本と旅とそれから 雨の一日・清水寺界隈≪夢二カフェ五龍閣、成就院≫

本と旅とそれから

雨の一日・清水寺界隈≪夢二カフェ五龍閣、成就院≫

成就院へ

雨の一日といっても、降り具合は時間によってまちまちで、うっすらと陽の射すひと時もありました。
建仁寺界隈をあとに、歩いて清水寺エリアへ。目的は、これも特別公開の清水寺成就院――「特別」といっても、けっこうちょくちょく公開されているのを目にしますけれど。

その前に、少し早めでしたが、お昼を。
清水寺付近は、いつもものすごく混んでいます。お店も多いけど人はもっと多い。
とはいえ、新京極の人混みなどは辟易するのに、清水寺界隈の混雑ぶりは、なぜだかあまり嫌いではないのでした――お店にそれぞれ個性があったり、坂や石段に風情があるからかな。
でも、ひとり旅なので、あんまりざわついたお店には入りにくいし・・・などと思いつつ、ふと思い立ってメインストリートをそれ、清水順正へ。


五龍閣01


ここを訪れるのは2008年秋以来(記事は►コチラ)なので5年半ぶり・・・でしたか!あら、自分でもびっくり。あのときは、洋館の方へは入れなかったのですよね。そのことはよーっく覚えています^^;。

この洋館・五龍閣はもともと明治時代の起業家・松風嘉定の邸宅として武田五一の設計で建てられ、現在は国の登録文化財となっています。

今回も予約もないので、中へは入れないかしらと思っていたら、さすがに前回の訪問から5年も経って、状況は一変しておりました。洋館の方では竹久夢二をモチーフ(?)とした「夢二カフェ」というのが開店していて、喫茶&軽食が頂けて、ついでに言うと店内の写真撮影も自由。
経営は相変わらず順正ですが、湯どうふとはかなり違う雰囲気です。

それにしても、メインストリートからちょっとはずれただけで、これだけ静かなんですよね~。
別世界です。あんまり宣伝してないのかしら。

五龍閣02


今回頂いたのは、京野菜カレー。・・・気のせいか、京都のカフェではよく見るメニューのような。
カレーに、京野菜の炊き合わせが組み合わされている一皿です。とても美味しかったんですが、何となく、「カレーにしない方がもっと美味しかったんじゃないか?」という気がしました^^;。和風メニューだったらもっと?まあ、いいんですけど。


五龍閣03


雰囲気のよい洋館でランチのあと、清水寺へ。
といっても、清水寺の門前で左へそれて、成就院への道(TOP画像)を行きます。すぐお隣なんですが、これまたちょっとそれるだけで人はぐっと少なくなります。
成就院にお邪魔するのも、すっごーく久しぶり。二度目かしら?

こちらは、写真撮影が禁止されているので画像はありませんが、お寺の方の説明が興味深く、お庭に面した縁側(?)でのんびりさせて頂きました。
京都にかつてあったとされる「雪」「月」「花」三つのお庭のうち、当初のものが伝わるのはこの成就院の「月」の庭だけだとか(妙満寺に「雪」の庭が残りますが、当初の場所からは移転してるんですね)。見る者の目の高さを考慮したレイアウトとか、谷を隔てた向こうの山の斜面に立てられた石燈籠の効果とか、「ふむふむ、なぁ!」でした。

紅葉の季節の特別公開では、夜間拝観があり、その石燈籠に灯のともる様子が見られるそうですが、怒涛の人混みになるとかで・・・うぅ~む、さもありなん。

といったところで、清水寺エリアとはさようなら~。

►夢二カフェ五龍閣HPはコチラ
京都・奈良旅INDEX 2014




ワンクリックで1円の募金。

「東北関東大震災」支援クリック募金イーココロ!クリック募金 



関連記事
tag: 2014年新緑・京都 
  1. 2014/05/28(水) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1727-d74dfc09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する