本と旅とそれから 南山城の古寺巡礼≪京都国立博物館≫

本と旅とそれから

南山城の古寺巡礼≪京都国立博物館≫

「南山城の古寺巡礼」


これと、次の展覧会についての記事は、新緑の京都旅の一部でもあるのですが――特に理由はありませんが、旅記事でなく展覧会記事の扱いです。

昨年秋、東京で京博のシンポジウムを聞きに行き(►記事はコチラ)、そのときこの展覧会についてかなり熱心に予告宣伝しておられました。「この展覧会は東京には来ないので、是非京博にてご覧下さい!」と力説されていたのを思い出します。
さらに思い起こせば、昨年紫陽花の頃、岩船寺や浄瑠璃寺を訪れたとき、お寺の受付あたりにはすでにこの展覧会のポスターが貼ってあって、もうすぐにも開催されるのかと思っていたら、実は今頃だったのでした。岩船寺も浄瑠璃寺もまさに「南山城の古寺」なわけですね。

本展では京都の中でも奈良県との県境に近く、京都ちゅよりは奈良の雰囲気の中にあるお寺の寺宝が数多く展示されていて、寺宝も見事なのですが、私としてはお寺そのものの説明にも興味をひかれました。今展覧会で取り上げられていたあの辺りのお寺で私が訪れたことのあるところとしては、岩船寺、浄瑠璃寺のほかには、昨秋の酬恩庵(►訪問記事はコチラ)と海住山寺(►同じくコチラ)があります。どのお寺も、非常に貴重な宝物をすごい数所蔵されてるんですよねぇ。

でも、そうした寺宝が常に公開されているわけではないし、このエリアのお寺の多くは、ちょくちょく行くには交通アクセスがよくないのでした。海住山寺なんかもねー、国宝の五重塔特別開扉や寺宝展が開催されるのは、紅葉の季節の前。京都の観光当局の意図はよくわかるんでございますが^^;。

いやまあ、そんなことはともかく。

正直言って、展覧会を見る方、つまり私の知的レベルというか鑑賞眼が著しく不足してると感じました。
地味な壺やら鏡やらの違いがわからないのはまあ仕方ないとしても、もう少し仏像がわかりたいものです。ひとつのお寺の宝物殿のようなところで十かそこらの数の仏像を見るとなれば、いやでもひとつひとつじっくり見ると思うのですが、今回のように幾つものお寺の百を超す数の仏像を見るとなると――違いの分からない女たるワタクシ・・・ダメだ。

浄瑠璃寺の四天王像(うち多聞天)は、さすが国宝指定だけある、うつくしー。
・・・などと、ブランド志向みたいなことを思ってみたり。
一番興味をそそられたのは、行きたいと思いつつも主にアクセスの不便さのためにまだ訪れることがかなわないでいるお寺についての情報なのでした。あとは、蟹満寺って寺宝はすごいそうだけど、お寺そのものはどうなんだろー、行ってみるべきかなー、でも花もモミジも聞かないし・・・とか。
――展覧会を見て回りながら頭に浮かんだ考えの断片でございます。

あとは、そのうち東博の常設展示の仏像(以外にも、ですが)を見に行かなくちゃな、とかね。
超早朝に始まった旅の初日の一番最後ということで、スタミナ切れもあって、かなりへろへろだったワタクシでした。


京都国立博物館
(京都国立博物館・明治古都館)


平成知新館の開館は、今年の秋なのだそうです。

►京都国立博物館HPはコチラ
京都・奈良旅INDEX 2014




ワンクリックで1円の募金。

「東北関東大震災」支援クリック募金イーココロ!クリック募金 



関連記事
tag: Art 京都国立博物館 
  1. 2014/05/16(金) 22:00:00|
  2. 遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1720-2bc54821
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する