本と旅とそれから ひっそり春≪西寿寺、三宝寺≫

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひっそり春≪西寿寺、三宝寺≫

三宝寺

・・・よく見ると(見なくても)、何がなんだかわからない写真ですね。

えーとこれは、三宝寺のシダレ桜です。
龍安寺の桜を堪能し、ちょっと歩いて仁和寺門前にあるお気に入りのカフェに立ち寄り、お気に入りのフロールでお茶して(ステキな響きですことっ♪)、そのまま仁和寺はスルーし、さらに歩きます。
ここから先は、バスでは何度も通ったことがありますが、歩いたのは初めてでした。
向かったのは西寿寺。
最近時々訪れる「観光寺院ではない」お寺、のひとつに数えてよいところかと思います。
所在地は「いずみ谷」というところ。〇〇谷って、何だか物語の舞台のようで、ちょっと地名にわくわくします。その谷の斜面に広がる西寿寺は、とにかく静かでそしてのどかな雰囲気に満ちていました。
たまにぱらぱらと人影はあるものの、まあまず間違いなく、人より鳥の数の方が多いところでした。

こちらは、桜ももみじもあるところのようなのですが、私が訪れたタイミングは、大きなシダレは散り始め、本堂前の八重(かな?大島かな?)桜はまだ1~2分咲きで、小さなシダレは数本満開だったものの、桜的には半端な感じとなってしまいました。
でも、石段の感じや、「谷」にある全体の佇まいとか、素敵な雰囲気のところでした。いつかまた訪れてみたいと思います。



次に予定していた三宝寺は、何となく地図上で位置をわかっていたつもりなのですが、これまた「観光寺院ではない」お寺なもので、あんまり情報もありません。いいお天気で陽射しは強いし、何だかヘバってきて「もう帰っちゃおうかな~」な気分に。

ところが、バス停に来て時刻表を見ると、次のバスまで20分ぐらいあるのでした。
バス停の名前からして「三宝寺」、きっとお寺はすぐ近くだろうから、とりあえずどんなところかだけでも覗いてみようと、気を取り直して歩いてみました。

到着してみると、大きなシダレ桜、ミツバツツジの木も大きくて、そのどちらも満開。
ここでもほとんど人の姿はなく、静まり返った空間に、ただただ花が咲き誇っている、その様子がちょっとこう、春の夢の中、みたいでした。来られてよかった、バスのタイミングの偶然に感謝です。結局、到底20分ではすまず、さらに2本ぐらい後のバスで帰ることになったのでした。

鳴滝界隈って、すこ~し鄙びた雰囲気が、のどかでよいところですね。ってまあ、京都にはそうしたところがそこかしこにあるんですけど。何気ない小さな石橋の傍らに立つ桜が満開だったりすると、ノスタルジックな気持ちがわいて、道端に立ち止まってしみじみ見惚れたりしてました。

「観光寺院ではない」お寺ふたつ、ちょこっと「そらはな」もどうぞ。

「そらはな」へ。
京都・奈良旅INDEX 2014




ワンクリックで1円の募金。

「東北関東大震災」支援クリック募金イーココロ!クリック募金 



関連記事
tag: 2014年春・京都&奈良 
  1. 2014/05/03(土) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1713-3db56b07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。