本と旅とそれから 凹凸窠≪詩仙堂≫

本と旅とそれから

凹凸窠≪詩仙堂≫

詩仙堂

圓光寺の次は詩仙堂――王道コース。
美しいお庭ですものねぇ、詩仙堂。ここは、雪景色を見たこともあります。最近は冬に京都を訪れることは滅多になくなった私にとっては珍しい場所なのでした。
ちなみに、タイトルの凹凸窠は「おうとつか」と読み、詩仙堂の正式名称なのだそうです。「でこぼこした土地に建てた住居」という意味だとか。
確かに、お庭に下りると、石段があちこちにあり、高低差があるんですよね。サツキの低木がたくさん植えられています。以前、サツキのピークをちょっと過ぎた頃に訪れたことがあったかな・・・。

秋には、竹の緑も加えて、赤から黄色までのグラデーションが見事な色彩を見せる詩仙堂のお庭ですが、いつか、どーんとピンク、という景色も見てみたいものだと思うのでした(詩仙堂HPの写真みたいなね・・・)。

お庭を前にした縁側も、この季節にはあまり人もいませんでしたが、さすがに圓光寺のような貸切状態にはちょっとなりませんでした。でも・・・たとえ人が多くても、やっぱりまたそのうち、紅葉の季節にお邪魔したいな。

よかったら、「そらはな」もご覧ください。

「そらはな」へ。
京都・奈良旅INDEX 2014



ワンクリックで1円の募金。

「東北関東大震災」支援クリック募金イーココロ!クリック募金 



関連記事
tag: 2014年新緑・京都 
  1. 2014/09/25(木) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1757-b94d827a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する