本と旅とそれから 高雄の頼朝≪指月橋、神護寺≫

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高雄の頼朝≪指月橋、神護寺≫

指月橋・新緑

そんなこんなで最終日。

秋のもみじで名高い高雄の神護寺。最寄りのバス停は(山城)高雄ですが、そのひとつ先の槇ノ尾まで乗り、清瀬川にかかる指月橋(▲)を写真におさめました。
・・・ああ、もみじが真っ赤に色づく頃にこのアングルでもう一度撮りたい。でも、紅葉の季節には橋に誰もいないことなんて・・・たぶん無理だろうな~。
ちなみに、同じ橋の桜の季節の様子はこんなふう(▼)。


指月橋・桜


寄りすぎでしょ、この写真。桜のボリュームがそれほどなかったんだと思うんですよね。なので、ついついズームしすぎてしまった。ああ、ロクでもない。
とはいえ、この時もっとワイドで撮っていたらもっといい感じだったとも限らないのですが。


槇ノ尾


高雄まで歩く道々、野生の藤が(▲)。奥と手前で輝度差がありすぎてうまく写真が撮れなかったんですけど、ワイルドで迫力あって、素敵でした。ただ、蕾も多かったので、少し早かったようですけど。




ところで、今回ぜひとも神護寺を訪れたいと思った理由は、もちろんもみじの名所は新緑も美しいと思ったからですが、それ以上に目当てだったのが、寺宝虫払行事。
これはつまり、寺宝の虫干しを兼ねた展覧会のことです。

神護寺というお寺は、これまた山ほど宝物を持っておられるところのようで、特に有名なのがこちら;


源頼朝像


源頼朝像。平重盛像、藤原光能像(いずれも国宝)と合わせ、神護寺三像と呼ばれるものですが、このうち今年の虫払では、頼朝と重盛が展示されていました。ちなみにこの二点は、今秋の京博の新館オープン記念展にも出展されるそうですが、まず間違いなく、神護寺の虫払の方が間近で見られます。

何しろ今回は、頼朝と重盛を左右にし、真ん中にはこれまた国宝の釈迦如来像が掛けられていたのですが――会場は楼門に近い書院の中のお座敷。国宝の絵画が三幅並んでいるというのに、ガラスどころかヒモすら渡されてはおらず、ひょいと手を伸ばせば触れてしまうところまで近づいて見ることができました。

この頼朝像については、描かれているのが頼朝ではないのではという説が、最近新聞に大きく掲載されました。それが私にはとても印象深く残っていたのですが、虫払を見る前に見学した金堂で説明をされていたお寺の方は、あれは必ず頼朝像だ、ちゃんと学術的な根拠もあるのだ、と力説しておられました。神護寺のHPを覗いてみたら、それについての記述も掲載されていました。

あと、さすがにこちらはケースに入っていましたが(巻物だし)、灌頂歴名(国宝)。ひぇ~!
これは、密教の儀式・灌頂の参加者の名前を手元メモ的に書きとめたものですが、書いたのは空海で、最初に記されている名前は最澄。司馬遼の「空海の風景」(感想文は►コチラ)にも、いわばキー・アイテム(いろいろ出てきますが)のひとつとして描かれていました。それがこれか!実物か!空海と最澄って、ホントはどんな人間関係だったのでしょうねぇ。古典仏教の二大巨頭の人間像について、勝手な想像を巡らしながら眺める灌頂歴名。うぅ。

ほかにも、若冲の絵やら文覚や松花堂昭乗の筆跡やら・・・それが、何だかホントにちょっとその辺の古いおうちの蔵の虫干しですよって気安さでズラズラ並べられていて。笑えそうでした。



この虫払の会場は終始ぱらぱらと人がいましたが(それでも、混んでいるというほどではなく)、境内のほかのところは、これまた、空いていまして。
紅葉の頃とは別世界なり。今回はじっくり金堂にも上がってお参りさせて頂きました。もしかすると今回が初めてかもしれません^^;。

好きなだけのんびりと歩き回り、写真も撮りました♪
・・・が、最後に例の石段のところでまた写真を撮っていましたら、遠くから修学旅行の学生さんの団体が!・・・このときばかりは、ひょいっと逃げました。
帰り道には硯石亭でもみじ餅(あんころ餅どすえ)を頂いて、清滝へと向かったのでした。

翠の神護寺、「そらはな」も見て下さいね~。

「そらはな」へ。
京都・奈良旅INDEX 2014



ワンクリックで1円の募金。

「東北関東大震災」支援クリック募金イーココロ!クリック募金 



関連記事
tag: 2014年新緑・京都 
  1. 2014/09/29(月) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1761-91dc4fa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

いいお天気で境内も空いてて、ゆっくり満喫できたんだね~。よかったね!
宝物も、超満員じゃないときに焦らず鑑賞できるのがいちばん。そうなると、桜と紅葉は外さねばならないわけだけど、猛暑さえ終わってしまえば、この季節は緑が眩しくてよいだろうなあ。実際、そらはなの写真は緑の濃さが眩しい感じ。

神護寺かぁ...遠いぶんだけ、ピークを外すと本当に静かでよいよね。
  1. 2014/09/29(月) 23:06:09 |
  2. URL |
  3. しの #2nAugjbc
  4. [ 編集 ]

こんにちは~
定番の階段のアングルも緑が綺麗ですね。
紅葉の時季しか行ったことありませんが
緑の綺麗な神護寺も素敵ですね。
やはり紅葉のきれいなところは緑も綺麗ですね。
  1. 2014/10/03(金) 08:28:29 |
  2. URL |
  3. 彩 #Q7XqT1zA
  4. [ 編集 ]

しのちゃん、

神護寺の虫払、知名度が今ひとつな分、空いていてよいのよ。
毎年行われている恒例行事で、GWにも重なっているんだけどね。
まあ考えてみれば、高雄エリアが混雑するのは紅葉の時季だけかな。確かに高雄のもみじは素晴らしいけど。
なんか、最近ちょくちょく足を運ぶようになってきたせいか、あんまり遠いという感覚がなくなってきたー^^;。

いつも「そらはな」見てくれて、ありがとう!
  1. 2014/10/03(金) 21:33:03 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

彩さん、

「そらはな」も見て下さったのですね、ありがとうございます^^。

そうそう♪あの階段、そしてその上にも下にもまったく人がいなくてしーんとしている時間というのは、それだけでちょっとした感動でした。
私も、神護寺を紅葉の時季以外に参拝したのは今回が初めてでした。この近くの西明寺へは、山の斜面が一面に山ツツジに覆われる春にも二度ほど訪れています。
これも美しい風景ですよ~!
  1. 2014/10/03(金) 21:51:34 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。