

1年前の写真というと、何だか他人の撮ったモノみたいな気がしますが・・・「そらはな」へもどうぞ。

►click to read "SORAHANA"
京都・奈良旅INDEX 2013



ワンクリックで1円の募金。

「東北関東大震災」支援クリック募金イーココロ!クリック募金 



関連記事
tag: 2013年初秋・京都&奈良 
  1. 2014/09/23(火) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1700-64cf13bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。