本と旅とそれから 大徳寺にて≪本坊、龍源院、大仙院≫

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大徳寺にて≪本坊、龍源院、大仙院≫

大徳寺法堂
                                          ©「京都春秋」


さて、ちゃっちゃと最終日。

この日は午後から雨という天気予報だったため、午後は展覧会巡り、午前中も、もし降りだしても大丈夫なように、大徳寺の塔頭巡りの予定を立てました。実際にはほとんど降りませんでしたけど。
本当は孤篷庵の特別拝観から始めるつもりだったのですが、前の日に行けてしまったため、同様に特別拝観が行われていた本坊と法堂の拝観からスタートしました。
開門前にスタンバイし、最初のガイドツアーに参加。

大徳寺本坊って、私、これまでに拝観したことあるかなぁ・・・。真珠庵とか黄梅院の特別拝観は、おぼろげながら記憶があるんですが・・・本坊は、なぁ・・・。

説明は集中してうかがったつもりなんですが、部分部分でほかの禅宗寺院等々と共通なんですよね。
今回一番記憶に残ったのは、国宝の唐門と、法堂の天井画の龍(TOP画像)でしょうか。
唐門は、日光東照宮の日暮門のモデルになっているというのですが、むー、日光東照宮の方がずっと豪華絢爛のように思いますが・・・。西本願寺の唐門の方が雰囲気が似てると思いましたが、やはり西本願寺の方が豪華に思えました。
でも、彫刻は見事でしたけどね。

法堂の天井画を描いたのは狩野探幽。
立派な龍でしたが、まず最初に頭に浮かんだのが「妙心寺の雲龍図の方が大きくて立派・・・」。
同じ探幽の天井画の龍ですが。ここ大徳寺法堂のものは探幽35歳、妙心寺法堂は55歳とか。もちろん、比べなければ大徳寺のものも大変立派です。



その後、常時拝観可能な龍源院、大仙院の二つの塔頭を拝観。
こちらは以前拝観したことがあります。でも、以前拝観してからTV番組の説明を聞いたりして、また実物を見たいという気持ちがありました。
どちらの塔頭も、枯山水が見事なのです。

龍源院はあまり人もおらず、これまた検定参考書で読むだけ読んだ庭園・一枝坦(いっしだん)や東滴壺などをゆっくり鑑賞。写真は禁止ではなかったんですが、もはやカメラを出す意欲もわかず^^;。
そういえば、中国人らしき女の子の二人連れが熱心に写真撮ってたなー。すごーくオシャレなポーズをつけて・・・。よき旅のアルバムができますように♪

大仙院は、丁寧なガイドさんが説明しながら少人数ツアーをして下さいました。
ここの枯山水については、NHKの紹介番組を数年前に見ておりました。限られた空間の中に、伝説の山に発した流れがやがて海へと至る様子が見事に表わされていて――。
実は、ずい分前にこちらを拝観した時の記憶で一番強烈だったのは、その時説明をして下さったご住職のこと。豪快な雰囲気で活気に満ちていた・・・のではありますが、ご自身で書かれた本や色紙の売込みがあまりに熱心で、少々辟易したのでした。
今回はガイドさんは若い方だったのですが、ツアーの最後に、「今日はちょうどご住職があちらにおられますので」ということになり、やはり本や色紙の宣伝が^^;。私は早々に失礼して逃げました。あれさえなければ大仙院、もっとイメージがよくなると思うんだけれどなぁ。

大徳寺には、是非拝観してみたい塔頭がまだいくつかありますが、「私が生きている間に公開されることがあるのかしら」と思うようなところもあります。聚光院は来年、千住博さんの障壁画が完成するということですが、そしたら来年、公開されるのかしら・・・。それと龍光院。「特別公開されるとしたら今年だろうと言われてましたが、されませんでしたね!」と、観光タクシーの運転手さんがお客さんに話しておられるのが聞こえましたが(龍光院は黒田官兵衛の菩提所です)。

桜や紅葉のシーズンにはあまり足を運ぶことのない大徳寺ですが、お豆腐屋さんのこともありますし(^^;)、ちょくちょく訪れたいものです。

京都・奈良旅INDEX 2014



ワンクリックで1円の募金。

「東北関東大震災」支援クリック募金イーココロ!クリック募金 



関連記事
tag: 2014年初秋・京都 
  1. 2014/10/16(木) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1772-43fa24e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

ご無沙汰しています

孤篷庵どうでしたか?
大徳寺といえば、聚光院の月釜に行ってみたい、、、。その前に手習い必要でしょうけど。
特別公開って京都新聞でいきなり載っているから(私がずぼらなのでそこでしか情報収集していないのが悪いのですが)、急にあせってしまうんですよね。
  1. 2014/10/20(月) 10:27:29 |
  2. URL |
  3. gvilla #-
  4. [ 編集 ]

gvillaちゃん、

お庭や茶室そのものに感動した・・・というより、「ウワサのあれをとうとう見ることができた」的な嬉しさの方が強かったかな^^;。
平成11年に聚光院が特別公開された時に大徳寺を訪れておきながら、聚光院を拝観しなかったワタクシ・・・(T_T)。でもあの頃はまだ聚光院についてな~んにも知らなかったのでした(まあ、今も大して知ってませんが)。
来年あたり、また特別公開しませんか~?
  1. 2014/10/22(水) 22:08:19 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

千住博さんの障壁画で公開されたら行こな!
手帳に書くとかしとかな忘れてしまいそうやけど。。。
  1. 2014/10/22(水) 23:40:36 |
  2. URL |
  3. しの #2nAugjbc
  4. [ 編集 ]

わかります(笑)幻のあれをやっと観れた!って感じですよね(笑)。
聚光院は冬の旅でかなりゆっくり見せてくれたので、来年あたりまた公開してくださると期待はしてよいかと!
情報あったら流します!
  1. 2014/10/23(木) 06:22:56 |
  2. URL |
  3. gvilla #-
  4. [ 編集 ]

しのちゃん、

そうそう!
(けど、聚光院を拝観したいというより、千住博さんの障壁画を見たいという感覚なのが、ちょっと後ろめたい気がするけどね^^;。)
障壁画は、展覧会で見るより、やっぱり実際にたてものに嵌っているところを見たいわ~。
  1. 2014/10/23(木) 20:59:34 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

gvillaちゃん、

そうそう!
冬の旅で公開されていましたっけ。
桜の直後、もみじの直前、そして冬と夏。
観光客数の平準化という意図を批判するつもりはないんですが、遠方からえっちらおっちら出かける者には、なかなか大変なものがあります。
まあ、それでも行きたいですけど~。
  1. 2014/10/23(木) 21:03:27 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #7ZQvGoaI
  4. [ 編集 ]

gvillaちゃん、

なりほろ~!
オリンピック、かー。
文化財を持っているところにすれば、理由は何であれ、修復のための補助金が増えるのは嬉しいことでしょうけど。
修復するからには、ふだんは非公開のところも、修復が出来たら公開してくれるのかしら・・・。
  1. 2014/10/26(日) 22:06:05 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。