本と旅とそれから 洛南の桜②≪石清水八幡宮≫

本と旅とそれから

洛南の桜②≪石清水八幡宮≫

石清水八幡宮
(石清水八幡宮 頓宮)

八幡市駅近くの観光地へは、昨年萩の季節にお邪魔しました(►コチラ)。
が、あの時は、石清水八幡宮には寄りませんでした。この石清水八幡宮へは、これまた何年も前に一度うかがったことがあり、やはり桜の季節でした。ただその時は、八幡宮のある男山の麓ではソメイヨシノ満開だったものの、ケーブルで上へあがると、花はまだあまり開花しておらず、おまけに八幡宮の社殿は修復中でシートで覆われていたのでした。
だもので、その時の石清水八幡宮の印象はあんまりよくなかったのです。以来、再訪しようという気持ちは大してわかなかったのですが、今回は開花のタイミングもよいようだったので、行ってみることにしました。

ケーブルに乗ったときはまだ8時少し過ぎという時間で、乗客の姿もまばら。

山上の駅で降り、薄暗い参道を抜けて明るい広場に出ると、ここに桜がたくさん。満開!咲いているのは主にソメイヨシノ(たぶん)。かなり大きな紅シダレもあるのですが、これはまだ4~5分咲きといったところでした。この紅シダレ、広場の真ん中に立っているといえばそうなのですが、すぐ隣りに巨大な塔があって――あれは何の塔だったのかしら――朝のうち、桜はこの塔の陰になってしまい、ちょっと寒そうでした。

この広場の一角にエジソン記念碑というのがあります。エジソンというのはあのエジソン。アメリカの。
彼が電球を発明したとき、八幡の竹をフィラメントに使ったということで、その記念碑のようです。
この周辺に大きな桜の木がたくさんあり、見事な満開でした。

本殿にももちろんお参り。

また、境内には展望台もあって、眺めがよくって。ここで、桜がずーっと並ぶ背割堤を遠望し、「行ってみようかなぁ」という気持ちがちらりと動いたのでした。

その後、秋にもお世話になった駅の観光案内所に立ち寄り「上津屋橋はまだ再建中」という写真を見せてもらい、その時に石清水八幡宮の頓宮の桜が見事なんですよ、と教えられました。

頓宮へ向かう前に――走井餅リベンジ。昨年秋に店(本店ですよー)で食べたときは、表面が固くなっていて、ものすごく不満だったんです(►コチラ)。
今回もまだお茶の時間には早かったからでしょう、秋の時と同様お店は閑散としてましたが、さすがにお花見シーズン、お餅も作りたてとみえ、宣伝通りふわふわで美味でした。めでたし。

それから、教えてもらった頓宮の桜。
ここには、三脚を立ててじーっと撮っている方がひとりおられたものの、他にはほとんど人もおらず、がら~んとした感じだったのですが、そんな空間に、立派なたてものと、堂々と咲き誇る桜が存在していて、何だか不思議でした。

ま、そんなところで八幡市は終了にしようか・・・と、駅まで戻って来ると、すごい人。八幡宮に歩いて登るらしき人もおられましたが、それよりはるかに多くの人が続々と歩いて行かれるのは――どうやら、それが背割堤のようなのでした。

というわけで、八幡市、もうちょっと続きます。

まずは石清水八幡宮の様子を「そらはな」で。

「そらはな」へ。
京都・奈良旅INDEX 2014




ワンクリックで1円の募金。

「東北関東大震災」支援クリック募金イーココロ!クリック募金 



関連記事
tag: 2014年春・京都&奈良 
  1. 2014/04/22(火) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1708-a673796e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する