本と旅とそれから お庭貸切り≪圓光寺≫

本と旅とそれから

お庭貸切り≪圓光寺≫

圓光寺

えーっと。
9月後半から、いつもよりちょっと時間ができて、かつ気分がのってきましたもので、秋の始まりの風が吹くこの頃ではありますが、まるで季節違いの、新緑の京都を訪れたときの記録をまとめてUPしておきます。すでに半分ほどUPして、残りを放置状態だったのですが^^;。

また途中で途切れると情けないので、今回はすでに一番最後まで書き終えました。それを今日から毎日予約投稿していくことにします。途中もしかすると、旅行とは関係ない話が入るかも知れませんが、いずれにしても「新緑の京都」は、これから数日の間、毎日自動的に現れるので、もしよろしければ、ときどき覗いてやって下さいませ(「そらはな」もね!)。

ということで、旅の二日目の午後あたりからの再開です。
東福寺を訪れた日の午後は、一乗寺エリアに移動しました。
このエリアにある中谷というお店でお昼を食べよう!と思い立ったからで、そのエリアでの紅葉の名所(=新緑の名所)となれば、圓光寺や詩仙堂です。
ホント、秋には人混みが怖くて近寄れないようなところをハシゴ~。
にしても、中谷って、以前は「でっち羊羹」で有名な地味な和菓子屋さんというイメージでしたが、今は、ちょっとオシャレなカフェ&パティスリーって感じになってるんですねぇ。美味しいお昼を頂きました。


圓光寺といえば、紅葉で名高い十牛之庭。
その庭を前にした本堂のお座敷は、これまで秋にしか訪れたことがありませんでしたが、いつも人がたくさんいて、写真を撮る人と庭を眺める人がケンカしたりしてました^^;。
今回私が訪れたときは、先客がひとりおられましたが、やがて帰られ、ワタクシ、ぽつんと、お庭を前にひとり。

静か。
秋のあの賑やかなところと同じ空間とはちょっと信じられないような静けさでした。

それからお庭に下りてひと巡り。竹の多いお庭だけあって、タケノコがにょきにょき。
名残りのシャクナゲもところどころに淡いピンク色を添えていました。
同じ場所でも、季節が違えば違った景色、違った美しさ、違った感動。頭ではわかっていることですが、しみじみ実感される、私にとっては稀有な体験――って、東福寺でも味わったことでしたけどね。

秋の賑わいも・・・そこそこならいいんですけど・・・。

よかったら、「そらはな」もご覧ください。

「そらはな」へ。
京都・奈良旅INDEX 2014



ワンクリックで1円の募金。

「東北関東大震災」支援クリック募金イーココロ!クリック募金 



関連記事
tag: 2014年新緑・京都 
  1. 2014/09/24(水) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1753-c27db5d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する