本と旅とそれから 眺める≪大法院、妙心寺本坊≫

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

眺める≪大法院、妙心寺本坊≫

妙心寺

さてさて、ようやく、最終日の最終記事となりました。
これでようやく「新緑の京都」が終わりますやれやれ。

最後に妙心寺を訪れました。
大法院。妙心寺の塔頭のひとつであるこのお寺は、毎年春と秋に大体ひと月ずつ、特別拝観を行っています。私が訪れたこのときは、春の特別拝観が終わりに近づいた頃でした。
ちなみに、こちらへは2010年の秋にお邪魔しています――それから3年半経つんですねぇ。早い・・・。

秋の大法院の露地庭園はこんな感じでした


大法院


今回は、「うむむ」な場所に、ずっと座って話し込んでおられる方があったので、写真の方は割とあっさり諦めました。我ながらこの諦めの早さはどーなんでしょーねェ^^;。

今回、大法院で衝撃的だったのは、お坊様でございます。

露地庭園に臨む客殿ではお茶とお菓子を出して下さるのですが、私が訪れたときには、フランス人(というか、フレンチ・スピーキング)の小さなグループがおられました。そこへお茶を運んで来られたお坊様が、あ~ら、見事に流暢なフランス語で、その方々と話を始められたのです。
ほかの拝観者に配慮してひそひそ声だったのですが、だからこそ一層、そのお坊様のフランス語のリスニング力の確かさが印象的。フランス語ベラベラの禅宗のお坊様。かっちょえぇ。

しかし、龍安寺の石庭といい、フランス人って禅刹が好きなのかしら。そうだとしたら、禅刹のお坊様がフランス語っていうのも自然なのかも知れませんけど。



その後、まだ少し時間があったので、そしてちょうどタイミングがよかったので、本坊の見学ツアーに参加しました。妙心寺へは何度もお邪魔していますが、本坊の見学ツアーは初めて。明智風呂とか。法堂の天井画(狩野探幽の雲龍図)とか。説明をうかがいながら、じっくり見せて頂きました。そして、大方丈の一角に咲くキリシマツツジ(TOP画像)を見て、今回の旅はすべて終了。

それにしても、新緑の季節とは美しいもの。
秋のもみじの名所はほぼもれなく見事な翠を楽しむことができます――静かに。
今年も素敵でしたけど、もうあと5日ほど早かったら、新緑のほかにまた違った季節の彩を見ることができたかも。といっても、その年によって季節の進み具合は違うので、5日の違いなんて、あってないようなものかも知れませんけど。

えー、で、また数日の後に、今度はもう少しリアルタイムに近い京都旅記録UPの予定です。
・・・たぶん。

最後にちょこっと、「そらはな」も見て下さいね~。

「そらはな」へ。
京都・奈良旅INDEX 2014



ワンクリックで1円の募金。

「東北関東大震災」支援クリック募金イーココロ!クリック募金 



関連記事
tag: 2014年新緑・京都 
  1. 2014/10/02(木) 21:30:48|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1765-3af53478
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

こちらのキリシマツツジに合わせて行かれたような
満開のキリシマツツジが綺麗ですね。
いい時に行かれましたね。
赤い毛氈越しのお庭を
ゆっくりと眺めるのもいいですね。
まだこちらも行ったことありません。
拝見できて嬉しいです。
沢山廻られましたね。
  1. 2014/10/03(金) 08:48:16 |
  2. URL |
  3. 彩 #Q7XqT1zA
  4. [ 編集 ]

彩さん、

花というのは、タイミングをはかって出かけたつもりでもなかなかいい状態に行き合うことは難しいものですよね。
前の日に雨が降っただけでもだめになってしまうし。
その点、この時の旅行では、牡丹は残念でしたが、キリシマツツジは何とか間に合ったかなという感じでした。

大法院は春と秋に公開されますが、他所と比べれば人は少なめだと思います。
写真を始める前は、一日にもっとずっと多くの場所を回っていたように思いますが、最近はパシャパシャやっているとひとつの場所で2時間ぐらい費やしてしまうこともしばしばです。
一日の終わり頃には、カメラリュックが重いです~^^;。
  1. 2014/10/03(金) 22:08:40 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

しゃざきっさ!?
書けないし、読めない。

愛読書が五輪の書だったり、龍安寺の写真集持参で来日してたりっていう人に遭遇したせいか、フランス人zen大好きのイメージあるなあ。
そのうち中国語にも対応したりして!

桜は格別だけど、ツツジもいいよね。1本でもすごい存在感!
  1. 2014/10/04(土) 17:55:31 |
  2. URL |
  3. しの #2nAugjbc
  4. [ 編集 ]

しのちゃん、

難しいのは「且(しゃ)」だよねー。読めんわ。

先日は大徳寺(ご存じの通り、これも禅刹)で、元気なフランス人のおじいちゃんに遭遇。「フランス人だから英語はわかりません」だけ、英語が喋れるみたいだった^^。CANONの一眼レフを持っていたので微かに親近感が湧いたのだった・・・。
でも、観光協会のスタッフはコミュニケーションに苦労しておられたよ。

キリシマツツジって、古木・大木が結構あるみたいねぇ。
真っ赤だから、インパクト大。
  1. 2014/10/04(土) 21:35:02 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。